2019年11月19日(火)「21世紀の現代社会とフランス革命」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1789年に勃発したフランス革命。世界史上、大きなターニングポイントになったこの事件の大きさは、我々が想像している以上のものがあります。

例えば、メートル法やグラム法などの度量衡や、所有権や人権といった法的概念などが形成されていったのが、フランス革命の影響を受けて整備されていったものです。すなわち、現代社会を形作る根本のルールチェ

もっとみる

9月8日 古城の演奏会

この日訪れたのはヴァランセ宮殿。
Château de Valençay (Google map)

今回はその紹介と、
後半では宮殿で開催されたオーボエ演奏会についてお伝えします。

ヴァランセ宮殿

この宮殿は15世紀にエタンプ•ド•ヴァランセ家により建てられたもの。

現在では1803年にこの宮廷を購入した
シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール(1754 - 1838)
の宮殿とし

もっとみる

教育−令和研究会第八回−

日本の教育、特に大学教育は、以下のようになっている。

痩せた豚のClaim。

Fact1(朝日新聞の一昨日の記事)

Fact2(朝日新聞の昨日の記事)

Fact3(朝日新聞の今日の記事)

この論文!!に賛成か否か。反対したら、不可。

日本の学者?学もないし、頭も弱い。海外の学者のAcademic Paperを違法に、無許可で翻訳しただけで、議論にもならない。そもそも、資格も博士号も持っ

もっとみる

K-133 ひげの男胸像

石膏像サイズ: H.61×W.32×D.32cm(縮小サイズ)
制作年代  : 1833年
収蔵美術館 : エトワールの凱旋門外壁、オルセー美術館、ディジョン美術館
作者    : フランソワ・リュード(François Rude 1784-1855)

19世紀初頭に活躍したフランス人彫刻家フランソワ・リュードが、エトワールの凱旋門のために製作した装飾彫刻の一部です。

エトワールの凱旋門

もっとみる
よろしければシェアをお願いします。ありがとうございます。
1

群衆心理

書名:群衆心理 (まんが学術文庫)
著者:ル・ボン
出版社:講談社
発行日:2018年8月13日
読了日:2019年8月13日
ページ数:192ページ

知っているだけで違うと思います。
群集心理を使う側といっても悪用はダメですが
操られる側でなくて操る側にもなれるくらい
知恵をつけておくのは大事です。

こんにちは。まだまだ夏休みです。
今日はフランスの社会心理学者のル・ボンの
「群衆心理」を読

もっとみる
サンキュー!
1

Day105.群衆心理

知っておくだけで違うと思います。
群集心理を使う側といっても悪用はダメですが
操られる側でなくて操る側にもなれるくらい
知恵をつけておくのは大事です。

こんにちは。まだまだ夏休みです。
今日はフランスの社会心理学者のル・ボンの
「群衆心理」を読みました。
と言っても、原作ではなくて「講談社まんが学術文庫」の方です。
原著は1895年に刊行されたようです。
フランス革命の恐怖政治を敷いた革命家の

もっとみる
私もNOTE覗きに行きます!
5

一向に噂される気配がないので、個人的に『N国党』と『スクランブル化』のその後を考察してみました。

おはようございます。こんにちは。こんばんわ。

さて、今回の記事の内容は、
今、何かと1チャンネルを騒がしている『アノ』

この方を中心に回っているといっても過言ではない、
『NHK放送受信料』及び『スクランブル化』にまつわるムーブメントを取り上げ、私なりに、そのムーブメントの結末が如何ようになっていくのかを、いつも通り、つらつらと、微妙な根拠に基づきながら綴らせていただければと思います。よろしく

もっとみる
ありがとうございます!

『Scaramouche スカラムーシュ』英国オリジナル版第Ⅰ部第ⅰ章冒頭

はじめに

ラファエル・サバチニの代表作『スカラムーシュ』は英国で刊行されたオリジナル版とアメリカで刊行された短縮版の2バージョンが存在したのですが、流通量的には圧倒的に米国版が多く、現在では英国内で新たに刊行される際は米国版を底本としている模様。

海外で翻訳される場合の底本もほとんどが米国版で、日本で現在手に入る大久保康雄 訳と、加島祥造 訳はどちらも米国版が元になっており、恐らくこれまで英国

もっとみる
2

その時歴史が動いた

今日はパリ祭です。
230年前のこの日、フランス革命が起こったとされています。バスティーユ牢獄への攻撃ですな。
世界史の授業ではフランス革命はややこしくて覚えるのがたいへんでした。
ただしパリ祭という言い方をするのは日本だけだそうで。
ある映画の邦題を「パリ祭」としたところ、それが広まってしまったようです。
しかもこの邦題を考えた人は「パリまつり」のつもりだったのですが、一般には「パリさい」として

もっとみる
恐悦至極
4