(21) MECEの作成①経営フレームワーク

MECEに考えることにより、大事な要素を見逃す「モレ」を防ぎ、同じことを考える「ムダ」を排除できます。はじめはなかなか難しいかしれませんが、地頭(じあたま)がなくても地道(じみち)にやればMECEは作れるようになります。その方法を紹介していきます。今回はフレームワークの利用です。

フレームワークとは、簡単に言ってしまうと「考える枠組み」です。経営のフレームワークとしては、3C【Customer(

もっとみる

アントレプレナーが新規事業で留意すべき3つの事項

ビジネススクールの課題で考えた表題の件について記載する。

はじめに

 アントレプレナーが新規事業で成功するためには、「ビジョン」、「自己・組織の効力感」、「持続可能な競争戦略」の3つの事項を留意すべきであると主張する(図1 参照)。また、取り上げた3事項のそれぞれに対して、「必要な理由」と「実現方法」を述べる

ビジョン

必要な理由

 企業が事業を行う上でビジョン・理念をたて明確にすること

もっとみる

IESE Business Schoolの魅力

どうも、Kamackです。

今までスペインの生活の話や、手掛けているスタートアップの話、ヨーロッパ旅行の話などを書いてきましたが、そもそも私が通っているIESE Business Schoolの話は全然書いていないことに今更ながら気づきました。

先週書いていたブラジルプロジェクトがギリギリ学校関連だったのですが、たまには学校の話も書いてみようと思います。海外留学や、MBAに興味がある方はぜひご

もっとみる

(20) MECE作成の注意点②

今回の注意点は、「モノからヒト」と「目的と手段」です。前回より少し発展的かもしれませんが、早速、次のMECEを作ってみてください。

・(缶コーヒーメーカー)次の新商品はヒットさせたい。
・どういう切り口があるか、缶コーヒーをMECEに分析してみよう。
→(缶コーヒーのMECEをいくつか書き出してください)

さて、どのようなMECEが出たでしょうか。実際の講義では、無糖と加糖、ミルク入りとミルク

もっとみる

(19) MECE作成の注意点①

MECE作成にあたって、その注意点について触れておきたいと思います。今回は、「レベルの違い」と「有用性」です。まずは、レベルの違いです。下の例題は、太字部分が結論になっているのですが、どこか変な感じがしませんか? それを解明するために、この結論部分をMECEな構造にしてみてください。

・ペットを飼いたい。
・マンションに住んでいるので、大きな動物は飼えない。
→ (結論)ネコかチワワにしよう!

もっとみる

声変わりしないことを、私は。

みんなの応援で全社長中、1位爆走中!!
お猿さんをクリックして
応援してくれたら嬉しいです。
https://blog.with2.net/link/?673064

鈴木正行です。

私が青春時代に、せつなかった事を今、明かします。

私は「声変わりが嫌」でした。

せつなかった。自分の声が失われていく。

音楽教室でそれを思い出しました。

私が裏声を練習する理由。

天才は努力家に勝てない。

もっとみる

思考の「起点」はどこにあるか?

今朝の日経「経済教室:GAFAと日本企業(上)」で早大・根来先生も使っておられた「も」という助詞。ここに見られる思考の起点の問題。過去起点から未来起点へ。VUCAの時代の学界の限界と自分で思考するチカラを考えます。

お恥ずかしいですが、昨秋書いた自身のコラムをご提示します。宣伝みたいでごめんなさい。読み比べると起点の違いがわかって頂きやすいかと。

「アマゾンは本の小売からプラットフォームサービ

もっとみる

KEPPLE ACADEMY(β版)を開講

株式会社ケップルは、スタートアップと投資家がともに集って学べる日本初の教育・研修サービスである「KEPPLE ACADEMY(β版)」を開講しました。

弊社は未上場株式管理ツール「FUNDBOARD」の投資家への提供を通じて、昨今のスタートアップ投資市場の変化、特にCVCに代表される事業会社による投資機会の増大を目の当たりにしています。しかし、スタートアップ投資に関する基礎知識や投資活動における

もっとみる

【yenta 日記】 #31 日本からグローバルの人材を <人材開発コンサルタント 田所 祐輝さん>

田所さんとはこの日記を書くかなり前に yenta しました。
朝早く仕事前に新宿のカフェで

キャリア開発

プロクター・アンド・ギャンブルって聞くと、耳慣れないですが P&G といえば、皆さん聞いたことある会社ですよね。田所さんのファーストキャリアは P&G から始まったそうです。

その後、ラーニング・マスターズ社で人材開発のコンサルティングや研修講師を務められたそうです。今の田所さんのキャリ

もっとみる

体験談から考える、社会人が留学するタイミング

社会人にとって留学のタイミングは、いつがベストでしょうか?

会社に就職する前?会社に入って2-3年後?もしくは10年後?

私は思い立ったときが、そのタイミングだと思います。

私が留学したタイミングは、会社員として成果を出せるようになった入社10年後。

世界各国の同僚と仕事をするようになり、自分のスキルの未熟さに気づいたタイミングでした。

当時、私が働いていたのは日本企業の本社。

本社で

もっとみる