クラウド会計

XEROCON BRISBANE 2019に行ってきました

Xero(ゼロ)というクラウド会計の企業が、年に1回「XEROCON(ゼロコン)」というイベントを開催しています。今回はこの訪問レポートをお送りします。

Xeroはニュージーランド発のクラウド会計ソフト

まず最初にXeroとは、ニュージーランドで2006年に創業されたクラウド会計ソフトを開発するIT企業です。日本の会計業界ではご存じない方が多いかもしれませんが、アジアの会計業界では有名です。「

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!!
16

カスタマーサクセスを仕事にするワクフリという会社の話

SaaSはまるでゴールのないマラソン

クラウドソフトウェアの販売のようなSaaS事業は、作ってリリースすることがゴールではありません。リリースしてようやくスタートラインに立つことができて、お客さんに継続的に利用してもらう状態を目指します。そういう意味では、ゴールのないマラソンのようなビジネスモデルです。

継続的に使ってもらうためには、お客さんのことを深く理解しなくてはなりません。ぼくらのように

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!!
13

私の税理士業敗戦記 EPISODE4その2

会計ソフト遍歴と、弥生会計への愛と、クラウド会計について思うこと

前回は、外資系会計事務所を退職するところまで書きました。

今回は23年前に独立してから今までの会計ソフト遍歴と、弥生会計に対する偏愛とクラウド会計に対する考えを綴ってみたいと思います。

 個別のソフトについて機能を解説してもちっとも面白くないので、まず独立後今まで使ったソフトを列挙してからマクロな視点のお話をしようと思います。

もっとみる

私の税理士業敗戦記EPISODE4

私は会計ソフトフェチです。

一番最初に触った会計システムは、1985年ごろ大学生時代に、実家にやってきたミロク経理(MJSの前身)のオフコンでした。

両親は漬物屋の会社を経営していたのですが、経理のひとが辞めるのでオフコンを買って税理士試験の勉強をやっていた私に経理をやらせようという腹づもりだったようです。

 その、コンピュータは500万円ぐらいしたと思いますが、まだかな漢字変換機能もなく、

もっとみる

#freee塾 AI月次監査がかなり秀逸だった件

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
このnoteは2019.01.25に智原税理士事務所のHP掲載したブログをnoteに移管・加筆修正したものです。
現在、こちらの機能はアドバイザー向けの有料サービスとなっております。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

12月に、freee認アドバイザー向けにプレスリリースされた新機能が予想以上

もっとみる

私の税理士業敗戦記 Episode2

先日アルキメデスの大戦という映画を見ました、航空戦力による戦いが主流になると気づきつつも海軍は、日露戦争の日本海海戦のように戦艦どうしが大砲を撃ち合って雌雄を結するいわゆる大艦巨砲主義が正統であるという考え方を変えられずに、国家予算の7%もかけて戦艦大和を建造しました。
 
 税理士事務所でいうと従来の月次巡回監査方式が大艦巨砲主義。訪問を省いたクラウド方式が航空戦力型なのではないかと思います。

もっとみる

#freee塾 タグを制する者はfreeeを制す!!

今回は、freee独自の機能「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」(以下、タグ)と備考の使い分けについて説明します。
※法人プランのプロフェッショナルプラン以上でのみ利用できる「セグメント」というタグもあります。

なぜ基本的なタグを今さら?とも思われるかもしれませんが、ぜひ一読下さい!仕事柄多くのfreeeユーザーのサポートをさせて頂いていますが、正直8割くらいの方は上手く運用できてません。使い

もっとみる

#freee塾 資金移動に無視はダメ、絶対。

freeeでは口座振替をする際に、A口座とB口座の両方に振替登録していまうと、重複仕訳になってしまいます。そこで、片方の口座の取引を「無視する」という方法を推奨しています。
しかし、この「無視」というのが厄介で、手間もかるし、ミスや口座残高のズレの原因になります。今回は「通過勘定」を使って、もっとシンプルに口座振替を行う方法をご紹介します。

資金移動の基本操作

まずは、freeeの基本操作とし

もっとみる

クラウド会計ソフトを提供するIntuit。アメリカで圧倒的なシェアを誇るIntuitの今後の成長性は?

Intuitは、1983年に創業した会計ソフト会社です。もともとはソフトウェアを店頭で販売する会社でしたが、現在はクラウドベースでサービスを提供しています。Intuitは、アメリカで圧倒的なシェアを誇り、成長を続けている企業です。

今回は、Intuitの収益構造と業績をレビューして、Intuitの成長性について考えていきます。

会社の成長性と収益性から、A~Dにランクして評価していますので、参

もっとみる
スキありがとうございます!少しでもお役に立てればうれしいです。
1

OBC(オービックビジネスコンサルタント)の2019年Q1決算を読み解く

今回はOBC(オービックビジネスコンサルタント)の決算をみていきます。

OBC(オービックビジネスコンサルタント)は、テレビCMでもおなじみの財務会計システム「奉行シリーズ」、および統合型基幹業務システムを販売・保守サービスする企業です。

この業界はこれまで多くの企業が群雄割拠してきましたが、クラウド化の進展と事務処理の自動化需要の高まりにより、徐々に淘汰が進みつつあるように思われます。

もっとみる