野草食日記 111 セイダカアワダチ チャンプルー

セイタカアワダチソウはとても苦味の強い野草ですが、キク科特有の良い香りがします。
歯ざわりは若干ざっくりしているものの、気になりすぎるほどではありません。
この強い苦味さえ抑えれば美味しく料理できるはずと、茹でたあと2日程水に浸し、アク抜きをしてみた結果、程よい苦味が残って食べよい味に。

この草の個性である苦味と香りを生かし、ゴーヤの代わりにチャンプルーにしてみようと思い立ちました。
豚肉と水切

もっとみる
スキをありがとうございます。良い一日を!
3

【日記】8月5日〜8月11日

8月5日
日常に生きる
仕事柄、夏は終わり、秋がやって来ていると感じる日。

8月6日
日常に生きる
夜、カタカナを見に西永福JAMへ行く。
メンバーみんな少々お疲れモード。ふらつきの多い出だしに「あれえ??」となる場面もありつつ、ラストの「ばけもの」と「コンテンポラリー」では憑き物が取れたかのように炸裂したのが良かった。その姿を見て気合いが入る。
待望のフルアルバムリリースはまもなく。ここからフ

もっとみる

なんでもチャンプルー文化

皆さんは「チャンプルー」という言葉をご存知ですか?
沖縄の方言で「混ぜる」という意味です。

皆さんもご存知のようにゴーヤーチャンプルーは、ゴーヤと豆腐などを混ぜ合わせた沖縄料理です。そんな、チャンプルーになぞらえて「チャンプルー文化」ともいわれる沖縄の文化があります。

皆さんも知っているかと思いますが、沖縄県はかつて琉球王国という一つの国でした。その王国時代に中国や日本、朝鮮さらには東南アジア

もっとみる
にふぇーやたんどー。
4

カオス からの チャンプル~

小説

時は2020~2029年。

自然災害 は今まで通り各地でちらほら発生。しかしながら、人類は成長を継続する。あっちが被害を被ればこっちで援助して、こっちが被害を被ればあっちから援助していただくというなんともステキなやりとりが各地で活発に行われる。

そうこうしていくうちに各地で人種のサラダボウルも同じように拡大していくこととなった。

そこで 問題 となったのがやはり言語である。先進国の間

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!
6

人生の夏休み 7

不安が安定すると素敵な物を吸収し始める。

不安が少し解消され、沖縄生活2週間も経ち始めると今度は念願だった沖縄の自然、生活とどっぷり向き合っていろんな事を知れるようになる。

まずは、寮で出される食事。チャンプルー、麩をこんなに今まで食べたかな~ってくらい出た。定番のソーキそば、スパムの入った料理いろいろ、ゆしどうふ、ラフティー、ゴーヤ、青パパイヤ、ヒラヤーチなどなど。すべて沖縄料理は美味しく感

もっとみる

ビーフンチャンプルー

さて。串屋横丁で軽く一杯やったあと、うちに戻って夕飯をつくった。
先日中華街で新竹ビーフンを買ったのでそれを使ってビーフンチャンプルーにしてみたんだけど、これがすこぶる美味しい。

中華街で一緒に買った干し海老も入れており、それもいい仕事してくれた。これはクセになりそう。見た目はぱっとしないけど。

もっとみる

ボローニャソーセージ、しっかり水切りした木綿豆腐、ロメインレタス、玉ねぎ、もやしでチャンプルー