ビーントゥーバー

CCFで一番楽しみブランド~La chocolaterie NANAIROさん

10月12日、13日のCraft Chocolate Festivalに向けて過去に自分が食べたチョコレートを振り返ったり、まだ食べたことのないチョコレートやさんに思いをめぐらしたりしています。すでにひとりで勝手にイベントを楽しんでいるような感じがしますね。

今年は一番楽しみにしているのは島根県のBean to barメーカー、La chocolaterie NANAIROさんです。

白い箱に

もっとみる

Craft Chocolate Festivalにむけてチョコ振り返りをはじめます

Craft Chocolate Festivalは昨年度初開催された、日本の小規模チョコレートメーカーが集結するマルシェです。めでたく今年も開催されることになり、それが10月12日(土)13日(日)に迫ってきました。

一度に30以上の作り手さんが集まってあちこち見比べたり食べ比べたりしながら好きなチョコレートを見つけられる機会はめったにないことなので、個人的にとても楽しみにしています。

開催場

もっとみる

9月中も楽しめる!和に回帰するかき氷~Minimal

かき氷ってどこの国の文化なのでしょうか?
アジア圏にはありそうですが(台湾、韓国のかき氷やさんが原宿などにもありますよね)、欧米圏はソルベどまり?あまり見かけた記憶がありません。暑いだけでなく湿度の高い気候にぴったりのスイーツなのでしょうか。

東京発Bean to bar chocolateのMinimal でも今年はじめて「かき氷」が出ました。もちろん食べにいきました。

富ヶ谷本店へは原宿駅

もっとみる

宇治金時ならぬカカオ金時を求めて〜nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

こうも暑い日が続くとどうしても気持ちは冷たいものへ。行先は2019年2月にオープンした日本橋のnel CRAFT CHOCOLATE TOKYOさん。

もともと兵庫県の水野直己シェフの元で研鑽を積まれた村田友希シェフのお店です。nelはチョコレートを作る工程でも重要なコンチング=「練る」に由来するそうです。工房のコーナーにも店名の由来が刻まれています。

お目当ては「カカオ金時」です。

宇治金

もっとみる

Minimalでチョコレート×お茶の新たな表現に出会うパフェ

東京は引き続き猛暑のお盆です。こんな暑い日は駅から離れたお店は足が遠のいてしまうもの。そんな日は夕方でも限定品が狙えるチャンスだったりします。今週の東京は、デパートで気になるスイーツ催事もあり、きっと皆さんの興味はそちらに向いているはず・・・ということで向かった先はMinimal 富ヶ谷本店です。

Minimal といえば、日本では最も有名なBean to barのひとつ。noterの皆様にとっ

もっとみる

猛暑日にぴったりのパフェ-green bean to bar CHOCOLATE

台風一過の今日はとても暑い一日でした。暑くなるとアイスクリームよりももう少しさっぱりしたソルベやかき氷などが欲しくなるところですが、やっぱりパフェを食べたい気分になり、お出かけしました。

行先は中目黒のgreen bean to bar CHOCOLATEです。中目黒駅からは徒歩7分ほど。普段ならなんでもない距離ですが、体温近い炎天下ではいつもより少し遠く感じました。

お昼前だったこともあり店

もっとみる

Minimalの新たな挑戦、火入れにとことんこだわったガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原」がオープン

昨日、「Minimal-Bean to Bar Chocolate-」の新業態ガトーショコラ専門店「Minimal The Baking 代々木上原」のお披露目会&新作発表会に参加してきました。6月22日(土)のオープンより一足先にお店と商品を体験してきたので、その様子をレポートします。

「Minimal-Bean to Bar Chocolate-」とは

新しいチョコレート体験を提供するをコ

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
4

【チョコレビュー】アラショコラ / チュンチョ 70% 3days

独断によるチョコレビューです。

カカオ産地に自ら赴き選び抜いた良質のカカオを、現地のカカオ農家や生産組合から直接購入。小規模ながら優れたチョコレートを生み出しているのが「アラショコラ(ARA CHOCOLAT)」。

ペルーAurora村のカカオ「チュンチョ」。そのカカオ生産地にて発酵テストの中で生まれたのがこちら。カカオ豆の発酵日数を変えただけで、まるで違うフレーバーになり誕生したのが「3da

もっとみる
嬉しい。
21

【チョコレビュー】BENCINY / TOGO

独断によるチョコレビューです。

京都のショコラトリー「ベンチーニー(BENCINY)」のミニタブレットは、ちょっと気になる、を試しやすいシリーズ。

欲しいチョコがいろいろ並ぶチョコ催事において、このサイズは本当にありがたい!気に入ったら大きなサイズが買えるのも嬉しい。作る方は大変だろうなぁと思いつつも選択肢があるというのは嬉しい事です。

TOGO(トーゴ)はガーナの東に隣接する西アフリカの国

もっとみる
チョコレートの季節到来です。
11

【チョコレビュー】アラショコラ / コスタリカ ウパラ 72%

独断によるチョコレビューです。

1年ほど前でしたか。チョコレート探検家、チョコレートくんが「こないだ、すごいチョコを食べた!」と興奮気味に語っていたのが「アラショコラ(ARA CHOCOLAT)」でした。

こちらはパリ9区にあるBean to Barのショコラトリー。カカオ豆をチョコレートバーやプラリネに変えるのは、チョコレートとペストリーで10年以上の経験を持つシェフショコラティエ、アンドレ

もっとみる
チョコレートの季節到来です。
13