東京の休日 #9

シャガールの作品が東京でこんなにもたくさん見られるなんて♡

ポーラ銀座ビル10周年記念展
『マルク・シャガール-夢を綴る』
が本日から始まりました。

場所は銀座一丁目にある
POLA MUSEUM ANNEX
(ポーラ ミュージアム アネックス)。

出迎えてくれる素敵な言葉。

愛あふれる詩情に、心をゆだねて。

マルク・シャガールが描いた美しい色彩。
優しい光を放つ夢のように、時を経て

もっとみる
しあわせ♡
5

アルヴァ・アアルト & 常設展  青森県立美術館 4/26〜6/23企画展は終了

GWその2。
ここもぜひ来たいと思っていた美術館です。
外観、すごくいいです。美術館の前には広大な芝が広がっていて、そばには三内丸山遺跡があってすばらしいロケーション!

調べずに行ったのでアルヴァ・アアルト?東京ステーションギャラリーでやっていたような。行ってなくてよかった。。
展示は巡回展だけど少し違うらしいです。

アアルトの作品はもうひとつの自然と呼ばれるようです。
曲線と光を取り入れたも

もっとみる

シャガールの描くモーセはカワイイけれど角が生えている。

僕はシャガールの作品がとても好きで、とくに奥さんへの愛を描いたものがお気に入りです。

 その他にも、最大傑作といわれている、パリ、オペラ座の天井画やドイツのザンクト・シュテファン教会のステンドグラスは、実際に現場で観たいと思っています。

 今回伝えたいのは、多くの画家そうであったように、聖書を題材にした作品です。

 そのなかでちょっと気になるものがあったのです。

 それが、出エジプト記のモ

もっとみる
ありがとう。今日のあなたの運勢は大吉です。
15

【アートのミカタ30】シャガール Marc Chagall

【概要】100年前のアバンギャルド

絵画にイラスト、舞台デザインに陶芸、タペストリー、版画、ステンドグラス。さらには絵本まで。ジャンル問わずに活躍したロシア出身の画家。

さらにアウトプットが多彩なだけでなく、影響を受けたスタイル(インプット)も多彩です。
キュビズムにフォービズム、表現主義、シュルレアリズム…。
様々な前衛芸術に触発され、独自解釈から展開していたシャガールの作品は、どれも独創的

もっとみる
嬉しいです!
3

シャガール

家族大好き“まつ”です^_^

子どもが言っていた言葉が画家のシャガールが言っていた言葉と同じだったのです^_^

それは
「もう一つの目、もう一つの別の見方があるのではあるまいか。つまり、もう一つ別の次元に属し、人が見馴れている場所とはちがったところにおかれた目があるのではないか。」
です。

子どもが言っていたのは似たような事ですが、
「人が目で見ているものは、あくまでも見えている物であって、

もっとみる
おおきに!励みになります^_^
8

東京へ行ったら頭痛がした

久しぶりに電車に乗って東京へ行く。電車に乗るのは年に数回あるかないかの田舎の民は、たまの電車に少し緊張する。

車窓の景色は海を抜け山を通りトンネルを抜け住宅だらけからビルだらけに変わっていく。

上野に着いた。パンダを見たい、美術館にも博物館にも行きたいと思いながら通り過ぎる。美術館に吸い込まれていく女性達はカラフルで、個性的で素敵なおしゃれの方が多い。似合わない服専門店で買いましたみたいな人は

もっとみる
うれしい♡
17

はじめてのシャガール

さっそく美術館に行ってきたわけですけれども、実はシャガール観たのはじめてでした!感動!

高校3年生の時、美術の授業で先生にシャガールを(本で)みしてもらって以来、ずっと気になってはいたものの、なかなか本物を観る機会がなく。まさか今日観れると思ってなかったからびっくり!!

最後の最後にシャガールがでてきて、一気に駆け抜けてフィニッシュしました。

感想。"奥さんのこと大好きやったんやなぁ"

もっとみる

憧れのマティスを見て、僕なんだか眠いや・・・シューデル美術館 フランクフルト旅行記3

こんにちは。yuya工房です。

3日目になりましたフランクフルト旅行記。

次の大型連休は8月。お盆休みをうまく絡めると9連休という人もいるかもしれませんね。

次の遠出に思いを馳せるための参考資料として是非是非最後までご覧いただければ嬉しいです。

====

1日目、2日目はこちらから↓↓

物乞い少女と欧州一の金融街 フランクフルト旅行記1

懺悔室と関西弁。僕はひょうきん族を知らない フ

もっとみる
(゚∀゚)
6

オペラ・ガルニエ

Jeudi 9 mai 2019

きのうはまたもや祝日で、今日は(も)ぼんやりしているうちに過ぎていく感じです。

引き続きお天気もよくないし(それは関係ない?)。

ずいぶんひさしぶりのオペラ・ガルニエ。

これだけキンキラキンなのにまったく悪趣味でないどころか気品に満ちあふれていて、もうただただため息。。。

いつ来ても変わらず華やかで美しく、まるで大きな宝石箱の中にでも迷い込んだかのような

もっとみる
Merci beaucoup ♡
9