雨宮処凛

この国の不寛容の果てに(4)ロスジェネ世代に強いられた「生存のための闘争」の物語 杉田俊介(批評家)×雨宮処凛

相模原事件を入口に、現代日本を覆う「不寛容な空気」の実像を探求する連続対話シリーズ。第4回は、元障害者介助ヘルパーで『フリーターにとって「自由」とは何か』『ジョジョ論』などの著書がある批評家の杉田俊介さんとの対話です。

解決されないまま放置されたロスジェネ問題

雨宮 杉田さんとは、2000年代にロスジェネの反貧困運動の中で知り合って以来のお付き合いです。フリーターの労働問題と、障害というテーマ

もっとみる

この国の不寛容の果てに(3)命を語るときこそ、ファクト重視で冷静な議論を 岩永直子(BuzzFeed Japan記者)×雨宮処凛

相模原事件を入口に、現代日本を覆う「不寛容な空気」を多面的に探求する対話シリーズ。第3回は、BuzzFeed Japanで医療や介護、生命倫理などのテーマを取材する記者の岩永直子さんと雨宮処凛さんが対話します。

「命は大切」では植松の論理に対抗できない

雨宮 岩永さんは、ネットニュースサイトのBuzzFeed Japanで、障害や生命倫理に関する興味深い記事を多く手がけてらっしゃいます。相模原

もっとみる

この国の不寛容の果てにー相模原事件と私たちの時代(2)熊谷晋一郎×雨宮処凛 「生産性」よりも「必要性」を堂々と語ろう

相模原障害者殺傷事件をめぐる、雨宮処凛さんと6人の論者の連続対話。第2回は、脳性麻痺当事者であり、小児科医・東京大学先端科学技術研究センター准教授の熊谷晋一郎さんとの対話です。

自立生活から「当事者研究」へ

熊谷 私は生まれつき脳性麻痺という障害を持っています。脳性麻痺の中でも痙直型と呼ばれるもので、発話には支障がないのですが、常に身体が緊張していて思い通り動かせないという障害です。
私は19

もっとみる

猫と政治

猫を2匹飼っています。

ぼくと猫との生活は、ある日偶然始まりました。
どちらも保護されてきた猫だからです。

シルベスターは町田市に住んでいた時、アパート近くの回転寿司屋の植え込みで発見しました。その時は、まだ子猫。警戒心が強く、なかなか出てこなかったのですが、「からあげクン」でおびきよせて保護しました。

シーフォーは、鹿児島の知覧市で保護されました。そこから町田市にある保護猫カフェにきて

もっとみる
ありがとうございます!生きていけます(゚∀゚ ≡ ゚∀゚)
7

この国の不寛容の果てにー相模原事件と私たちの時代(1)神戸金史×雨宮処凛

あす7月26日で、相模原市の「津久井やまゆり園」で障害者19人が殺害された事件から3年。「障害者は不幸しか作らない」とした被告の主張は、日本社会に衝撃を与えました。
「生産性」で人の生死を決めるかのような価値観。実は、それはこの事件だけでなく、日本社会全体を覆う「空気」ではないのか。そんな問いを出発点に、作家・雨宮処凛さんが6人の識者と対話を重ねました。第1回は、ご自身も自閉症のお子さんを持つ、R

もっとみる
ありがとうございます!Twitterもフォローいただけると嬉しいです!
99

読書日記(190325)〜「命の選別」の怖さ

長女のスマホデビュー。LINEが届く。「ありがとう」お礼の言葉。なんだろう。涙腺が緩んでしまった。

スマホ使う目的をしっかりと設定し、スマホを僕が長女に貸し与えるというシステム。ネットの怖さを学校でも学んでいる。しかし、まずは、ネットが人生を楽にさせる、潤す、便利であるということを感じてほしい。

小木曽健「11歳からの正しく怖がるインターネット」という本がある。書店で立ち読みして気になったけれ

もっとみる
力になります。励みなります。ヤッホーイ。ありがとうございます!
2

雨宮処凛著『生き地獄天国』(太田出版、2000)

本書は、雨宮処凛の自伝である。
1歳の時からアトピー性皮膚炎で、小学校のころからイジメに合い、死にそうな時間を過ごしてきた。14歳のときビジュアル系バンドを聴き、追っかけを始め、深みに嵌っていった。寺山修司、夢野久作、江戸川乱歩、澁澤龍彦らを読み耽り、やがて天野可淡(故人)の人形に出会う。
この本を読んでゆくと、早く自分だけの何かを見出したいという性急な想いが、常に彼女を突き動かしていることが

もっとみる

雨宮処凛著『ともだち刑』(講談社、2005)と実存的承認欲求

雨宮処凛の小説の主人公は、常に誰かに評価され、かけがえのない存在として、世界に受け入れられたいという実存的な欲求を抱えている。
『ともだち刑』の主人公浜田もまた、そういう欲求をかかえた学生である。
しかしながら、その欲求はかなえられることはない。バレー部に入部するが、バレーが上手くないことが原因で、最も自分を評価して欲しいと願っている相手の今井から、いじめの対象にされ、他のメンバーもそれに同調

もっとみる

「非正規・単身・アラフォー女性 『失われた世代』の絶望と希望」(雨宮処凛)を書評っぽく書いて_002

雨宮処凛さんの本が実はちょっと苦手である。
ときどき文章の情緒が一定でないからだ。良く言えば、ノッている時の文章は非常にドライブ感があり、疾走感を感じる。悪く言えば、筆者の気持ちのアップダウンが文章に反映されていて読みづらい。
また自信のある項目に関してはやたらと強めの言葉を置く傾向があり、自信のない項目は本人が調べて書いたはずなのに伝聞の体裁を取っていたりするので、書いている内容に対してやや信用

もっとみる