GIVE

相手と会わない間に信頼関係を築くには?

FROM ボブ・バーグ

相手と欠かさず連絡を取り続ける方法として効果的なものは、相手の仕事の役に立ちそうな情報をどんどん送ることだ。 相手が喜びそうなことを耳にしたら、その情報を記して二度目、三度目とカードを送ろう。

ここで、相手が臨時スタッフの人材派遣の営業をしていた場合の例を挙げてみよう。

カードを送るときの具体例…

ちょっと想像してみてほしいのだが…あなたが、とあるビ

もっとみる

自分のためにも、人のためにも、もっと優しくあっていいと思うんだ

Yuri Fujitaさんのnote「今日もあったかい気持ちで眠れますように。」を読んで、そのやさしさとあたたかさに、心の緊張が解れるような気がした。

自信を、プレゼントする

Yuriさんは、毎日ポジティブに過ごせている理由として、「giveの思考」が習慣化したからだと書いていた。
他者に対しても自分に対しても、「giveの思考」を持つことが、自分の幸せに繋がっているというのだ。

特に印象的

もっとみる

反論に対応する6つの方法

FROM 安永周平

既にあなたもご存知のように、人は間違いを指摘されるのが好きではありません。ですから、商談中にお客様から反論されるのが好きな人もあまりいないでしょう。お客様がみんなニコニコ微笑んでいるいい人たちだったらいいんですが、現実はそうもいかないところがあります。どんな営業にも反論は付きものですから、僕らはその事実を受け入れ、どう対応するかを考えなければいけません。

反論に対応する技術

もっとみる

悲報:子供になってほしくない職業

FROM 安永周平

こないだ、ちょっと残念なことがありました。というのも、ある調査結果を見つけたんです。少し前の2017年4月、ソニー生命が日本全国の男子中学生100人に将来なりたい職業を「スポーツ選手、医師、公務員、YouTuber、ITエンジニア、プログラマー、ゲームクリエイター、社長などの会社経営者・起業家、教師・教員、学者・研究者、営業マン」の中から選んでもらったそうです。コレあなたもご

もっとみる

「自分らしさ」がもつ2つの価値

FROM ボブ・バーグ

私の著書『THE GO-GIVER〜あたえる人があたえられる〜』の中で、4つ目の法則として『本物の法則』を紹介している。それは「あなたが人に与えることのできる、最も価値ある贈り物は、あなた自身である」というものだ。

ビジネスでテクニックを使うときには土台が必要?

物語の中に登場するメンターは、自分自身も「自分らしく本物であること」を早いうちから理解できて幸運だったと話

もっとみる

カウンセラーに学ぶ斬新な対話

FROM 安永周平

台風10号が接近していますね。お盆休みですが、各地で水難事故が相次いでいるようですので、海や川で遊ぶ予定のある方はくれぐれも気をつけてください。安全第一です。それに、世間が休んでいる時こそ、自分の成長、自己啓発に時間を使うのも悪くないですよ。

営業マンとカウンセラーの共通点

ところで、僕は常々、優秀なカウンセラーの方が本気で対面営業をやれば、メチャクチャ売れる営業になるの

もっとみる

相手が口にしない”買わない本当の理由”

FROM ボブ・バーグ

今日は、「買わない理由」を言われた時、どのように対処するべきかをお話ししよう。いわゆる「反論処理」だ。相手の反論は、セールスのプロフェッショナルにとっても悩みの種であり、反論に対して耐性をつけることも重要である。

反論があるだけで、それまで確実だと思っていた売上が水の泡になってしまった…という経験があなたにもあるのではないだろうか?

自分が扱う商品が、確実に相手の役に

もっとみる

創業3周年を迎えて思うこと

FROM 安永周平

ご存知の方もいるかもしれませんが、一昨日の8月10日(土)で弊社(寿コミュニケーションズ株式会社)は創業から3周年を迎えました。設立当時、8月10日で「ハートの日」だから、人の心を大切にする、コミュニケーションによって人の心がつながるような事業にしていきたい…なんて思ったものです。
そして、あれから3年が過ぎた今日、何とか事業を継続できているのは、いつも弊社、並びにこの『TH

もっとみる

賢いと思われる簡単な方法

FROM 安永周平

突然ですが、あなたは賢いと思われたいでしょうか? 何を隠そう、僕は思われたいです(笑) ある時は「字がキレイだと賢いと思われるんじゃないか…」と思って、以前うちで開催したセミナーに参加してくれた岡部達磨さんの「美文字道教室@福岡」にオジャマしたくらいです。最近、全く参加できてない落第生です(ちなみに岡部さん、保険も扱ってて…なんとMDRT会員ですからね。凄ぇ〜)。

そして、

もっとみる

相手との関係を壊さない”反論4STEP”

FROM ボブ・バーグ

あなたの周りには、いつも何かに反論したくなる衝動を抑えられないという人はいないだろうか?

最近ではそのための絶好の場がある。フェイスブックやツイッター、ブログといったSNSのコメント欄などがそうだ。きっとあなたも、こんなやりとりを一度は見たことがあるだろう。

SNS上でのこんなやりとり…

投稿者A:「不要な恐怖心を抱くと、成功のための重要な一歩を踏み出せなくなる。し

もっとみる