いざなうはワールド・コーン・ラビリンス -17- #ppslgr

口から鼻腔へとカレースパイスの香りが吹き抜け、舌の上ではカレー特有の旨味が躍っている。食事の時間の幸福というのは重要な物だ、特に戦場下では食事の良し悪しは戦士のパフォーマンスを上下させる。

「とはいえ、二人程度じゃ持ち歩ける食材も限られているしとっとと中枢まで到達しないとならんな」

しかもあれだけ戦闘を繰り広げればその分カロリーは消費する。どう転んでも失った分のカロリーは回収しておかないと戦闘

もっとみる

【運命の5日間。3000本のトウモロコシの行方は?!】

みなさんこんにちは。
株式会社農業企画の細越(ほそごえ)です。
農業企画では、規格外になってしまった野菜や果物を

「生産者直送で理解してくれる人に届ける」ことをしています。

さて、突然ですが長野県信濃町へ【移住×就農】したばかりの新規就農1年目、加藤さんが丹精込めて生産したトウモロコシを応援しませんか?

と、言うのも、ちょっと小さかったり、ちょっと鳥や虫に食べられてしまっているトウモロコシが

もっとみる

いざなうはワールド・コーン・ラビリンス -16- #ppslgr

「中はどうだ?」
「問題ない、コーンも岩山の中までは興味がないようだ」

王子の言葉通り、洞窟の暗がりに光を投げかけると照らし出されたのは何の変哲もない岩肌ばかりだ。この洞窟自体が一枚岩をくり抜いたような作りになっており、植物が根を張る余地はない。

「よし、ここで今日の所はキャンプだな」
「ふぃ~……ようやく休めるぜ」

どっかりと腰を下ろして一歩も歩けないアピールするA・Kを他所に自分も荷物を

もっとみる

週末農業 - 2019 年 8 月

2019 年 8 月 4 日

結局もう片側のゲートの支柱も元に戻らなかった。とりあえず、鎖と鍵で閉めることにした。

小屋に収納していたものをフェンスの中に移動した。行く前にホームセンターでプラスチック製のテーブルを買ってきた(いまはまだグラグラしているが)。

この日もブタクサの駆除をした。引き抜きたいので時間がかかる。

コンポストトイレ処理場に、チェリートマトではなくエアルームトマトらしき

もっとみる

いざなうはワールド・コーン・ラビリンス -15- #ppslgr

フレイルという名の凶器にも似た挙動で、勢いをつけてコーンの実がこちらに向かって振り下ろされる光景は中々に衝撃的だ。

コーン・ヒュドラの振りかざしたコーン触手を踏み込みながらすれ違いざまに斬り飛ばし切断!勢いのままに明後日の方向へ飛んで行って同胞の木々をコーン実が真っ二つにへし折る!横から、縦から襲い来るコーン触手殴打を飛び上がり、足蹴にして渡りながら斬り落としていく!

「二人共注意しろ!ツル玉

もっとみる

MENSHO-創作ラーメン@新宿ミロード

MENSHOグループのラーメンが楽しみすぎる。
創作ラーメンを何度も作ってくれてこっちを楽しませてくれるから。

ラーメンクリエイターこと庄野智治さんはラーメン界の革命児だと思う。
詳しくは書籍、『ガチでやったら年商5億になった件』を読んで欲しい。

MENSHOの真髄が詰まっている良作。タイトルに騙されず一度読んで欲しいと思う。ラーメン好きならなお。

前置きはさておき、今回はMENSHO SA

もっとみる

いざなうはワールド・コーン・ラビリンス -14- #ppslgr

アグレッシブなコーン頭の虫にたかられたマッスルコアラの死骸は芽を出したコーンの苗の群れに瞬く間に覆いつくされると、苗は早送り映像めいて急成長し一本の樹木のとなってうごめく樹海を構成する一部に変わった。

「おいおい、もしかして周囲の木って全部コレかよ?」
「いや、この樹海が生じてから高々一週間だ。野次馬が来たとしても数が多すぎる……大地も生き物もお構いなしの方が実情に近いだろう」
「どっちにしても

もっとみる

いざなうはワールド・コーン・ラビリンス -13- #ppslgr

冒涜的にうごめく樹海は異邦人を遠巻きに眺める閉鎖的村人が如くこちらとの距離を保っている。実際敵地の真っ只中もいい所なのでちょっと押し寄せられたら、樹海領域外に待機させてあるソウルアバターへ転送退避する他ないだろう。

後退するツルの代わりに森の奥より、異物を排除するためのさらなる抗体が近づいてくる。その事を真っ先に知らせたのは相変わらずエルフの王子だった。

「来るぞ、二人共。足音無し、羽音あり、

もっとみる

いざなうはワールド・コーン・ラビリンス -12- #ppslgr

うごめく樹海、という物を目にしたら人間はどのような反応を取るべきだろうか。コーンで出来たゴーレムを破ってから数十分程度、密林を突き進んだ俺達が目撃した第三の新たなる植生は、まるで生き物の体内の様にありとあらゆる植物が這いずりはこびる奇怪の海だ。

もちろん一面にはあの色とりどりのトウモロコシが鈴なりになり、ツルがうごめくたびに揺さぶられて異物をあざ笑うかの如く揺れている。

「Oh……ジーザス。R

もっとみる