本の感想 革命のファンファーレ/最高の睡眠/人生の勝算


↑↑メルカリ企画! で読んだ本の要約というか、面白かったところのまとめと、感想を書いていきます―。今回はいっぺんに3冊! あくまで自分用メモに毛が生えたものなので、「面白そうだな」と思った本は読んでみてね。

ちなみに「革命のファンファーレ」は、最近会ったアーティストには全員すすめてる笑 コンテンツでお金を稼いでいきたい人には全員、おすすめです!

■革命のファンファーレ 西野亮廣

●お金について
・お金=信用。クラファン=信用をお金化するしくみ。信用があればお金はいつでもゲットできる。
・無料で価値あるものを出せば、その後かならず時間差でお金は発生する(例 Twitter まず無料にし、たくさんの人が使って価値が出たら広告費とれる)(西野独演会を安すぎるチケットで行う→みんな感謝してくれてクラファンした時に応援してくれる)

●売り方について
・絵本を無料公開したら、売り上げが増えた。
・西野独演会の動画をYouTubeにアップしたら動員が二倍になった。
・今の人はみな、「良い」と分かり切ってるものにしか金を払わない(観光地で予想通りの景色を見る、ルーブルでモナリザ見る、など)だから無料で全部見せた方が良い。
・ただしクオリティが低いものはむしろ売り上げが下がる。つまり、クオリティを上げることに時間を使え!
・絵本の初版部数を釣り上げるために、予約をたくさんとっておいた。
購入型クラファンはまるまる懐に入るわけじゃない だいじなのは金額でなく支援者数 支援者数ふやすと、その人たちは絶対買う まきこむ人数を増やそう!
・「おみやげ」は売れる。(演劇のパンフとか)
・巻き込む人数を増やそう! 他人に勝手に宣伝してもらおう! →展覧会をやる権利をクラファンで売った 渋谷スクランブル交差点で光る絵を背負いゲリラ展示したらみんな勝手にSNSにアップし宣伝してくれる
・ビジネス本の売り方について。本の著書である自分の強みは「講演会のオファーが多いこと」なので、それをクラファンでそれを可視化した=「講演会できる権利」をクラファンで売った。その結果講演会オファーは60件きて、2日で2000万円以上あつまり話題となった。結果本の宣伝にもなった。

●「えんとつ町のプペル」絵本の工夫
・プベルを製作途中、渋谷がハロウィンで異様に盛り上がり始めた→プペルのハロウィンのアイコンにするために渋谷っぽい背景にかきかえた。
・インスタにあげやすいように正方形の本にした

●渋澤の感想
とにかく「めちゃめちゃ良いものを作る」「めちゃめちゃ宣伝する」の両方を全力でやってるひとなんだなあと思った。クリエイターって前者に注力して後者をおろそかにしがちだけど、両輪がまわってこそ時代を動かすことが出来るんだなあと思った。わたし、西野さんのこと今までよく知らなかったし絵本も見たことなかったんだけど、これからはこの人のこと注目したいなと思った。それが時代を追うことになりそうだから。

ちなみに各章のトップもこんな感じで正方形でインスタ意識!してる!らしい!



■スタンフォード式最高の睡眠



●睡眠についての基礎知識
・睡眠負債の返済は時間がかかる 平均7.5時間睡眠の人に好きなだけ眠らせる実験すると眠りまくり、三週間後に8.2時間に安定する つまり本来必要な睡眠は8.2時間なのだ。負債返済後は急にパフォーマンスがあがるよ。
・はじめの90分のノンレムがとても深い&成長ホルモンもたくさん(8割)出る。この90分の睡眠の質を高めればよい。逆にここがダメだと何時間寝てもイマイチ。
・最初の眠気のタイミングですぐ寝るべき 
・スリープサイクルは人によって違うので90の倍数で寝ることはそこまで気にしなくて良い とにかく初めの90分が肝要
・朝までに完了しないといけないヤバい仕事がある場合 ◎90,100分後にタイマーしてまず寝る ×仕事かたづけてから4~7時に寝る(目が冴えて寝れない)

