象牙

その牙の行方

8月12日はゾウにとって特別な日である。
 今日はちょっとだけ真面目な話をどうか聞いてほしい。

 優しく賢い大好きなゾウについて、以前もnoteにゾウにまつわる大きな社会問題について紹介したことがある。

 皆さんは「印鑑」を持っているだろうか?
実印、銀行印や認印など… 日本だったら、誰しも1人1本。会社を経営すれば、数本所有していると思う。現に、わたしも請求書や契約用に仕事名義を持っているし

もっとみる

私たちは、私たちがアフリカ人を殺していることを知らない。

私はアフリカのことを知らない。

アフリカゾウが今、絶滅の危機にあるということも。

アフリカは貧しいというイメージはなんとなくある。

アフリカにはその貧しさゆえ、象牙を売って金儲けをしようとする密猟業者が存在するらしい。
彼らは金のために、数え切れないほど多くのゾウを殺しているという。
象牙を得るために、顔をえぐり取るのだ。

人間たちが好き放題やってきた結果、現在のアフリカゾウの生存数は19

もっとみる

月桃の花と象牙の女

港を牛耳っている商人の家には、それはそれは大きな物置がある。
そこには、もう買い手がつかなくなって処分に金もかかる骨董品や、祭りの日にしか使わない錆びた祭具のようなものがどっさりと仕舞いこんであった。
古物の密林の中で、ひっそり隠れ住むように置かれた、品物の中に、三日月のように弧を描いた象牙があった。
象牙には、女の精が宿っていた。
女は、物置の窓から毎晩のように本物の月を眺めて、ため息をついて

もっとみる

象牙の印鑑が流行っているせいで、象の密猟の残酷さを報じてるニュース見たけどむごい。牛革の財布とかも良くないのかな。毛皮のコートはもちろんだけど。動物が製品の一部になってたらもう疑っちゃうわ。

中国広州象牙彫とは

2006年5月、広州象牙彫が《国家級非物質文化遺産》に登録され、社会各界から注目を集まりました。なお、《广州象牙彫刻芸術展》を設立し(場所は陳家祠展庁3)、象牙彫を長期的に展覧されました。

牙彫は動物の牙で、主に象牙を用いた細工物のことです。中国の牙彫は古く伝統的な芸術品であると同時に、工芸美術品でもあり、象牙彫はきめ細やかな材質を用い上品で精巧な彫刻芸術なので鑑賞家やコレクターに好まれています

もっとみる

アコギは,やっぱり「固定サドル」が一番!! ~OHORI123(創)が固定サドルにこだわる理由とは?~

OHORI123の「アコギのすゝめ」 第269回目!! 今回は,アコースティック・ギターの音を作り上げる,重要なパーツである,「サドル(Saddle)」についてのお話です^^ OHORI123のこだわりも語る今回のタイトルは,『アコギは,やっぱり「固定サドル」が一番!! ~OHORI123(創)が固定サドルにこだわる理由とは?~』です^^

関連動画❶『アコギを弾くことは,「ケースを開けること」か
もっとみる

象牙

印鑑の中でも最上級の素材として扱われている象牙印鑑は、朱肉の馴染みも極めてよく、耐久性にも優れているため「印材の王様」といわれています。

「健康長寿・開運招来・家内和合・家業繁栄」などの運気アップにもなるといわれており、長年使っても狂いのない鮮明な印影が得られるので皆様に喜ばれ、最上級の印材として選ばれ続けています。