承認中毒な私たち - SNSを改めて考える(前編)

先日Twitterでもお伝えしたとおり、8月に文化人類学者・磯野真穂先生からのお誘いで「SNS(Web空間)での過ごし方」というテーマでお話する機会をいただいた。(タイトルむっちゃ恥ずかしいです・・^^;トークショーというよりはみんなで考えよう、喋ろうって感じになるとおもいます・・)

さてさてどうしたものか。想定される参加者の方々の年齢や属性の幅がひろいようなのでどこにポイントを置くべきなのかち

もっとみる

Instagramは先日退会した。ある人をつい検索してしまい、落ち込むからだ。学習能力なさすぎ。新たなライフステージへ進んでるキラキラ写真を見ないようにしたいからやめた。知らなくてもいいことが幸せだということ。私も自分の人生を建て直していく。ちょっとは前進してるかな。

ペット飼い主のSNS相互監視の話。

SNSによって、犬の飼い方、飼い主の意識は大きく変わってきたなぁとしみじみ感じる。私自身が三匹の犬を飼い、Twitterはほぼ犬垢、インスタは犬アルバムと化しているのでよく分かるのだけど、昔以上に飼い主は「見られる」ようになった。

ひと昔前までなら、「あそこの柴犬はうるさいわね」とか、「お隣で小型犬飼い始めたみたい」とか、せいぜい近所で室内犬か室外犬か程度の情報しかお互いに認識していなかった。

もっとみる

SNSマーケターが、細分化の進むSNS社会について斜め上から考えてみた。

Twitter歴が6ヶ月を超えたこともありまして、SNSでのブランディングやトレンドについてはそこそこの知識が溜まってきましたが、最近思うのは

「SNSの細分化がどんどん進んでいる」

ということです。

たとえばInstagram(以下、インスタ)を見てみましょう。

今インスタではいかにニッチな情報を発信するのかがアカウントを育てる鍵となっています。

この記事がとてもわかりやすくて、最初は

もっとみる

なぜマウンティングするのか。

マウンティングとは、本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになる様子をいいますが、人間関係においては、「自分の方が優位」と思いたいがゆえに、「私の方が他人よりも幸せである」と一方的に格付けし、自分の方が立場は上であると主張し、更にそれをアピールするのがマウンティング

女性でも男性でも行われるマウンティング。

昨今、多少話題になっているこのマウンティング

自分は相手より優位であ

もっとみる

SNSに関して思ったこと

私の個人的な感覚として、blogは外向きのコンテンツ、SNSは内向きのコンテンツと思っていたのですが、どうもSNSというのはいわば某匿名掲示板と同じ雰囲気なのかなと思ってしまいます。

私は、主にFacebookを使っているのですが、開設当初の頃(7年程前)から利用しているのですが、当時と比べるとその質が落ちていると言うか、商業化され過ぎて、コミュニティとしての意識が希薄化しているように思えるので

もっとみる

いごこち

昨日のツイッターの話にも少しつながるかもしれない。

私が初めてインターネットに触れたのは小学生の頃で、
タイピングもその頃に覚えた。
多分、同世代の家にはパソコン自体がない家が多かった記憶があるので、
時期的にはものすごく早くネットの世界を経験していたと思う。

小学校低学年の頃、確かあの人形のリカちゃんがアニメ番組としてテレビでやっていた時期。
クラスの比較的地味目の、どちらかといえば女の子に

もっとみる

稼ぐことより稼ぎ方にこだわりたい

「フォロワーを増やせ論」「数だけ増えても意味ない論」「人を数字としてみるな論」などなど、SNS内ではフォロワーに関しての様々な論が飛び交っていて疲れます。

たしかにぼくもフォロワーは多いに越したことはないと思いますし、なんならめちゃくちゃ増えてほしいと思ってます。自分がやりたいことや目標を達成するために応援してくれる人が多くて困ることなんて一つもないですからね。

でも急ぐ必要はないんじゃないか

もっとみる

疲れ

iPhoneを水没させてしまった。

最近はtwitterやinstagramを見るのが日課というかもはや依存に近い状態になっていたので、
八百万の中でも携帯を主に司る神様が「お前、ちょっと」と猶予を与えてくれたのかもしれない。

主に友人とのやりとりや自分の行き場のない気持ちを吐露するツールではあるけれども、
特にtwitterは自分の中では本当に疲れるアイテムになってしまった。

「見張られて

もっとみる

可視化社会との向き合い方

「人付き合いって難しいよね」

Twitterの○○さんがいいねしましたと言う表示、LINEの既読機能など、見なくても良い情報が可視化されてしまう世の中なので、人付き合いがますます難しいなと感じる今日この頃です。

友人と約束を取り付けていたら体調が悪いと言う理由でキャンセルされた日、実は友人が誰か他の人と一緒に出掛けていた。
彼氏から仕事が忙しくて休みが取れないと言う理由で予定をキャンセルされた

もっとみる