●初めの90分で質の良い睡眠をとる方法
・就寝、起床時間の固定
・寝る90分前に風呂入る
・90分前に入れない(60分前とかなら)シャワーやぬるめのお風呂が◎
・ねる直前に足湯で熱放散を活発にすると◎ 靴下履いたまま寝ると熱放熱できないから×
・枕の絶対解はない

●目覚めを良くする方法
朝は太陽の光をあびる
おきたい時間の20分前短く小さい音で目覚ましかける→起きたい時間に本チャンの目覚ましをかけると良い。

●渋澤の感想
・寝る90分前に風呂入る
・おきたい時間の20分前短く小さい音で目覚まし→起きたい時間に本チャンの目覚まし
この2つは早速実践してる。前者の効果はよく分からないが、後者はかなり効果テキメン!!
ただし、御託が多い割に役立つコツは少なかった印象。「御託はいいからよく寝て起きられる方法教えろ」という私にはちょっと不満の残る内容だった。ただし、逆に言うと「(スタンフォードの人が言うんだから)睡眠に近道無し」なんだな、とあきらめもついた。地道に「入眠90分前に入浴」「ダブル目覚まし」を実践していこうと思う。


■人生の勝算 前田裕二


●幼少期に両親を失い、弾き語りでお金を稼いだ話
・「人は未知より既知を求める」つまりオリジナル曲よりも知ってる曲の方が人気がある。→往年のヒット曲を歌ったら「なんでこんな古い歌を歌ってるの?」と声をかけてもらえるように。
・↑みたいなツッコミどころを作っておくと、通行人が声をかけるハードルが下がる。
・モノ(歌のうまさ等)を売るのではなく、ヒト(関係性)を売る。
・「○○っていう曲歌える?」→「知らない曲なので今日は歌えませんが、来週の同じ時間までに練習します」→一万円のおひねりをもらえた

●アイドルなどの応援系コンテンツについて
・コミュニティが深まる要素は1 余白があること(上述のツッコミどころ)2 クローズドな空間で常連がいること 3 仮想敵 4 秘密の共有 5 共通目的
・「自分がいなくてもこのアイドルは成り立ってしまう」と思うと、客はサめる。
・現代人は「自分の物語」の消費が楽しい(SNSに今日の出来事を書くなど)。しかし、「他人の物語」(=アイドルの成長など)も「自分事」(=自分にもかつてこの子みたいな夢があったなあ)として捉えられたら応援してくれる。

●SHOWROOMについて
・デカい事務所に所属してなくても、コネがなくても、顔がイマイチでも、努力(配信頻度やアイディア)次第では夢を叶えることが出来る、希望に溢れたプラットフォーム。
・視聴者は、アバター=第二の自分として視聴することで、恥ずかしさや気おくれが取り除かれ、応援を送りやすくなる。
・SHOWROOMの課金は「前向き課金」。(←→無料版の不便さを解消するための課金は「後ろむき課金」。)前向き課金はポジティブで暖かい感情の連鎖をうむ。
・「モナリザの前が混んでいて嫌な気持ちになるのは、絵画がインタラクティブじゃないから」。SHOWROOMのようにインタラクティブであれば、観客自体もコンテンツになってく。(SHOWROOMは、配信者を映す画面よりも視聴者のアバターを移す画面の方が広いらしい)。

●前田さんが外資系投資銀行に新卒で入社した時の話
・宇田川さんという伝説的社員。人に好かれる天才。=まず自分から人を好きになることの天才。
・受付の女性の名前を憶えて毎朝挨拶してたら、「このビルの中でそこまでしてくれる人は宇田川さんだけ」と、受付の女性さえも宇田川さんのファンになってた。
・前田さんも、苦手な人に電話かける時は「好きだ!」と心の中で100回となえて暗示をかけてから電話してた。
・先輩に連れられ、お客さんとバカ騒ぎをして飲んだら、お客さんに好かれた。先輩からは「バカになれば好かれる」「プライドの高いやつと一緒に仕事したいか?」と言われた。他者の目で考えることがだいじ。

●USBアメリカ本社で働いた時の話
・クレイジーな日本人キャラを演じて売り上げを伸ばす。周囲が誰一人完食できない激辛カレーを完食するなど。
・身近な人の死をきっかけに、「自分は今世の中に大体不可能な価値を残せているか」「自分が死んでも世の人に幸せや付加価値を提供できるものを生み出せているか」と問い直し、起業を決意。

