寝たり起きたり瞑想したり…

先週末からそんな日々を送っています。
体力・気力とも落ちていて、前に進むことができません。

先日、クリニックで診察を受けたとき、気力が下がっているという話をしたところ、「今、処方している薬は最低限のレベルのものだし、ここに来ているのもたまたま。いろいろな症状の人を見ているけど、あなたはそんなに悪い状態じゃない」と励まされました。

私もそう思います。病人のような気分でいるけれど、本当は自分でコン

もっとみる

メンタルクリニック

昨日はメンタルクリニック行ってきて、5年ほどメンタルクリニックに通ってるんですが初めて12月にメンタルクリニック行ってきたんですよ。びっくりしました(笑)5年通っていて12月にメンタルクリニック行くの昨日が初めてだったんだ!?って。

『良いお年を』

医師からそう告げられて気付いたんですよ。

これまではなかなかコンスタントに通院出来てなくて去年までは半年行かなかったり、行けなかったり、3ヶ月空

もっとみる
2

心療内科は「ニード喚起」で病んだ顧客を増やしている!

悪い心療内科に行ってわかったこと。

彼らはセールスマンが行っているニード喚起(ニーズのあおり)に診療時間を使っているのです。

診療に訪れた人、もしくは私のように救急搬送された人からじっくり話を聞き、病名を付け、それに合った薬💊を処方し、メイン顧客化して診療報酬をあげようとしているのでしょう。

病気を見つけるのではなく、病気の名札を付けてくれるのです。

「試してみろよ、絶対いいぜ」と優しい

もっとみる

ベンゾジアゼピンの離脱症状!向精神薬の「服用」は薬への「服従」!

側頭葉てんかんの疑いとの診断。神経系の発作を抑える目的で服用を開始したリボトリール。これはすぐに効いた。市販かぜ薬くらいの、直径5ミリ程の白い錠剤を1錠、寝る前に飲むだけだ!

素晴らしい薬でした。

これについては本当に感謝しました。実は初めて過呼吸になったのち、ひと月ほどして念のため脳外科病院にいって精密検査をしてもらったのですが、そのときも医師に「まったくきれいな脳。問題ない。薬もな

もっとみる

パニック障害とベンゾジアゼピン系薬物からの離脱

通勤電車に乗ると手足が冷たくなる、車を3分運転するだけでめまい、テレビやパソコンの画面を長時間見ていると呼吸がおかしくなる、人と話していると急激にのどが渇く。そんなパニック障害の治療に使うベンゾジアゼピン系の薬。

 心療内科や精神科の医師が処方してくれるこれらの薬は、めまい、手足のしびれ、不安神経症などの症状に即効性があり、当初は重宝するものであるが、長年の服用で体に耐性ができて効きにくくなり、

もっとみる