Googleカレンダーの[7日]って素晴らしいよ!

Googleカレンダーって便利ですよね。スマホでもパソコンでもタブレットでも1つのGoogleアカウントでいつでもどこでも予定を確認できて。

だけど、1つ納得いってなかったのは、週の最後に近づくと数日後の予定が見えなくて、左上の矢印でページを行き来していたこと。それを1~2年間やってました。

そ!し!て!

気づいてしまったのですが、右上のどれだけの量のスケジュールを見るかを選べるタブを見ると

もっとみる

ブログ更新しました。「2019年の手帳の反省&2020年の手帳を考える」そろそろ来年度の手帳の時期だと思って、今年度の手帳の反省と来年の手帳について考えました。 https://yayoi-shirasaki.info/memo/2019notes-to2020

一度も締切を破ったことのない私が、絶対に締切を守るためにしていること

ライターになってもうすぐ9年。何百、もしかしたら何千の原稿を納品してきましたが、一度も締切を破ったことがありません。ついでに徹夜もしたことがないし、人並みにお休みもいただいています。妊娠・出産、子どもや自分の体調不良も、なんとか乗り越えてきました。

劇的なハックはないけれど、どんな進め方をしているのか、一度まとめてみたいと思います。

■スケジュール・タスクの管理方法

まずは前提となる環境づく

もっとみる

Timetreeが便利な件

今まで、Googleカレンダーや、知り合いのススメもあり、appleのファミリーで家族の予定を共有していました。

おススメのアプリで、timetreeとあってダウンロードはしていたのですが、使っていませんでした。

ところが、つい先日、timetreeは他のスケジュールアプリなり、システムから連携というか、予定を追加(ダウンロード)できることがわかり、利便性に大変満足しています。

もっとみる

ツールを使う、景色が変わる、思考が変わる、創造的になる

スケジュール管理を愛し、スケジュール管理に愛された男、働喜多苦無(「はたらきたくない」と読む)です。
いまのところ、最もオススメできる時間管理手法「価値創造型スケジュール管理」の本質について、4つのステップで説明してみます。

ツールを使う

タスクとスケジュールが一望できるツールを利用して、時間管理を行います。

景色が変わる

すると、時間の使い方が一目瞭然となります。
見える化により、視野が

もっとみる

[案件掲載]プロジェクトマネージャー募集!

こちらのnoteではクライアント企業様から掲載OKをいただいた案件を紹介しています!
公開OK案件は、マガジン「複業案件紹介」にまとめて掲載しているので、他にもどんな案件があるか興味がある人はのぞいてみてください。

[業務内容]

<デザイナーやHP開発のマネジメント業務>
●業務の進捗や、レス、ステータスの管理を行います。
●進捗の滞ている業務などに対しての促進や、連絡など。
※管理はTrel

もっとみる

新月の願い事を願いっぱなしにしない方法まとめ

こんにちは!月と暮らすウェブマガジンLife with the Moonです☆

過去記事より、新月の願い事を願いっぱなしにしない方法をご紹介しますね。

「新月の願い事は書いたら忘れるようにって言われたんですけどー」という方もいらっしゃるでしょう。

これは「願う」ことが「今ないから欲しい」ことにフォーカスするからという理由ですね。

「今ないから」→「欲しい」「何とかしたい」というのが「執着」

もっとみる

小さな企画が連発出来る仕組み

気がつくと、26ヶ月連続(隔月)で、小さな企画を実現している(主に全社ルールの見直しに関する企画)。

元々、言われたことを計画的にこなすのは得意なタイプだが、自発的に企画を提言するようなタイプではなかった。
今もそうだが、頭は硬く、発想力がある方ではない。

要は、タスク処理マシーンであった。

それが、2年ほど前から急に、自主的に企画を提言し、あの手この手で実現するのが、日常の一部になっていっ

もっとみる

【水深5m】ここで、DIY深海ロボのスケジュール確認です(にがて)

前回のカフェでお茶をしばきながらの話の続きですが、
すぎちゃんとスケジュールを決めました!
(ありがとうすぎちゃん)

▼ ~8/8  お風呂で実験(浸水しないか?)
▼ ~8/14   南本牧で実験
▼ ~8/31   千葉県鴨川あたり200mの深さで投下してみる!
                    (おじさんに船をだしてもらう交渉をせねばならぬ)

おうふ。結構急がないといけない感じです

もっとみる

「1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法」から、「働く時間」について考えてみた

中村綾子です。

いろんな本を読んでいますが、タイトルの印象と中身が、いい意味でギャップがある本だと感じました。

今回取り上げる

『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』(山口揚平著)

は、よくある「ゆとり系」「ゆるゆる~」といった内容なのかと思っていたら、中身はかなりかなりずっしり・ギッシリです。

まだ、読んでいる途中ですが、一旦休憩を入れたい&考えたいと思ってnoteに書く

もっとみる