オーバードーズ

チャレンジドという生き方。

はなこさんのnoteを拝読するようになってから、チャレンジドという言葉を知りました。

障害者の「害」 という文字が差別にあたるとして、障がい者と表記されるようになり、最近ではチャレンジドという表現に移行しているのですね。

就労支援の現場から離れて、だいぶ経つので知らずにいました。教えてくださったはなこさんに感謝です。

認知症対応型グループホームで、認知症のおじいちゃん・おばあちゃんの介護にも

もっとみる
あなたに天使の祝福がありますように。LOVE!!!
15

OD、ダメ絶対。

疲れてるのに、いや疲れてるからこそ脳みそオフにしたくて、酒とか飲み始めちゃって。今日は飲んで帰ってきたから飲まないつもりだったけど、つもりだっただけだね。気付いたら薬飲んでて、気付いたら酒も飲んでた。ほんまはあかんやつ。

 もーこれODやめられそうにないなって奴が言ってもしゃあないんだけども。アルコールと薬は禁忌やで。飲み合わせとしては最悪。おかしいことにならんかったら有難い、ってくらい。

 

もっとみる
*\(^o^)/*

生存確認

次の日のシフトももうすぐの大阪に行くのも、どうでもよかった。わたしがいなくなれば、わたしの存在をこの世の中から消し去れば、きっとみんな救われる、きっとみんな幸せになれる。わたしなんかいないほうがいい。

いつかのためにカバンの中にしまいこんでいた100錠入りの薬を酎ハイとともに流しこむ。30分もたたないうちに体の中、どこか達成感に満ちていた。

死んでもいいと思った。でもどうせ死ねないし世界は続

もっとみる

診断結果:薬物依存症

前回のオーバードーズ後、わたしは母に連れられ依存症を専門とするクリニックに向かった。どうやら母の目にはわたしは薬物依存症だとうつったらしい。

初診の際、臨床心理士なのか精神保健なんとか士なのか忘れたが軽く問診を受ける。それまでの性格や経歴、なぜオーバードーズをしてしまうかなど。そこでは母も同行していたんだけれど、母は○○を気にかけてあげることができなかった、辛さに気づいてあげられなかったなどと話

もっとみる

アイムスケアード

おだやかな日々は雨から始まった。

おばあちゃんが言っていた、
ししゃもを食べるとカルシウムが摂れる
カルシウムを摂ると怒りがおさまる、
あんたは人生に怒ってる。

寝て起きて飯を食い、テレビを見るなどして
風呂に入り飯を食い、人と話すなどしてまた夜が来て寝ようとする。
そんな生活ができなくなったのは
いつからだろう

わたしは間違いなく壊れてしまった。
誰のせいでもない、
わたしのキャパシ

もっとみる

薬とアルコールが無いと本音が言えない

noteにまとめる、と呟いてまとめていないものがいくつかあるけれど結局新しくまた文章を書いている。

自殺未遂により1ヶ月近く入院し、一人暮らしの家を引き払うことになり実家に帰ることになった。
まだ左手が不自由とはいえほとんどの家事をやってもらっている罪悪感、一人暮らしの家から持ってきた荷物をせかせかと片付ける親、など要因は挙げたらキリがないが結果として実家暮らし3週間目にして限界がきた。

一人

もっとみる

鳥さん、かわいい鳥さん(モンポウ)

昔から猫を飼っていたから、かわいい小鳥を飼うのは憧れだった。

東京で一人暮らしを始めたから、チャンスだと思っていた。

そんな矢先の頃…

その子は大人になりかけた年頃に、見えた

道端で、怪我でもしたのかうずくまって飛べなくなっていたから

もう、あたし飛べなくなっちゃったの…

って言ってるような目で見つめられたから

私、彼女を持ち帰った

うちは都会のど真ん中
コンクリートに囲まれて申し

もっとみる
ラブリンク!L・O・V・E!
21

はじめてのオーバードーズ

※はじめに、これはオーバードーズ(OD)を
推奨するための記事では無いです。

胃や腸や肝臓が死ぬからODしない人生を歩もうね。

はじめてのオーバードーズ
私が初めてODしたのは、20歳の冬。

20歳の春、働き出して2年目。
仲良くしていたはずの先輩からの風当たりが
急に強くなって、私が不利益を被るような嘘を
吹聴されるようになっていた。

信頼していた相手だったので
唐突な裏切りにだいぶ傷

もっとみる

29歳になって思ったこと

「20歳になんてなりたくない」

そう言って死ぬことしか考えていなかった、18歳の夏。メンヘラを拗らせてあの頃の憧れだった人は、なりたかった人は、会いたかった人は南条あやさんだった。10年経ったいまも南条あやさんはきれいな憧れのまま、29歳のあたしの中に残っている。どうして南条さんだったのかも、なにがきっかけだったのかいまはもう忘れてしまったけども。

あの頃のあたしは、生きたくなかった。ただそれ

もっとみる

自殺したくなったら、

何度も自殺しようとしてきた。

恋に悩んで苦しみ、仕事に苦しんでやめ、一人ぼっちで部屋にこもっていたことを親に一方的に怒られ追いつめられた時。
それは怒りの発散だった。そんなに私をいじめるなら、こんな命たった今捨ててやる!
怒りにまかせてちからいっぱい「自分の」手首に振り下ろしたカッターナイフ。

床に出来て広がっていく血だまり。どんどん大きくなっていく。
止まらない血。

涙が出ない

もっとみる
私、だーれだ?あそんでみない?タダだから!
6