膝窩筋の機能解剖

こんにちは!
CLINISCIANSのたくみ(@TakumiRodrigues)です!

今回は、膝窩筋の機能解剖について解説します!

臨床1年目のときの膝窩筋に対する自分のイメージとしては、、、

膝窩部にあり、膝の屈曲、下腿の内旋に作用する筋肉で、深屈曲時の膝窩部痛の原因になりやすい。

というものでした。

今現在もこのイメージは変わりませんが、しっかりと三次元で膝窩筋を捉え、なぜ深屈曲時

もっとみる
スキをいただきありがとうございます!よければシェアもお願いします!
3

腱炎ではなく腱症!

腱に痛みが生じても、実際には組織学的に炎症所見に乏しいことがほとんどである。また、組織は変性が中心となっているために、近年では腱炎、付着部炎とは言わずに腱症、付着部症と言い換えることになっている。

アキレス腱症とアキレス腱付着部症の病態の違いを考える!

これまで、アキレス腱障害はアキレス腱周囲におこる全ての障害を指すことが多く、様々な病態が混同されてきた。

近年では、病態の違いから踵骨の付着

もっとみる

椎間板変性と疼痛について

臨床では画像上の椎間板変性の程度と腰痛の程度が必ずしも一致しないことが多い。椎間板変性が大きくてもさほど痛みの訴えのない場合と椎間板変性は小さくても痛みの訴えが強い場合がある。

ここで考えられることは

①椎間板変性があっても必ずしも痛みを起こさないのではないか

②椎間板変性にプラスして何か他に腰痛を引き起こす生理的作用があるのではないか

①に関してはいろいろな文献や臨床経験からもわかってき

もっとみる

子どもの運動器の特徴

子ども(成長期)の運動器の特徴

子どもの運動器を構成する骨・関節・筋・靭帯などは発育・発達の途上のため未成熟である。したがって成長期の運動器は柔軟性に富んでいるが、成長軟骨(関節軟骨を含む)は強度が低く外力に弱い。

スキャモンの発達・発育曲線など成長期の特徴として11〜13歳の成長スパートである身長最大発育年齢(peak height age:PHA)を迎え身長最終発育年齢(finish he

もっとみる

【運動器7】私が経験した慢性疼痛に対する1つの大きな勘違い-無料公開中-

はじめに
Buenas noches!terapeuta!(スペイン語でこんばんは療法士のみなさん)

 本日より運動器7の一員としてお世話になります江原弘之です。理学療法士15年目、44歳の44マグナム世代のおじさんと覚えてくだされば光栄であります。運動器7の中でも明らかに最年長(たぶん)。

正直いうと「記念すべき企画の初回をマグナム世代のおじさんにしておけばなんとかやるだろう」という、運営側

もっとみる

ふと思ったけど

車の自動運転が実用化されるんだったら、車椅子の自動運転も可能ではないだろうか?

中枢疾患を見てようが運動器疾患を見てようが、身体だけでなく脳や心理面を考えることは必要である。

人は身体と脳と心理と。
すべてがリンクしているから。

oka-shunの自己紹介 その1

はじめまして。 oka-shunです。

仕事は理学療法士をしていて、臨床経験は10年目になります。
2019年度で11年目ですね。10年間整形外科クリニックで働いてきました。

なので専門領域は運動器と言って肩が痛いや腰が痛い人を診るのが得意にです。高齢者から子供、スポーツまで診てます。 
2019年度からは大学院へ進学し、臨床だけではなく研究もしていきます。

このnoteでは自分の過去に体験

もっとみる

【Vol.10】結帯動作〜4つのアプローチ〜

これまで、Vol.1〜9までのノートにて、「肩関節運動機能障害の基礎知識と臨床応用」ということで、まとめてきました。

今回、その続編として、アプローチの部分も今後少しずつ公開していきたいと思います。

マガジンにも今後記事を追加していきます。マガジン購入がまだの方は、マガジンがお得です。

今後追加される記事も最初にお支払いただいた金額からの追加購入などは必要なく、読むことができます。

マガジ

もっとみる

【埼玉セラピスト祭2018】講師NO.10江尻廣樹PT

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
参加申し込みは、こちらからお願いいたします。

ポッキーの日に開催される「埼玉セラピスト祭2018」の講師陣をご紹介いたします!!

<講師紹介NO. 10>

<プラスワンセミナー④ 14:20〜15:20>
東洋医学(東洋医学的視点から診るリハビリ〜体質へのアプローチ〜)
江尻 廣樹先生(なかじま整形外科・小児科クリニック 理学療法士)

講演内

もっとみる