つるつる

児島のうどん"手打ちうどんつるつる"

児島駅からジーンズストリートに向かう途中にあるうどん屋。

ここは安くてボリュームがあり、豊富なメニュー。

地元民が会社のお昼休憩で来たり、家族連れも多くみかける。

こちらの写真はぶっかけの冷350円・とり天100円
とてもリーズナブルである。

写真では伝わりずらいがとり天の大きさもなかなかである。
うどんのどんぶりに対してこの大きさだ。

まわりのころもが多めでサクサクとしていて鶏肉はほど

もっとみる

「美容師さんにハゲがいない」は幻想(汗)

生後20日のヤギの赤ちゃん。もちろんハゲてはいませんが、角が2本ニョキニョキと生えてきています。

 「美容師さんにハゲがいない」という都市伝説が独り歩き中。

 実は、美容師さんのハゲ(薄毛)率は世間一般と変わらずとか(汗)。
髪をセットする得意技でハゲ(薄毛)を目立たなくしているそうです。

 また、薄くなってくると、スキンヘッドにしたり、ずっと帽子をかぶっている人もけっこういるそうです。

もっとみる
やった~
4

昆布(フコイダン)で、髪が生えた(FGF-7)

都市伝説のように言われていた「昆布」を食べると髪が生える。

実は本当に昆布(フコイダン)を食べると髪が生える事が判明。

 昆布などのぬめりの主成分のフコイダン。
昆布を食べるとそのフコイダンの作用で、FGF-7(毛髪成長因子)が大きく増加することが判明。

 FGF-7(毛髪成長因子)は
①毛母細胞を増殖
②ケラチン細胞増殖因子(KGF)とも呼ばれていて、髪の主成分のケラチン(タンパク質)の生

もっとみる
嬉しいです。
4

ハゲ(薄毛)からの脱出方法!!

67歳(高齢者)の私は「髪を発毛&増加させる簡単で無料の方法」を編み出し、"3カ月での発毛"、4カ月で"フサフサ"に成功しました。

 過去に、メタボ、糖尿病、プチ脳梗塞などを薬や医療に頼らず、元開発技術者の経験からネットで調査し、食材と運動で全て短期間で克服してきた私です。

 そのため突然のハゲ進行にも、高価な養毛剤やシャンプー、ハゲ治療クリニックなどには頼らず、食材と運動重点で対処し、
 "

もっとみる
嬉しいです。
2

青色LEDで「髪がフサフサ」育毛

「青色LED」ですが、2014年に日本人3人がノーベル化学賞を同時受賞したのは有名ですね。
 「赤崎勇氏と天野浩氏、中村修二氏」
 授賞理由は「明るくエネルギー消費の少ない白色光源を可能にした高効率な青色LEDの発明」

 LED照明による人体への影響として、LEDの光に含まれる青色光(ブルーライト)による目の疲労や生体リズムの不調、睡眠障害などが問題視されています。

 ところが、株式会社ナリス

もっとみる
嬉しいです。
3

プチ断食(朝食抜き)で「髪が生える」

糖尿病、高脂血症、プチ脳梗塞などからの必死の脱出成功で、いつの間にか「朝食抜きのプチ断食」(12~16時間の断食)が私の生活リズに定着していました。

 これが、なんとダイエット効果や高血圧、糖尿病、肝炎、アトピーなどのアレルギーや病気を完治させるという、あの甲田光雄先生の「半日断食法(18時間以上の断食)」に近い方法だったんですよね。 偶然の「運動と食生活の改善」の積み重ねが、究極の健康法に近づ

もっとみる
嬉しいです。
4

アトピー新薬で「髪がフサフサ」

10年ぶりに発売されたアトピー治療新薬の「デュピルマブ」。

 従来の中度~重度のアトピー性皮膚炎患者への治療薬では、強いカユミを抑えきれず、かきむしったりして皮膚状態が悪化するケースが多々。
 そういった患者の頑固なカユミを解消する特効薬が「デュピルマブ」。

 これまでの研究では、アトピー性皮膚炎と全頭性脱毛症に関係があることや、皮膚炎のある人は、禿げやすいことが明らかになっていた。

 そし

もっとみる
やった~
2

2020年に、再生医療で「髪フサフサ」

とうとう、理化学研究所と医療ベンチャー企業のオーガンテクノロジーズが、再生医療による「毛包の大量培養技術」を確立して、2020年にも実際の薄毛治療で実用化予定になっています。

 頭皮の健全部の頭髪の元となる「毛包」をサンプリングして、特許技術で大量に培養し、頭皮に移植するものです。
 20日ほどの培養で「1万本」の移植が可能とか。

 最初は男性型脱毛症(AGA)患者への適用ですね。
これで、従

もっとみる
やった~
1

"ハゲ対策"も5カ月目

去年までの2年間は、ハゲ(薄毛)のキョーフに悩まされる日々で、そのストレスがさらに脱毛を促進するという悪循環。

 その2年間の間、単発的に、いろんなハゲ(薄毛)対策を試行錯誤しました。
でも、薄毛の進行をとめることができず、とうとう覚悟を決めて10/15(2018年)から、総合的な内外面両方からの"お金をかけない"ハゲ(薄毛)対策にチャレンジ。

 「肥満(メタボ)も糖尿病や高脂血症も、プチ脳梗

もっとみる
やった~
3

ハゲても大丈夫!! 「ヘアバンク」開始

もう、つるつるにハゲあがっても、心配無用?
1年後には「ヘア(毛髪)バンク」制度がスタート。

 世界初の毛髪バンクを開設したのは英企業の「HairClone」。

 毛髪の生えている部位で、100個ほどの毛包細胞を採取し、それをマイナス150℃で保存。
 将来、ハゲたときには、それを解凍してクローン培養して移植すれば、何度ハゲても増毛対策が可能。

 できれば、若い時に毛包細胞を保存するのがベタ

もっとみる
嬉しいです。
2