しょうもない話

綿棒のカウントダウン

今日はしょうもない話をひとつ。

僕は耳掃除が好きです。2回目の仕送りでは愛用の耳かきを送ってもらいました。毎日お風呂上がりには綿棒で耳を掃除します。つまり2年間いると綿棒を約700本近く消費することになります(ゴミ問題は取り上げないでください…)。日本からはそれと同等の数の綿棒を持ってきたので、帰国が近くなるにつれてその数が減っていきます。

当たり前ですが約3か月経つ今はあまり変化はあ

もっとみる

紫の夏を食べちゃいたい

夏は青色でしょ。

空も海も。夏はとにかく青い。

だから惹かれたのかな。

眩しい太陽に肌がじりじりと焼かれていく。

もう君は万全。

雨にも風にもよく耐えて。

愛おしいほどにグラマラス。

そのふくらみに思わず手を伸ばしそうになったけど。

その艶に悪いムシが寄ってこなくてよかったよ。

ちょぴり辛口な君もいいし。

あっさりめだって似合いそう。

愛情を目いっぱい注がれて育ったんでしょ。

もっとみる

しょうが天のことを書こうと思ったら最終的に阿部寛さんにたどりつく話し

インターネットの接続がアナログ回線だったころ、今みたいにいつでもネットに接続できたわけではありませんでした。

当時はNTTのテレホーダイというプランでプロバイダーの番号を登録して、夜11時からヨナヨナ接続してwebを徘徊するというものでした。

それから20年以上経過し、回線はアナログ→ADSL→光と変わり、PC→スマホへと技術の進歩とともに変容してきました。

私がインターネットに本格参戦した

もっとみる

馬が合わない馬の話

先日、小倉競馬場に行ってきました。
 馬を見ていると、なんだかとても懐かしい気持ちになります。というのも、実は私、小学生の頃に競馬が好きだったんです。本日はそんな幼い私のちょっとした挫折についてお話させていただければと思います。

 競馬好きな親戚の叔父さんの影響あってか、当時まだ小学校低学年だった私は競馬というものに興味を持つようになりました。毎月なけなしの小遣いで『りぼん』ではなく『サラブレ』

もっとみる

大道芸人を目指した話

少し長くなってしまいますが、ちょっと思い出話をさせてください。
私が文章を書くことに興味を抱いたのは、中学3年生のときでした。夏休みの宿題で人権についての作文を書いたところ、それを読んだ当時の国語の先生が「君は作文が上手だね」と褒めてくれたのです。生まれて初めてのことでした。長所も短所も、他人に指摘されるまでなかなか気付けないものですが、「え、私、作文得意なの? 知らんかったわ~」とびっくりしつつ

もっとみる

渡せなかったワンピース

メルカリをはじめたことを何度かnoteに書いた。

メルカリでは「思い入れがあって捨てるに忍びないもの」や「まったく使ってなくて捨てるのが勿体無いもの」も売っている。

後者で処分に困っていたものがあった。

それはグラニフで買った白いチューリップ柄の透かしが入ったワンピース。

わたしはこの色違い、青い色のワンピースを気に入ってよく着ていた。



その当時住んでいた家の隣は大家さんの家だった

もっとみる

チラシはいらないけど、渡してほしい

わたしにはチラシを配らない不動産屋

街を歩いていると、いたるところにチラシやティッシュ配りをする人がいる。ティッシュであれば、時々もらっているものの、チラシは基本的にもらわないようにしている。チラシをもらったところで、かばんの底でしわくちゃになって息絶えるだけだからだ。
チラシ配りがいると、軽く会釈をしてさっと断るか、面倒なときはチラシ配りの手が届かない場所まで移動して通り過ぎるようにしている。

もっとみる

ワイドナショー古市憲寿氏への反論(2018年2月22日収録)

テレビのコメンテーターという役者に呆れたので、ちょっと愚痴りました。

今回は、分析も学びもありません。

音声の中で触れた報道。

古市憲寿氏「違うなと」三浦瑠麗氏の便乗批判に反論
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802180000398.html

セッパリョウリーグ

とは。

「セ」クハラ と 「パ」ワハラ のことだそうです!
もはや、野球のリーグの話ではありません。

使用例:幹部社員になった以上、セッパ両リーグに気をつけます

メモメモ。笑

送別会シーズンのしがない飲みっぷり

どうも、しがないOLです。
送別会シーズンですね、しがないOLはそんな時、どんなことを思いどんな発言をするのか。
恐ろしいでしょう?うふふ。

しがないOLはケチな場合が多いので、本音として、こう思うことがある、ということを紹介します。

それにしても、飲み会って贅沢ですよね。

2時間で4千円。しがないOLにはたけえよ!

と叫びたくなります。

ま、今のところ年上の方々に甘えさせていただいてい

もっとみる