ホホホ座

編集という、とても楽しく辛い仕事。

【備忘録】のような。

自分は20代の後半から30代のほとんどを雑誌を作ったり、レコードを作ったり、文章を書いたりすることを仕事にしていました。しかし、不惑を前にして、自分の立ち位置を示す意味と、生活の糧としてなぎ食堂というヴィーガンレストランを始めて、気づくと12年、ほぼ毎日中華鍋を振り続けてきました。ただ、自分が何者か問われると(ま、特に問われることもないんですが)、食堂店主であると同時に、こ

もっとみる

京都にて、リソグラフスタジオをホホホ座浄土寺店2階で、9月上旬からスタートします!

ふらふらと、ぼんやりと。このときにはもう、店と自宅とスタジオが一緒にできるなんてことは思っちゃいなかったけれど、リソグラフのスタジオだけですぐに食べていけるとも思っていませんでした。もし、上手く回ったとしても、スタジオをはじめて最初の1年くらいは宣伝期間になるのだろうな、と思いながら。うーん、大変だな、移住しての新生活、と頭をかかえつつ。

とにかく住む場所を見つけなくちゃ、と、不動産屋さんへと向

もっとみる

ホホホ座だらけマルシェ&ホホホ座談会に行きました

祇園祭シーズン真っ只中の京都、皆様いかがお過ごしでしょうか。四条河原町が鬼畜のような人口密度になるこの時期ですが、チェーン店は意外とすいてるんですね。河原町駅直結のサンマルクで塩はちみつチョコクロをかじりながらこれを書いています。吉田です。

noteには初めて書くので自己紹介しますが、昨年ki-ftからアンテナ編集部に合流した音楽ライターです。最近では御影ロマンスのライブレポートなどを書きました

もっとみる

夏休みだった

湿気と熱気が体を包んで、もう寝転がらないとやってられない。もう洗濯も掃除も料理もやってられない。私夏休みが欲しい。と思っていた時に、Prime videoさんがぽいっと手渡してくれたこの映画で、私はちょっとだけ息を吹き返した。

「インスタント沼」

2009年公開、三木聡さん監督・脚本、麻生久美子さん主演。

もうとにかくノンストップ。炭酸みたいに突拍子もなく、麻生久美子のつやつやな肌が光る。突

もっとみる

かくれんぼ

コトバと絵を観て

呼吸が

うまくできない

胸がドキドキして

ココロがキュッと締まる

そんな感覚になり、動けなくなった

その時

「みーつけたっ!」 声が聞こえた

あっ

見つかった

見ないように蓋をしていたのに

見えないように隠れてたのに

わたしは、1人でかくれんぼしてたんだ

会ったこともない人達なのに、ココロの中の

わたしを見つけてくれた

びっくりした

201

もっとみる

今治、夏の思い出。

お盆明けの朝、外を歩くと涼しい風が吹いてて、うっわーーーーーーーとなった。秋の一番風はメランコリック凝縮されてムショーに涙を誘う。無条件に泣ける日は、秋が始まる日。毎年かちっとやってくる。(だけど、そんなこと嘘みたいに残暑が厳しくて嫌になる今日。)

そんな秋の始まりにふと思ったことは、ちゃんと意識的に人の話に耳を傾けるっていうのはいいなあってこと。それから議論できる相手がいるのは幸せだってこと。

もっとみる

クソみたいな世界を生き抜くためのパンク的読書【第3回】

『ガケ書房の頃』

「仲間と一緒に、苦悩しながら変化する」

パンクバンドには短命なバンドが多い。

伝説的なパンクバンドとして誉れの高いセックスピストルズは約4年、マイナースレットは約3年、ブラックフラッグでも約10年で解散した。
解散の理由は各バンドで様々であるが、パンクという音楽の性質として「初期衝動」を原動力とし、「アンチ商業主義」の哲学に基づいて金儲けのことなど考えもせず、瞬間的に燃え盛

もっとみる

ヒマにまかせて「愛媛旅行記08」

中断していた愛媛旅行記の続きです〜。最後まで描いているのでアップするのを忘れないようにしないと〜。

友人に誘われて、愛媛に旅行に行きました。初四国!

松山→しまなみ海道→今治というルートで巡っております。

夜は、今治のイベントスペース「ホホホ座」でのミュージシャンの西尾賢さんと西本さゆりさんの音楽ユニット「ズビズバー」のライブ!

ズビズバー、とっても面白いユニットなんですよー ! 食べ物や

もっとみる

「悲しみ」が表現を豊かにする

京都の本屋さんホホホ座さんとミシマ社さんが共催の、「夏の小説ゼミ」に参加したときのこと。

講師は作家 いしいしんじさん。

いしいさん自身のの作品“蟲の目”を題材に、

「主人公の名前はどうやって決めるの?」
「この表現、どういう経緯ででてきたの?」「そもそも、文章を書くときはどういう思考回路でストーリーができていくの?」

などの質問を通して、小説の組み立てを学んでいくという内容のもの

もっとみる

ホホホ座・山下賢二さんから記念コメントを戴きました

山下賢二さんから五周年記念公演に際し、記念コメントを戴きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとつの♪に
ことばをつめこめ
世田谷ピンポンズ

山下賢二(ホホホ座・店主)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京にいた頃からガケ書房(ホホホ座の前身店)にはCDを置いてもらったり御世話になっていた。
京都に越してからは

もっとみる