壊れたドア

子供部屋の壊れていたドアをやっと直した。
パーツを頼めばすぐに終わる話だったのに、3年ぐらい放っておいてしまっていた。
当たり前かもしれないけど、壊れていたものが直ると空気まで清々しくなるような気がした。
トイレのドアと洗面所のドアには鍵がついている。鍵の溝にはこじ開けたような跡があった。
そういえば、子供が小さいとき、トイレにこもって泣いてたな、私。
子供が外から鍵を開けようとして、ハサミやスプ

もっとみる

姉貴にボコられた話 ドア破壊編

自分には2つ離れた姉がいる。

めちゃ怖い、家族の誰もやつには逆らえないような人である。

そんな姉貴に無謀にも勝負を挑み、挑発したのは小学生の自分だ。

当時の姉貴は中学2年生、自分は小学6年生、姉貴は思春期真っ只中で絶賛、反抗期中のウルトラ怖い時期であった。

口喧嘩から始まったのその勝負で、見事に姉貴をブチギレさせることに成功した。しかし、反抗期に入ってから初めて見る姉貴のブチギレ姿は本能的

もっとみる
ありがとうございます!めちゃくちゃ嬉しいです!
2

どっちも「押」だったかもしれない話。

こちらが正しいように、相手も正しい場合、がある。

日常生活の中でも、色々と深く考えてしまうきっかけがある。

そんな話。

コンビニの扉

先日、コンビニの入り口でおばさんとすれ違った時、

ドアを押して入ったら、そのドアが邪魔だったらしく、嫌な顔をされました。

こちらは「押」となっているから押して入っただけなのに、

何でこのおばさん「非常識な人を見る」ような嫌な顔するの?

追いかけて背中

もっとみる

開く

君の心のドアは開いているか

次に君の心のドアの奥にある引き出しは開いているか

その引き出しは少し開いているか

半分開いているか

全開か

その引き出しを全開にできる人が

運命の人かもしれないよ

「knock」

「knock」

knock knock knock...
聞こえていますか?

knock knock knock...
届いていますか?

誰も開け方を知らないあなたのドア

このままずっと
あなたのことを守っていたい

knock knock knock...
ドアを叩く音

knock knock knock...
なんて優しい音

誰も開け方を知らないあたしのドア

このままずっと
あな

もっとみる

ドアの向こう側の人に降りかかる危機とは

身の回りで見掛ける注意喚起の掲示の一例です。『通行時に気を付けること』は、言葉による示しがなくとも要点を掴みやすいイラストになっている、と思います。

 横にスライドさせる〔引き戸〕であれば心配がないけれど、〔開き戸〕 - 押すか引くかするドア の前で、特に自分が向こう側に押し開けるような場合には、慌てず落ち着いた振る舞いでこなしたいもの(、と当方は思っています)。安全確保姿勢が雑で荒っぽいのは思

もっとみる