社員の写真を社員が撮るメリット。

最近社内での撮影が増えてきました。主にセミナーやSNSのプロフィール写真撮影なのですが、稀にぶつ撮りも行います。

我ながら良い写真撮れてるなあと思うのですが、きっとそれは個々の良い表情を知っていて、その表情を出すためのコミュニケーションの撮り方を知っているからなのかなーとか、偉そうに考えたわけです。

そしてプロは初対面でも同じことできて、かつ撮影がうまい。だから素敵な写真が取れるんだろうなと。

もっとみる
スキを押すと勝手に現れるおみくじ→大吉です!今週は良いことがあります!
4

日本に"平穏な豊かさ"が訪れたことってあるんだろうか?

オランダに住んでいると、午後4時ぐらいからのんびり過ごしている人たちをよく見ます。週末だけでなく、平日も。「この人たち、仕事してるのかな・・・」と不安になってしまうぐらい、平日でも当たり前のようにカフェのテラスで談笑していたり、芝生でゴロゴロしていたります。

トップ画像は著作権フリーのイメージ画像ですが、こんな風景はこちらでは珍しくありません。先日、妻とお気に入りの店でオーガニック・フライドポテ

もっとみる

SIerに所属するデザイナーとして業務システムに向き合い、新たな道を模索するデザインマネージャに訊く

今回は、クリエイティブデザインのマネージャへインタビュー。お仕事内容や制作環境、今後の展望まで語っていただきました。

── デザインチームの気になるお仕事内容は?

私はクリエイティブデザイン課でマネージャをしています。デザインチームは主にお客様のWebサイトやシステムのデザイン、依頼があれば自社のサイト、パンフレット、展示会のブースデザイン等も制作しています。
前職では組み込み系システムのデザ

もっとみる

一人暮らしの自炊動画

ずっと撮ってみたかった一人暮らし自炊動画を撮ってみました!
静か目の生活感のある動画も大好きです。

関連記事「スマホでご飯を美味しそうに撮るテクニック」↓
https://hitorigoto0616.com/iphoneshootingeditidea


こういう動画を撮ってみたいなと思った方はぜひご連絡ください!

(編集者用)企画作りに役立つ記事まとめ その1

「面白い企画を立てて、いっぱい読まれる記事(本)を作りたい!」
全ての編集者にとって、永遠のテーマではないでしょうか。人によって重きをおくジャンルや媒体、読者層は違えど、企画が記事の柱となることには変わりありません。

私も、今年はもっとエッジの効いた企画を立てられるようになりたい、という個人的な目標もあり、企画の立て方についていろいろと記事やビジネス本を見るようにしています。

そこで参考になっ

もっとみる

「デザインの秩序がある世界を実現する」 Adobe XD ユーザーフェス 2019 (沖縄) レポート

昨今、スタートアップやベンチャー、大企業での新規事業が生まれています。背景として、沖縄ならではの課題、また東京や海外、地域ごとにある解決しなくてはならない命題が今、突きつけられているのではないでしょうか。

課題解決するための思考、そしてヒントが隠されていると「デザインの価値」が注目され、「コンピューターと人との関わり」「人と人との関わり」「行動のデザイン」「サービスデザイン」「ユーザーエクスペリ

もっとみる

新規ゲームを起案する方法

新規ゲーム。

毎日Webを見れば「新規ゲームサービスの開始!」なり、新しいゲームの広告、情報が出てきたりとそれは湯水の如く新しい情報が毎日流れ込んできます。世間には数多くゲームは存在するけれども、いったい自分自身がその新規ゲームの企画を立ち上げて、プロジェクトが進行させる担当者になるためにはどうしたらいいのでしょうか。

1つのゲームアプリを作るのに大体どれぐらいの予算感なのかはIR情報等でも公

もっとみる

仕事で重宝される人ってどんな人?

会社の中でも、会社を辞めても、重宝される人ってどんな人なんでしょう。今日は、常に重宝されている人、活躍している人を記事にしてみたいと思います。

■重宝される人その1

その人ならではの「強み」を持っている人、活かし方を知っている人

基本的にはこの通りで、この人に任せておけばこの分野は大丈夫だろう! って人です。逆に、「なんでもできます」って言う人は重宝されづらいです。管理職、マネージャー、ディ

もっとみる

世界を股にかける映像作家・中級の小倉です

今年も半分が終わったということで、これまでの作品を振り返ってみました。当時はベストだと思って完成させたはずなのに、今になってみると「未熟だなあ」とか「なんでこうしたんだろう。マイブームだったのか?」と思ってしまいます。もし「やっぱりこれがベスト。俺は間違ってなかった!」と感じてしまったら、それは自分が成長していない、少なくとも変化していないということなのでしょう。

上の画像は、これまで撮ってきた

もっとみる