あきらめるのはいつだってできる!!

"東京って怖いな。"

最近見た映画のワンシーン。

流れ行く人々を見てると、うまくやっているように見える。

ところが一歩踏み外したら、崖から滑り落ちてしまう人もいる。

羨ましい。と思うことが、以前より多くなった世界。

成功しやすくなったかのように見える世界。

でも他人事だらけな世界。

全部理由があってそうなってるのに。

どれだけ多くの言葉があっても、生きてる命が違ってそれがわかりあえ

もっとみる
ありがたいなぁ✨
13

『飛ぼうとすること』

今日は先日購入した本を紹介しようと思う。

テレビドラマでも放送された池井戸潤さんの「陸王」

僕自身は、テレビを見ないのでドラマは見ていなかったのだが、100年続く老舗の足袋工場がランニングシューズを作るというストーリーに少し興味があり試しに読んでみた。

長年、資金繰りや売上を確保することに四苦八苦していた老舗の足袋工場(こはぜ屋)が、会社の存亡をかけて新規事業(スニーカー制作)に挑む物語。

もっとみる
ありがとうございます。フォローしてくれたら最高です!!
2

就活中に読みたかった本

就活中に、あるいは、就活をすると決めた時に、この本に出会えていたならなあ。

 そう思えるのは、それが既に過ぎ去った事だからだ。

 蛙の腹を切り開いて、内臓の位置を確かめるように、「過去」についてなら、心構えさえちゃんと整っていれば、冷静に向き合って、分析することは不可能ではない。

 社会に出て「働く」、ということの意味は何だろう。

 お金のためもあるかもしれない。

 生きていれば、楽しい

もっとみる
Grazie!
11

2017秋ドラマが終わった

2017/10~2017/12、このクールはあまりも素敵なドラマが多くて、録画鑑賞を追っかけるのが大変。既に年が明けたが振り返り。

【月曜日】
■民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~(フジテレビ、月曜21時)
期待薄で見始めた月9。気づいたら最後まで見ちゃいました。
篠原涼子はこういう役がいいし、高橋一生とのやりとりの妙さもよかった。
石田ゆり子、古田新太も流石でしたが、久しぶりの大澄賢也

もっとみる
「いだてん」頑張れ!

「陸王」単なる老舗企業復活物語ではない。

「陸王」の視聴率は20・5%と最終話を終えた。

「陸王」は単なる老舗企業復活物語ではない。バンカー物語だ。

原作者の池井戸潤さんは「陸王」そして前作の「やられたら倍返し!」の「半沢直樹」でも、「会社は何のためにあるのか」「会社は誰のものか?」と視聴者へ問いかけている。

「陸王」「半沢直樹」では「会社は何のためにあるのか」「会社は誰のものか?」を視聴者へ問いかける番組だった。日頃地上波を見ない

もっとみる

熊切剛が送る気になった歌シリーズ@ 陸王 リトグリ

話題の2017年秋ドラマ「陸王」の主題歌。Jupiterといえば歌手の平原綾香さんが歌っていましたが、そのJupiterをリトグリがカバー。いい歌なので歌詞をメモ。

曲名:Jupiter(ジュピター)
歌:Little Glee Monster
作詞:吉元由美
作曲:HOLST GUSTAV (NON PROTECTED SHARES)

Every day I listen to my hea

もっとみる
ヮ(゚д゚)ォ! ありが㌧♪(・ω・)ノ
23

今日は福岡のマラソンと陸王でマラソン熱刺激デーでした。大迫選手、すごいですね。川内選手も後半の追い上げが凄まじかったです。僕の倍以上のペースで駆け抜ける選手たち。圧倒されました。そしてこはぜ屋さん・・・どうなってしまうのか。

渋谷の週刊生島淳

2017年11月24日(金)11:10〜11:55放送

00:00 | 00:30

【パーソナリティ】
生島淳
【聞き手】
西本さん

【PODCAST編集】
佐川ひなの

本日の放送は、生島淳さんは年末でご多忙なため、
ご自宅から電話でのご参加です♪

まずは生島さんの身近なニュースからスタート。
なんと生島さんの、お車がぶつけられてしまったというエピソード。
非常にショッキングなニュースですが、
生島さんの語りに、おもわず笑ってしまいました(笑)

そして話は、今聞かない日は

もっとみる

陸王を見るとやっぱり、走りたくなりますね。
そして何となく新しいシューズを検討したくなる(笑)