ランチデート

私が平日ランチデート❤️をする理由

以下の記事に書いたように、フランスではカップルの時間を持つことはとても大切なことで、小さな子供が何人いてもベビーシッターさんを雇ったり、祖父母に孫の面倒をお願いしたりして、夫婦二人だけのディナーや週末のプチ旅行などに出かけるのは普通のことです。

また、2度目3度目のパートナーシップを結んでいらっしゃるカップルも多いので、子供たちは隔週毎の週末と長期のバカンスの半分は、別れた夫や妻と半分ずつ面倒を

もっとみる
スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
36

【口説くシリーズ2】ランチ→家デート 可能です

皆さんは家デートまで持ち込むまで何回デートを重ねますか?

私の記事は自身の体験に基づいて発信しているので、一概には言えませんし、全部がその通りに行くとは限りません。

しかし、その確率を高める努力を怠ってはいけません!
確実に、素早く、低コストで仕留めるためには、学習→行動の連鎖をやめないでください。

ここでタイトルを補足させて頂きますが、最近の私の休日デートはランチタイムのデートが多くなって

もっとみる

「毒親」の正体を読んで気づいたこと。

精神科医の水島広子先生の本は、知的で分かりやすい。
どの本を読んでも大きな気づきがある。
「毒親」の正体、という本を読んだ。
自分が「毒親」に育てられたと思っているわけではなく、ただ、水島先生の本を読みたいと思って読み始めた。

水島先生が、臨床的に診てきた「毒親」で最も数が多いのが「発達障害タイプ」であるという。この中には「アスペルガー症候群」も含まれている。

*******

最近、友人の旦

もっとみる
スキを押してくださってありがとうございます❤️ ミカリュスより
36