Bill Gates'in sırrı ilk olmasında

Bill Gates dünyanın en zengin insanlarından birisi ve bu başarısını Windows'u icat etmesine borçlu. Windows ve Office araçları bilgisayarlarımızı etkin bir şekilde kullanmak için muhtaç olduğumuz prog

もっとみる

世界初のWebサイト

今日は8月6日
1991年のこの日、「Webの父」として知られるイギリスの計算機科学者ティム バーナーズ リー氏が、世界初のウェブサイトを公開したそうです。

Photo credit: cellanr

彼の示すWebサイト公開の理念は、社会貢献ファーストで、誰に対しても無償開放するものだった。

「World Wide Webプロジェクトに関する簡単な要約」をalt.hypertextニュース

もっとみる
あなたのスキが力になります!(*´∀`*)
15

Newspapers VS the internet

When we try to gather information you want to search, you ought to use something as information media: a newspaper, TV news, the internet, magazines. So eventually, which medias is most useful in this

もっとみる
めちゃめちゃありがとうございます!心広すぎます(笑)

私の初めてのインターネット体験

noteでお題が出たので書いていきます。

初めてインターネットをしたのは19年前の春、この頃はネットサーフィンや私の勤めていた会社の先輩にメールのやり取りをしたことがきっかけです。あの時は試行錯誤をしながらやっていました。

結婚を機会に会社を退職して暫くしてから好きなアーティストのサイトのBBSやファンサイトのBBSなどに書き込みをしたり、ファンサイトを作成したり、色々な人のファンサイトのチャ

もっとみる

教室ビジネスのメモ帳D

「好きなことを仕事にしたい」
「趣味が仕事になったら最高」

そう思って始めたのに、集客で苦労したり、不安になったりすることがあります。
好きな事でも、それを仕事にした時点で、ビジネスのことを考える必要が出てきます。

しかし、ビジネスの事ばかりを考えていては、その仕事自体が楽しくなくなります。
なので、まずは徐々にでも、ビジネスの勉強を始めてみませんか。

書籍「教室ビジネスのメモ帳D」

もっとみる

無限の音楽futurefunk

まず聴け。

元々は竹内まりやのプラスティック・ラブだ。

なのになんだこのダンサブルな感じは。

何が起こってるんだ。

主菜はfuture、副菜はfunk、俺が電楽サロンだ。

今日はなんかここ数年ずっと好きで聴いてるfuturefunkの話だ。

futurefunkってなぁに??

日本の80年代のアイドル曲だったり、90年代のアニソンだったり、アニメ音声だったりのサンプリングとハウス音楽

もっとみる
🎍🎍🎍🎍
6

【無料版】教室ビジネスのメモ帳D

新しい本を出版しました。
この本は、無料版になっています。

本のタイトルは『教室ビジネスのメモ帳D』です。

本書は、オムニバス型になっており
20項目の短めの本文で、読みやすく構成されています。

隙間時間や移動中に読んでみてください。

→ amazonの詳細ページ

とくに、ここ最近は
早いペースで定期的に出版していて
電子出版で基盤を作っていこうと思います。

#amazon #Kind

もっとみる

あなたも「電子書籍作家」になれる!

ようやく27冊目を出版して、今は28冊目の執筆をしています。
7割くらいが終わったところでしょうか。

振り返ってみると
電子出版をしてみよう!と思った時に、考えたのが「10冊ぐらい出せたらいいなぁ〜」といった目標でした。

そもそも、そんなに文章を書かないタイプで、ブログもメルマガも続かなかった人だったので、10冊でも実は目標が高かったイメージです。

同時に、それまで色んなビジネスに手を出して

もっとみる

KIDセレクトに対応しました

著書『1週間で電子出版する方法』が
KDPセレクトに対応しました。

つまり、読み放題のKindleアンリミテッドや
新サービスのPrime Readingなどで無料で読めるということです。

amazonの定額サービスに、入っている方は是非!

→ amazonの詳細ページ

電子出版は、ブログやYouTubeに続く
ビジネスコンテンツになっていくと思っています。

#電子出版 #個人出版

もっとみる