アンバー

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 エピローグ 【貴女に巡り逢うために】

――『その時』のことを、彼女はよく覚えていない。ただ、地獄の業火に焼かれるような熱さの中で泣き喚いていたことだけは、生まれて初めて見た悪夢のように脳裏に刻まれている。
 だからこそ、『彼』にその記憶の真実を告げられた時、彼女は大きな衝撃を受けた。
 しかし、言い知れぬ絶望に心を抉られる前に、彼女の脳裏にまったく別の感情が芽生えた。
 そもそも、何故そのようなことで絶望せねばならないのか。
 2つの

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #5 【恐怖の化身】 3

その巨大な脚は踏みしめる度に大地を揺らし、暴力的な尾は振り回される度に風を鳴らす。そして一度口を開けば、灼熱の炎が天を焦がす。ドラゴンとはそのような生き物だと言い伝えられている。

「ギギャーッッ!!」

 その恐怖の化身、ドラゴンの叫びが、チャーミング・フィールド中にこだまし、アンバーの鼓膜を震わせる。ドラゴンの傍らでは、薄紫色の髪をした見目麗しいヴァンパイアが妖しく笑う。人々に原初的な恐怖をも

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #5 【恐怖の化身】 2

「セヤーッ!」

 カーネリアが掛け声と共にロンダートの動きに入り、そのまま連続バック転でタンザナとの距離を詰めていく。やや間をおいて、剣を謹聴させる音がメノウのいる辺りから聞こえてきた。確かにそのはずであった。

「セイッ!」

 だが、タンザナが斬撃を受け止めたのはメノウが先だった。

「やあっ!」

 タンザナはそのままメノウを弾き飛ばし、カーネリアの繰り出すローリングソバットの射線上へと導

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #5 【恐怖の化身】 1

アンバーが目を開くと、そこは見渡す限りの荒野であった。所々に台座じみた岩が立ち並び、風が吹けば砂が舞う。そんな荒廃が無限に続くかのような虚無の空間はしかし、彼女には馴れ親しんだ場所だった。

「貴女のチャーミング・フィールドですわね」

 突如聞こえてきた声に振り向くと、そこには優雅な茶髪の女性が立っていた。女性は腕を組みながら、不満げに言葉を続ける。

「相変わらず殺風景な眺めですこと。まあ、わ

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #4 【月夜に嘲う】 6

食卓に並べられた料理の数々が、次々とタンザナの口に吸い込まれていく。その光景は、食事というよりも純粋な摂食に近かった。野生の肉食動物は、獲物を捕獲した時に胃袋に入る限界まで肉を詰め込む。そうすることで、次の獲物を捉えるまでの日々を耐え忍ぶのだ。アンバーはさほど勉強熱心な生徒というわけではなかったが、今のタンザナの姿は彼女にその知識を呼び起こさせるのに十分な程、豪快かつ野性的であった。

「……美味

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #4 【月夜に嘲う】 5

リビングに備えられたソファに腰掛け、腕と足を組みながら、イキシアは静かに時が来るのを待っていた。隣のダイニングに併設されたキッチンからは、時折油の弾ける音と調理器具が重なる音が聞こえる。立ち込めてくる香りが鼻をくすぐり、食欲を刺激してくるが、イキシアは眉ひとつ動かさず、リズムを取るように指とつま先を僅かに動かすだけだ。

 テーブルを挟んで向かいに座るカーネリアは、微動だにせず押し黙っている。その

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #4 【月夜に嘲う】 2

「……まだかなあ………」

 工房の軒先でシャッターに寄りかかりながら、アンバーはタンザナの帰りを待っていた。空には満月を明日に控えた月が輝き、時折吹く夜風が髪を弄ぶ。まだまだ夜は冷える季節だ。アンバーはふと、家のドアを開け、リビングの様子を確認した。ソファーの上で横になるカーネリアの体から、掛け布団がずり落ちている。アンバーがリビングに戻ってそれを拾っていると、階段の上から声が聞こえてきた。

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #4 【月夜に嘲う】 1

ジュージューと音を立てる鉄板の上の肉を、タンザナが優雅に切り分け、次々と口に運んでいく。そうしてあっという間にステーキ1枚をたいらげた彼女の脇には、すでに山となった鉄板が積まれている。

「……凄まじいペースですね」

 それを隣で見ていたメノウは、その迫力に圧倒されたいた。

「そうですか? まあ、なにせお腹が空いていましたからね」

 だが当のタンザナはそんなメノウの反応など意にも介さず、また

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #3 【目覚める脅威】 3

うららかな日差しの下、タンザナは鍛冶屋の軒先に出て大きく伸びをした。

「ふう~、やはり朝の太陽は心地よさが違いますね」

 感慨深げな声を漏らしながら、タンザナは空を見上げる。

「それにしても、今朝の太陽は随分と高いところから昇ったのですね。まるでもうお昼かのようです」

「――実際に昼ですわよ!」

 胡乱な発言を聞き咎め、付近の隣の仕立て屋の陰からイキシアが叫んだ。

「何が朝の太陽ですか

もっとみる

プリンセス・クルセイド 第2部「ザ・ナイト・オブ・ヴァンパイア」 #3 【目覚める脅威】 2

『どれほど日向の道を歩む者でも、時には陰に身を屈め、息を潜めなければならないことがある。それが生きるという選択だ』

 父の愛読書である『剣聖――言葉の剣――』76ページの言葉が脳裏によみがえった時、アンバーは再びヴァンパイアの屋敷のリビングにある一脚の椅子に腰掛け、二人の友人が空き巣じみて家探しをするさまを眺めているところだった。

「二人とも、もう少し遠慮したほうがいいんじゃない? ここ、ホン

もっとみる