ポランスキー

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」が面白かったので「吸血鬼」を観てみた

映画館でタランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観てきた。シャロン・テートの惨殺事件をモチーフにしている。
 参考作として「ポランスキーの吸血鬼」を観てみた。Amazon Primeでレンタル、199円。ロマン・ポランスキーが監督・主演しており、シャロン・テートがヒロインとして登場している。この映画のあと二人は結婚した。
 ホラーコメディである。大学教授のアブロンシウ

もっとみる
超うれしいです。
4

ポランスキーてめえ、またしても出版業界の内輪ネタで生煮えのぬるいスリラー映画観させるんじゃねーよ、という話

前から観ざるを得まいて、と思っていた映画なのでようやく今さら観てきたわけなんだけど、今回は、ポランスキー、おまえ、いい加減にしろよ! こういう生ぬるいスリラーに出版業界ネタを使うんじゃねぇよ!とドツきながら帰ってきました。

とりあえず、2010年公開の『ゴーストライター』でわりと真面目にレビューしたコラムがこちらになります。

でも今回は、「また奥さん(主役のデルフィーヌ役のエマニュエル・セリエ

もっとみる