風間八宏

Attractive!!第三十九回「俺らの風を起こそう」

「みゃあああ!!」
試合終了の笛が鳴ると、僕は立ち上がってガッツポーズをした。周囲の客が僕をチラっと見る。僕は我に返って座った。

名古屋グランパスが、2連覇中の川崎フロンターレに勝利したのだ。
名古屋が川崎にリーグ戦で勝つのは7年ぶりである。とんでもねえ。
スコアは3-0。もう粉砕と表現してよいだろう。とんでもねえ。

そして3ヶ月ぶりの勝利。とんでもねえ。長いトンネルだった。でも、ついに抜けた

もっとみる

千里の道を征く 風間八宏

今回は次節の相手ということでグランパスの監督で、前フロンターレ監督の風間八宏氏について。

戦術や戦略、サッカーに対する思想などごちゃっと話していこうかと思います。
お風呂でネタを思いついてそのまま書き始めてるので、読みにくさはご承知ください。

風間サッカー

風間監督の戦術や理想とするサッカーというのは、Jリーグをよく見てる人なら、今更話す必要もないほど有名です。
簡単にかいつまんで説明すると

もっとみる

それでも風間八宏を信じる理由

-------------------------------------

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話」を定期購読していただくほうが圧倒的にお得です。

https://note.mu/reona32/m/m68cadaa1d9be

---------

もっとみる
ありがとうございます!これからも応援よろしくお願い致します。
9

サッカーにおける自由と規律

2013年当時Jリーグ第8節の多摩川クラシコに完敗した川崎フロンターレ。第8節を終えて、1勝3分け4敗と苦しい状況が続きました。そんな川崎フロンターレについて、当時以下の様な記事がネットにアップされました。

風間監督ははぐらかすが、いくつかの状況証拠から、チーム作りをする上で監督が選手たちを大人として扱い、自律して戦えるチームを作っているのは確実だ。
(中略)
風間監督は、前提として、プロサッカ

もっとみる

パスサッカーなんてサッカーはない。

これは2013年4月に書いた記事の再編集版です。今読むと面白いので、再編集して掲載します。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

2013年時点でサッカージャーナリ

もっとみる

風間八宏はサッカー界の落合博満である。

これは2013年4月に書いた記事の再編集版です。今読むと面白いので、再編集して掲載します。

この記事の全文は有料でご覧頂けます。僕が発行している有料購読マガジン「勝ち負けだけじゃないスポーツの楽しみ方」を購読している人も全文読むことができます。およそ毎週2本以上のペースで更新しているので、毎週読んでくださる人には、有料購読マガジンの購読をおすすめしています。

メディアを騒がせた解任論

201

もっとみる
いま上手くいっている方法が、3年後も上手くいくとは限らない
9

風間監督の姿勢から伝わる「ブレない」「批判から逃げない」「部下を信頼する」リーダーとしての覚悟

もどかしい。もどかしいです。

昨日、川崎フロンターレは湘南ベルマーレと対戦し、後半38分に先制されたものの、後半39分にパトリックのヘディングで追いつき、辛くも引分けに持ち込みました。シュート数は16-12。開幕戦を除いて、すべての試合で相手より多いシュート数を打ちながら、3分け1敗となかなか勝ち切れないゲームが続いています。

特に、大分、湘南、甲府とJ2から昇格してきたチームに対して、3分け

もっとみる

【マッチレビュー】 幕末の志士に重ねながら 2019年J1リーグ 第12節 川崎フロンターレ×名古屋グランパスエイト

こんばんは。syuです。
今節も振り返りやっていきます。
文中・図内に出てくるレイヤーについては、下記理論を用いております。

前節の振り返りはコチラ。

スタメン

【前半】緊張の鍔迫り合い

如何にして相手陣地でプレーをするか。という戦いだった前半。
両チームともに前から相手DFにプレッシャーをかけてボールを奪いに行く立ち上がりだった。

川崎は、憲剛と知念はシミッチを消してからCBへアプロー

もっとみる

J史上屈指の名勝負となった川崎フロンターレvs名古屋グランパス③

そんなこんなで前半はお互いがお互いの良さを出し合った前半。このまま前半終了すると思っていました。が、前半44分に試合は動きます。名古屋はジョーにロングボールを送りそのこぼれ球をバイタルエリアでマテウスが拾い、胸トラップでトラップしてからそのまま左足でドライブ回転をかけてシュート。これがネットを揺らします。ショートパスで繋いで自分たちのペースで試合を運ぼうとしつつも、ロングボールで長身のジョーに放り

もっとみる

J史上屈指の名勝負となった川崎フロンターレvs名古屋グランパス②

前半13分の川崎のビルドアップの場面。

左CBの谷口からこれまたハーフスペースに待機していたトップ下の中村憲剛に縦パスが入ります。やはりハーフスペース。ハーフスペースの重要性はこれまで何度もお伝えしてきましたが今一度ここで書きます。

まず、上の画面を見てもらっても分かりますが、442でも4141でも541でも基本的には変わりないのですが、ちょうど相手の守備者がいないスペースになります。なので相

もっとみる