植松聖

日本は優生思想に寛容である件(2)感情ポルノにふける人たち

▼優生思想はさまざまな形で噴出する。日本では3年前に、神奈川県相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者19人が植松聖被告によって殺された。

最近では、「ひきこもりは殺してもいい」という意見が公然とSNSで書き込まれるようになった。

▼共同通信が配信した「扉を開けて ルポひきこもり」続編「波紋」(1)。筆者は琉球新報の2019年7月9日付で読んだ。

今から2カ月ほど前に起きた、2

もっとみる

日本は優生思想に寛容である件(1)植松被告の思想は広く共有されている

▼優生思想について、気になる新聞記事があった。

2019年7月27日付の産経新聞から。

〈植松被告 正当化続ける〉

〈「ベストを尽くしたつもりだ」。相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、26人が重軽傷を負った事件から3年を迎えるにあたり、植松聖被告は勾留先の横浜拘置支所(横浜市港南区)で産経新聞の接見取材に応じ、事件についてこう語り、一方的な主張を繰り返してい

もっとみる

この国の不寛容の果てにー相模原事件と私たちの時代(1)神戸金史×雨宮処凛

あす7月26日で、相模原市の「津久井やまゆり園」で障害者19人が殺害された事件から3年。「障害者は不幸しか作らない」とした被告の主張は、日本社会に衝撃を与えました。
「生産性」で人の生死を決めるかのような価値観。実は、それはこの事件だけでなく、日本社会全体を覆う「空気」ではないのか。そんな問いを出発点に、作家・雨宮処凛さんが6人の識者と対話を重ねました。第1回は、ご自身も自閉症のお子さんを持つ、R

もっとみる

日本人は世界で一番怖い説

どうも米津です。

7月の下旬に自民党の杉田水脈議員が発言した

「LGBTの人は生産性がない」の発言。

その発言をした時期が、なんと2年前に起きた相模原のやまゆり園の殺傷事件とほぼ同じタイミングで、その事件を起こした植松容疑者も

「コミュニケーションの取れない障害者は生産性がない」と発言。

杉田と植松両者の主張って根本的に同じなんですよね。

ですがこの主張、両者だけに言えることなんですか

もっとみる

Seiji Bitoさんの記事を読んで

※最初に。
この記事は倫理上の観点からも賛否の大きな嵐を招きかねない内容を含むので、記事を「有料」に設定しロックして配信したいと思います。

以下、本文にて。

もっとみる
記事を好きで居て下さるあなたを、もっと好きになりたいです✨