クッキー缶

クッキー缶

先週のこと。

InstagramのDMに

「クッキー缶の販売など行っていますか?」

とのメッセージが送られてきた。

その方は高校生の女の子でどうやら私のInstagramのクッキー缶の投稿を見てメッセージを送ってくれたようで。

私は素人同然で、衛生責任者や菓子製造許可などお菓子の販売に至る資格もないので販売なんてなんて(><)と断り。。。

そもそも自分のクッキーがお金をもらうに値するも

もっとみる

出来上がり

年始から、紙ものの見直しを企て、

助っ人の登場で、もう本当に苦手なパソコン関係の仕事をやっていただき、ショップカードが完成。

今までの自宅印刷、自宅カット、自宅ハンコ押しのショップカードではなく、印刷屋さんに頼んで作っていただくカード。

自分の手を一度離れ、帰ってきたショップカードは、とても素敵に見えた。

そして、なんでも手描きでやろうとする(パソコン極力使いたくない)私を見かね、また助っ

もっとみる

まだまだ勉強

100ほどのブースが並ぶ大きなマルシェ。
初めての大きなマルシェ。

どのくらいのお客様が立ち寄ってくださるかわからないまま、クッキーを準備した。
前回の雑貨屋さんの単独出店での数字を頼りに、とにかくがむしゃらに焼いた。

当日は、とても天気の良い、マルシェ日和。

今回、屋外、屋内両方のマルシェが初めてで、とにかく天候に左右されない屋内を、
と希望でだしたのだが、実は不安でいっぱいであった。

もっとみる

おこめのおやつ

ここ一ヶ月、ずっと焼き続けてきた、おこめのクッキー。

小麦粉なしの生地の扱いになれておらずだいぶ奮闘。

アーモンドプードル入れてみたり、片栗粉入れてみたり…

アーモンドプードルたっぷり入れると簡単にサクサクのコクあるクッキーになるけど、なんだかそうしたくなくて。

結局、今回は、練りごまでコクをだした、ごまクッキーに。

練りごまといりごまのダブル使いで、名に恥じないごまっぷり。
実は、かり

もっとみる

苦労した子ほどかわいい

最近、ずっと、米粉クッキーに手こずっている。

全くの米粉クッキー初心者で、
米粉オンリーから焼き始め、自己流でどんどん配合を変えていき。
ここ一ヶ月、米粉消費がすごかった。

最初は、本当に食べたときにガリガリで、もう全く先が見えず、数週間焼き続けていた。

ここ一週間で、すこしばかり光がさしてきて、今週、ラストスパート一週間!

とうとう仕上がり…!感無量。

これで、胸をはってお嫁に出せます

もっとみる

買っていただけた!

雑貨屋さんでの出張販売を初めて経験。

毎月、委託販売にてクッキーを置いていただいているが、自分が店頭に立ち出店するのは、2回目。

前回の初出店は、半年以上前。

それはそれは、もう、初出店と変わらないどきどき。

いっか前から売るクッキーをきめ、何度も試作し、ラベルシールや袋を用意し、さらに、店頭ディスプレイを決め、釣り銭を用意し、脳内で、夢の中で、何回も店頭に立ち…

念入りに準備して臨んだ

もっとみる

誕生日缶

誕生日プレゼントのリクエストを聞いたら、

クッキー缶!

と、返事がかえってきて。

泣かせること言ってくれるではないか!

姉は、俄然張り切って焼きまくり。
春クッキーに、加え、好きそうなクッキーを大量生産。

とりあえず、つめてみた。
まだまだクッキーたくさん残っている。

おまけで、もうひと缶。

ぎっしり詰まったクッキー缶をみた、うちのお父さんが、嫌がらせ?なんて言ってきたくらいの重量感

もっとみる

おこもりのオヤツ

あるおこもりの日の、うちクッキー。

ひたすらもくもくと焼き続けたお母さん。

あれも焼きたいこれも焼きたい、と、気がついたら、これだけ焼いていましたよ、というおっきいお皿。

おやつのクッキーがよりどりみどり。

これ、一種類ずつ一周食べたらお腹いっぱいになりそうなものなのに、
食いしん坊のお姉さんは2周目、3周目もいけると言わんばかりにおかわり要求。

小さな胃袋、クッキーたくさん。

もっとみる