魂の願い

こまきさわこ プロフィール  高校編 -3-

《差し込む光が強いほど、闇が際立つ》 高校編 -3-

※今になって、前半、後半だけじゃ終わりきらないことに気づきましたwというわけでタイトル変更しております。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・親との関係や、夢のこと・

高校入って1学期まではまだ、後戻りできそうな感じだった。

もっとみる

今の私、ずれてる。

ブログを書きはじめて一週間程度。

ちょっとした違和感がずっとある。

というのも、、

純粋に愛の部分から書けてるかなーと思うから。

きっと違う。笑

というか、違う。

ここ2、3日かなー。

かといってそれが悪いわけでもなくて。

でも、愛の状態でないと

自分が気持ち悪い。

どういう気持ちかというと

カッコつけてるのもあるし笑

なんか攻撃的だし笑

シリアスだし笑

まぁあれだ。

もっとみる

人は愛したい生き物

今、植松努さんの

「あたりまえを疑う勇気」を読んでます。

この本、めっちゃ良いからオススメです。

その中に

「人は自分のための欲はけっこう簡単に諦められる。

でも、”人を助けたい”とか”世の中のために”という欲は諦められない。だからふんばれる」

という内容が書かれています。

人は愛したい生き物です。

誰かの役に立ちたい生き物です。

私たちは本来 ”愛” そのもの

それを発揮でき

もっとみる

本当の願いに沿って生きることは

何を信じて生きていくのだろう。

何を指針にして生きていくのだろうか。

今の自分自身を信じる

それしかない

今の自分の本当に望むこと

誰といてしあわせ

何をしていたら嬉しい

自分にとっての至福

この世界に良いも悪いもない

誰かの価値観を気にしてしまった時点で

それはもう自分の人生ではなくなる

人によって、立場によって、時代によって、国によって、

価値観は変わる

そして、自分

もっとみる