【モルッとモルコレ!】可愛いモルモットが大変身!〜MARMOT COLLECTION〜

もふもふモルモットたちが
カッコ可愛い姿に大変身!
(きせかえ全20種)

変身きせかえシリーズ第1弾
モルッと待望の書籍化。
(本文抜粋)

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆

華麗に変身する
モルモットたちの姿が
楽しめること間違い無し!!

みんなに愛し愛され
癒やし100%の魅力を持つ、
モルコレ★キャラ達は今後も
どんどん増殖し変身して

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
5

(短編)お父さんを泣かせる作文

(※この物語はフィクションです。実在の人物、団体とは一切関係ありません)

深夜にも及ぶ長い残業を終えて、私はようやく自宅のマンションへとなだれ込むように辿り着いた。やはり年度末の激務は体に悪い。
ドアを開けると、甘酸っぱいケチャップの香りが玄関に漂っていた。
今日はオムライスか。口元が緩んだ。

リビングには明かりがなく、閑散としている。妻も息子たちも、隣の寝室でぐっすり眠っているようだ。

もっとみる

サンタへのギフト

クリスマス前のことだった。
たまに家族で食べにいく庶民的な中華料理屋があって、その晩も妻と二歳の子供と一緒にその店に行った。

もうそろそろ食べ終わる頃になって隣の席に客が座った。どさっと腰を降ろしたその感じで大柄な人だなと思ったけど、腹が減っていたから脇目も振らず食べていた。ぼくの隣に息子、反対隣に新たに入って来た客という位置関係。

ふと気がつくと、息子が食べる手を止めて何か呟いている。
「え

もっとみる
義父が韓流ドラマを見て「もう整形してても綺麗だったらいいんだ」って…
5

物語をつくると、「言葉にできない本音」が見えてくる!?――“言葉にできない”自分の本音に気づこう【第4回ワークショップ】

グラフィックを使って、“言葉にできない”自分の本音に気づこう。
その“言葉にできない”部分を「言葉」でお伝えするべく、本連載は山田夏子さん(通称なっちゃん)と読者モニター3人による、ワークショップのレポートというかたちでお届けしています。

今回も3つのワークをしましたが、特に2つ目のワークは、3人それぞれの世界観が爆発! 線や色を通して模索してきた「“言葉にできない”自分の本音」が、かたちになっ

もっとみる
ありがとうございます!ぜひ他の著者のマガジンものぞいてみてくださいね。
15

渾身のモノマネ3つ

『似すぎてジワる』という番組がありまして。

Twitterでモノマネ画像を投稿して、リツイートが多かったら番組で紹介される。
そういう番組です。

僕はモノマネは決して得意じゃないけど、せっかくなんで3つ投稿しました。

苦手分野のわりにはおもろい投稿ができたつもりなので、ちょっとでも見てもらいたい。
という思いで、noteでも載せておきます。

①『妄想中のゲイ』

これは番組に関係なく、3年

もっとみる

どこまで許せる「不思議扱い」!?~『空想科学読本』の役割

「不思議を不思議扱いされることの許容範囲」には、どうやら非常に大きな個人差があるらしい。
あるだけならまだしも、それがときに、ある程度には顕著な断絶を、社会へ生み落とす。



非現実的なこと。
不思議なこと。
空想上と思しきこと。
ファンタスティックなことが話題にのぼったとき、あなたならそれを何と表現するだろうか。
たとえば、
「昨日UFOを見たんだよ。
スーパーの駐車場で車に乗ろうとしていた

もっとみる

サンタクロースってホントにいるの? Santa Claus is

サンタクロースってホントにいるの?

いると思う。
ただ、昔とはカタチも風貌も変わっていると思う。
時代が変わればサンタクロースだって変わるもの。

サンタクロースがいる理由。
それは、毎年クリスマスは幸せになれるから。


■見ちゃう動画、つくってます
http://haps.chu.jp/tsutawarudouga