見出し画像

【ラノベ案】『有給取ったから異世界行ってきます。ご迷惑をおかけしますが、明後日には戻ります』ってどうだろう?|「ハローワーク・ヒキニート・ブラック企業・残業・過労死・有給」の研究(2)

ラノベを研究しよう★


 ハローワーク!

 ヒキニート!!

 ブラック企業!!!

 残業!!!!

 過労死!!!!!

 有給!!!!!!


 本記事は、1975~2018年の44年間に刊行されたラノベの内、「ハローワーク・ヒキニート・ブラック企業・残業・過労死・有給」が付くタイトルをピックアップ★徹底分析する特集「『ハローワーク・ヒキニート・ブラック企業・残業・過労死・有給』の研究」の……第2回(最終回)である!


※注:「『ハローワーク・ヒキニート・ブラック企業・残業・過労死・有給』が付くタイトル」とは、例えば以下のような作品を指します。


<特集全体の目次>


第1回:みんなの「脳のキャパの空き具合」を考える

第2回(本記事):『有給取ったから異世界行ってきます。ご迷惑をおかけしますが、明後日には戻ります』ってどうだろう?


第1回からご覧になることをオススメします★

------


 前回は、「ハローワーク・ヒキニート・ブラック企業・残業」について考察した。

 今回は残りの2つ、「過労死」と「有給」が付くタイトルを見ていこう!


研究開始★



三葉……と思ったんですよ

清水「ええ」

三葉「ところがね、なし!タイトルに『過労死』や『有給』が付くラノベは1冊もなし!

清水「ほぉ」

三葉「不思議だと思いません?」

清水「んー、『過労死』ではなくて『過労』はどうです?」

三葉「なし!」

清水「ふーむ……」

三葉「1つや2つあってもよいと思いません?」

清水「確かに」

三葉「それとも、こんなタイトルのラノベはみんな読みたくないんですかね?」

清水「いやぁ、タイトルに『引きこもり』や『無職』、あるいは『ニート』、『ハローワーク』、『ヒキニート』、『ブラック企業』、『残業』が付くラノベはあるわけですから、『過労死』や『有給』があってもよいと思いますよ


※注:詳細は過去記事で★


三葉「ですよね!」

清水「それに、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』なんて人気作もありますし」


三葉「そうそう!『過労死からはじまる異世界狂想曲』とかあってもよいでしょ!」

清水「なるほど。過労死して異世界転生するわけですね」

三葉「おっしゃる通りです」

清水「じつにわかりやすい!」

三葉「同様に、『有給取ったから異世界行ってきます』とか」

清水「軽い!そして、そのノリの軽さがじつにラノベっぽくてよい!」

三葉「気軽に異世界生活を楽しむ話でしてね。『普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。 疲れたら転移魔法で自宅に帰る。』というラノベがありますが、あんなイメージです」


清水『有給取ったから異世界行ってきます。ご迷惑をおかけしますが、明後日には戻ります』みたいな感じかな」

三葉「そうそう!」

清水「あっ、いまふと思い出しましたが、『特定の時間だけ異世界で過ごす作品』といえば、『日帰りクエスト』という名作がありますね」


三葉「ほぉ」

清水「これ、作者は『スレイヤーズ』で知られる神坂一さんなんですよ」


清水「いま調べたところ、第1巻は93年に刊行されているんですね」

三葉「26年前!」

清水「いやぁ、懐かしい!」

三葉「あっ、私も1つ、懐かしの名作を思い出しました」

清水「何でしょう?」

三葉「ラノベではなく、映画・マンガになってしまいますが……ご存知!『のび太と夢幻三剣士』!」


三葉「これを忘れちゃいけませんね」

清水「あー、確かに。『大長編ドラえもん』(=映画の『ドラえもん』)は、少なからず『特定の時間だけ異世界で過ごす作品』に該当しそうですね。『のび太の宇宙開拓史』や、『のび太とアニマル惑星』も、一定時間だけ『異世界』と交流する話といえるでしょう」


三葉「そうか!つまり、『異世界転生もの』を書くときには『大長編ドラえもん」が参考になるってことですね!」

清水「ふむ。そういうことになりますね」

三葉「『異世界転生ラノベ』を書くのに『異世界転生ラノベ』ばかり参照していても、なかなか新しいものは生まれないでしょう。そこで『大長編ドラえもん』をひもとく……うーん!面白い!」


------

 特集「『ハローワーク・ヒキニート・ブラック企業・残業・過労死・有給』の研究」(全2回)はこれで終了です。ありがとうございました!

------

関連

------

最新情報はTwitterで★

------

 最後までお読みいただきありがとうございました。みなさんの今後の創作・制作のお役に立てば幸いです。

(分析:清水、三葉 / 文、イラスト:三葉)

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サンキュベリーマッチ!!

サンキュー!!!
11

100%ツールズ|創作の技術

ポップカルチャー(マンガ、小説、ラノベ、アニメ、映画、ゲームなど)のクリエイターの方向けに、創作・制作に役立つ情報をお届けします。/運営はヒャクパーセント・エア(東京都)/フォロー大歓迎です☆

次世代ラノベスタディーズ

いまこの時代にラノベ・小説を書く方に、明日から使えるヒントを。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。