●仕事のモチベーション
・仕事の成果はモチベーションで決まる。ちゃんとモチベートできてる仕事は、できる。
・でもがむしゃらに頑張るのではなく、「まず見極めて、それからやり切れ」。何をがんばるべきかリサーチして、「ここを頑張ればよい」と「見極め」たら、あとはそれを全力でやりきれる。(リサーチをしないでやみくもに頑張る人が割と多いが、途中で「これでいいのかな」と迷ってモチベが下がる)
・優秀な人のモチベーションの源泉についてヒアリングしてみると良い。

●これからのコンテンツについて
・ハードの進化が先、そのあとにソフトやコンテンツの変化がくる。
ハード:パソコン→スマホ ソフト:Mixi→facebook
ハード:データ津診療の大衆化 ソフト:ライヴストリーミング流行 例)housuparty(何人かの友達とつながって一緒にダラダラするアプリ)はwifi環境が整ってるアメリカですでに流行している
・これからはみんな、ネット上で「まるで一緒にそこにいるような感覚」を味わう方向に流れるだろう
・世界的サービスを作るのがアメリカが一番うまい理由は「アメリカ人がルールを作るのに長けてるから」。
(日本人は、作られたルールの中で成果を出すのはうまい。)まずルールを作っちゃうから、当然ルールを作った奴が一番強い。

●渋澤の感想
こうやって抜き出してみるとすごく記憶に残るエピソードが多い本だった。欠点が多くて総合点だと5点中2くらいの本なんだけど、前田さん本人のパワフル感はコンテンツとしてめちゃめちゃ強い。モチベーションの話と人に好かれる話が一番役に立ちそう。

5点中2点である内実はここにかきましたー。



■メルカリ企画収支

この3冊は、「メルカリで1万円で何冊読めるか?!」企画にのっとり、メルカリで購入し、売却しました。

「バイトやめる学校」山下陽光さんにもらった1万円の収支は……

― 「神・時間術」購入代(新品)1620円
+  「神・時間術」売却利益(1111円―手数料111円&送料195円)805円
― 「私に都合のいい人生を作る」購入代(新品)1404円
+ 「私に都合のいい人生を作る」売却利益(1199円―手数料119円&送料175円)905円
― 「脳疲労が消える最高の休息法〈CDブック〉」購入代(新品)1300円

+ 「脳疲労が消える最高の休息法〈CDブック〉」売却利益(1190円―手数料119円&送料175円)896円

-「SNSで夢を叶える」ゆうこす購入代(メルカリ)1100円

残金 7182円! (4冊読みました)

+「SNSで夢を叶える」ゆうこす売却利益615円(900円ー手数料90円&送料195円)

ー「最高の睡眠」購入代1300円 

―「革命のファンファーレ」購入代1500円(新品)

ー「人生の勝算」購入代1150円(メルカリ)

+「革命のファンファーレ」「人生の勝算」2冊セット販売利益1760円(2149ー手数料214円&送料175円)

+「最高の睡眠」販売利益705円(1000円ー手数料100円&送料195円)


残金6312円!(7冊読めました)


メルカリ企画はまだまだ続きます。


・・・・・・・・・

★渋澤怜のTwitter→ https://twitter.com/RayShibusawa

★「ライヴが出来る小説家」渋澤怜のライヴ原稿&動画 https://note.mu/rayshibusawa/m/m2a3e7b11ec6b

★おすすめエッセイ https://note.mu/rayshibusawa/m/mb0d4bde3bf84
★おすすめ創作群 https://note.mu/rayshibusawa/m/m70e04479475e
★2017年9月からバイトをやめて好きに生きる活動をしています!
https://note.mu/rayshibusawa/m/m8789734ad9cf

★エッセイ本原稿のweb連載媒体をさがしています https://note.mu/rayshibusawa/n/nad8ca4affe84

★2018年の目標は「ミスiDに出る」です https://note.mu/rayshibusawa/n/n99fb56457107


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押すと、短歌を1首詠みます。 サポートされると4首詠みます。

所詮島そんなに急いでどこへ行くハワイも来るしミサイルも来る
5

レビュー・イベントレポ

本とか、映画の、レビューとか、イベントレポだぞー!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。