チョスンウ

韓国ミュージカル観賞記②〜天は二物を与える

映画『マラソン』(2005)をご存知だろうか。
自閉症の青年がフルマラソンに挑む、実話を基にした韓国映画である。

チョ・スンウという俳優の凄さは、この映画を観ればわかる。

彼についてまったく知らなかったわたしは、本当に自閉症の役者を起用したのかと訝ったほど、「自然」で「チャーミング」な演技だった。
当時、『冬ソナ』ブームで注目され始めた韓国俳優たちのなかでも群を抜く、魅力的な俳優だと思った。映

もっとみる

韓国ミュージカル観賞記①~時が来た

初めに断っておくが、わたしはミュージカルが苦手だ。
子供の頃は、熱狂的なヅカファンだった叔母たちに連れられ、宝塚も東宝も何度か観に行ったけれど、あまり魅力を感じなかった。歌で想いや感情を表現する演者たちを、うっとり眺める眼差しがわたしにはないと気づいたのは、二十代の初めだろうか。きらびやかな舞台装置には目を瞠るけれども、物語に没入できず、引いてしまう。ファンにはおそらくたまらないであろうミュージカ

もっとみる

【第395回】『インサイダーズ/内部者たち』(ウ・ミンホ/2015)

ソウル市内に佇む一際巨大なビルの前に集まる多くの人だかり。マスコミが押し寄せ、ある人間の到着を今か今かと待ちわびている。そこにブラックの車がゆっくりと左カーブを曲がり、乗り込んでくる。男は自分の口からある汚職に手を染めた犯罪者の驚愕の手口を次々に告発する。髪をしっかりと整え、ビシッとスーツで決めたこの男(イ・ビョンホン)は政治家か検察のお偉いさんだろうか?いかにも現代的なカメラの洪水のごときおびた

もっとみる