雑学メモ

岡倉天心は、日本美術院の創設者の1人です。
しかし彼が東大で学んだのは政治学。卒論は「国家論」でしたが、提出2週間前、妻の元子が癇癪を起してそれを焼き捨てたため、慌てて書き直したのが「美術論」でした。その後彼は美術界に傾倒していくことになります。
世の中何が起こるかわからない…。

ありがとうございます!今日が良い1日でありますように!
40

今日は万国郵便連合が発足した「郵便の日」。
かつて日本の郵便を管轄したのは逓信省で、〒は頭文字の「テ」を図案化したもの。
実は、当初の記章はローマ字表記の「T」でした。しかしその後、「T」は、諸外国で「郵便料金不足」を表す記号だったことが判明。急遽「〒」マークに変更したのだそう。

良い記事をお届けできるよう、これからも頑張ります!
38

唯一無二、パーソナルなサウンドは如何に?

日本の大御所ミュージシャンの事が取り上げられていた雑誌の記事で感興を得た事があって、何であんなに他者の追従を許さぬほどに歪んだ音が出せるのかという考察の中で、実はその人の手には長年に渡って楽器を弾いた証のように指にタコがあって、その窪みや溝で意図的に弦をビビらせて音を歪ませている、つまり自分の手元で音を歪ませてコントロールしているらしいという説が正しいという事が書かれてあった。
その方自体がもうす

もっとみる

今日は「お手玉の日」。
聖徳太子も楽しんだと言われる、古代から日本にある遊びです。
日本発祥と思いきや、中国から伝わったもの。さらにその原型は、欧州の羊の踵の骨を使った遊びに由来するとか。
古代日本では、水晶などで作られた玉(石名取玉)で遊んでいました。
うーん、綺麗なお手玉…。

次回も、読んで良かったと思っていただける記事を書けるよう頑張ります!
37

今日は「かいわれ大根の日」。
その歴史は意外に古く、平安時代の『和名抄』に「黄菜」、『宇津保物語』では「さわやけ」という名で登場します。
1970年代までは高級食材でしたが、水耕大量生産により、一気に節約レシピの主役に。
昔の人達が今のレシピを見たら驚くのではないでしょうか…💦

良い記事をお届けできるよう、これからも頑張ります!
46

今日はイタリアに関する雑学。
イタリア人は音楽好きが多いのですが、「ヘッドホン」は当初全く売れなかったとか。
それは、音楽は家族や友人と共に楽しむという彼らの価値観が影響しているそうです。
古い諺には「一人きりで食事するものは一人きりで死ぬ」とも。
ちょっと考えさせられますね…。

読んでいただきありがとうございます!今日も良い一日でありますように!
52

今日は狩野派の祖、狩野永徳の忌日。
安土城等の極彩色の障壁画、悠久の時を刻む岩や老木を描いた晩年の作など豊かな画才を持ち、さらに巧みな交渉術で乱世の権力者たちの間を渡り歩き、狩野派の礎を築きました。
しかし、その激務と心労から天井画の製作中に急死。死因は何と「過労死」だったとか。

ありがとうございます!今日が良い1日でありますように!
46

1960年の今日、日本でカラーテレビの本放送がスタートしました。
実はこれ以降「夢」が色付きになる人が増えたのだそう。
1960年以前、カラーで夢を見る人は15%程度しかいませんでしたが、その後カラーテレビの普及と共に割合が増加。現在は70%を超える人がカラーの夢を見ているとか。

今後も良い記事を書けるように頑張ります。またいらしてください!
45

ハリガネムシは「寄生⇒洗脳で再び水へ帰る」

(写真一切無し)

道の駅「五城目」にて、建物を通り抜けると、チェーンソーアートと共に、小さな池がある。そこをふと覗いたときに、面白いものを見た。

最初は、水に流された紐なのだと思ったのだが、よくよく見ているうちに、それがくねくねと自ら動かしているのが分かった。その紐は、自力で水の中を泳いでいたのだ。

その名はずばり「ハリガネムシ」

私が見たのはベージュの色で、顔や模様なども何も見えない、本

もっとみる

今日は「スペインワインの日」なので、ワインの雑学を。
重量の単位「トン」は、ワインが語源。
かつて、ワインは4樽1セットを1トノーという単位で売買していました。1樽にワインが225ℓ(225kg)+樽の重量25kgで250㎏、4樽で1000㎏。
トノ―が転じて、トンになったとか。

良い記事をお届けできるよう、これからも頑張ります!
39