雪遊びのお下がりはキツネ行き

北海道に住んでいます。

窓の外には山と川、ちょっと歩いていくと海があるようなところです。

そう、いわゆる「ど田舎。」

この冬、旦那と7歳の息子が家の裏手にかまくらを作っていました。二人で一生懸命雪を掘り、完成後にはそのかまくらの中でおやつを食べ、ホットココアを飲んで。夏で言えばキャンプ気分でしょうか。しばらくかまくら遊びを楽しんでいました。

そして厳寒の冬が緩みはじめ、最近は春めいた暖かさ

もっとみる
読んでくれてありがとう
6

雪国の子供グッズ選び

雪国在住の我が家族。
そんな私たちが、雪遊びのグッズを選ぶ時に
チェックしたポイントをご紹介します。

①二人乗りのそり
定番の遊び道具の「そり」。
一人で滑れるタイプが手頃な値段で並んでいましたが、
あえて大人と二人乗りするサイズを選びました。
夫と娘が外で二人で遊んでくれると、とても助かる……
ちなみに、1歳の冬はスノーダンプに乗せて遊んでました。

②シンプルなニット帽
動物の形やボンボン付

もっとみる
おすすめ映画●郵便配達は二度ベルを鳴らす…ニコルソンの演技に涙
3

真っ白さの中に足あとをつけたくなるような感じ

”雪国”と言われるところに引っ越して、初めての、冬。

元々、「雪がすごい」とこっちにくる前から、親戚や家族に散々言われていた。雪の真っ白な感じが好きで、寒さとキリッとした朝の冬の空気感が好きで、冬は春夏秋冬の中でも最も好きな季節。

たしかに寒いけど、冬だからこそできる楽しみもたくさんある。

雪がたくさん降るこの街に引っ越して気づいたことをいくつか。

融雪装置があるってこと。
融雪措置は、道

もっとみる
らぶ!
12
アリガトゴザイマス!ワタシモスキデース
66

雪板改造作業

エッジもあってビンディングで足元も固定され圧雪整備された場所を滑るスキーやスノーボードと違い、新雪が積りただ板切れに乗っているだけの『雪板』は少し勝手が違うことが分かってきた。

オールラウンドタイプの丸っこい感じが好きで過去3作ともそんな感じで作ってみたのだが、いざ滑ってみると緩坂では雪に埋もれてしまい、私の滑走技術も手伝ってかちっとも滑らない。

滑りながら「この辺をこんな感じで形を変えたら滑

もっとみる
1009 センキュー🎵

姉妹が仲良く遊んでいる姿が、嬉しかった。

きのう、ボクんちの周りに、今年初めて雪が積もった。雪が積もっていることに起きて気づいた娘たちは朝ごはんを食べるなり、10歳の娘と、5歳の娘は夕方まで、ずーっと雪で遊んでいた。

3歳の息子も、それに混ざって遊ぶんだけど、すぐに長くつが濡れてしまって、家に帰ってきた。ときどき、「遊びたい」と言うが、長くつが濡れていることを思い出し、「なんでよーなんで長くつ濡れてるんよ」と言い、家の中で遊んでいた。お

もっとみる
めっちゃ嬉しいです。書いてよかったー。
2

雪遊び

今日は、娘と父ちゃんと母ちゃんと、お友達家族とで、雪山に行って雪遊びをしました。

お友達は娘より1-2歳年上のお兄ちゃんたち。女の子は娘だけでした。

お兄ちゃんたちに手伝ってもらいながら、高い雪山に登ったり、ソリで滑ったり。

娘の一番のお気に入りは雪を食べること。サラサラのパウダースノーなので、ふわふわしていて美味しかったようです。

お昼はみんなでお弁当を食べて、午後からも遊ぶのかな?と思

もっとみる
スキ、ありがとうございます!とても嬉しいです。
5

蛍光ピンクのウエアーを着たトムソーヤ母さん

リフト終了時刻のギリギリまで滑って
駐車場に戻る

車の荷室でたらたら着替えて
荷物を積んだりしてたら
だだっ広い駐車場には
うちと、だいぶ離れたところにもう1台の2台だけになっていた

ここから4時間のドライブかぁー
「じゃあ夕ご飯にしちゃいますかー」と
息子と2人で簡易的に並べた椅子とコンロが
なかなかいい

小さい頃
何度か家族でスキー旅行に行った

大学生になって
何度か友達とお泊りスノー

もっとみる