罪悪感なんて存在しない。

この世の中に罪悪感なんて存在しないと思います。

罪悪感というのは幼少期に罰を受けた、もしくは罰せられた人を見ていた経験から「罰を受けたくない!」と感じる条件付けの思い込みだと思います。

社会の『常識』から外れてしまった子供を社会に馴染ませるために、大人から罰を受けたことで生じる条件付けこそが罪悪感の正体です。

では、常識とはなんでしょうか?
それは人によって異なりますよね。。

例えば、私た

もっとみる

わたしが受けた虐待の話

こんな1つの記事にぺぺぺ~とかける訳がないので少しずつ吐き出していけたらなあと思っているのだけど。

わたしは両親から身体的、心理的、性的、ネグレクトの環境で育ちました🙂

でもなんていうか、わたしの両親は普段は普通に優しくてよくわからないタイミングでぷつっと切れて暴力を振るう人でした。
毎日、殴られない日はなかったです。

中学2年生のときに、担任の先生が児童相談所に通報して、1時保護所に連れ

もっとみる

国立病院2〜措置入院・患者編〜

目次はこちらに

あの病院のあの病棟、どんな患者さんがいたっけな〜って思い出そうとするまでもなく印象的な人が多すぎた。

他人のことを面白おかしく書くなんてヨーロッパにかぶれた人間にはできないので、ただただ事実を事実として書いていくよ。

1ひどい鬱で妄想の出ているおばさん
2車椅子のおじさん
3ボーダー統合失調症の女子高生
4統合失調症の女の子
5薬の女の人
6統合失調症の女の人
7読書おじいさ

もっとみる

2回目の年金事務所チャレンジ

アラームは8時半だったけど、6時には起きてた。もっというと4時ぐらいにキーボードに手が当たってスリープ解除になったのも覚えてるからほぼ眠れてない。目を瞑って体だけでも休ませる。割と時間が長く感じられて、そろそろアラームかなと思っても8時前だったりして少しだけお得感。眠った時間よりも横になってると自覚できる時間のほうが大事なのかもしれない。

8時半、アラームを解除してのそのそとコンタクトをつける。

もっとみる

双極性障害と無職と不注意優勢発達障害と障害者手帳取得とPMSと睡眠障害と糖尿手前デブと自律神経失調症と摂食障害と借金210万と体力ゼロとリアル友人ゼロとフルタイム就職の見込みゼロを何とかするのが #私の仕事 です

メンヘラな人生を送ってきました。
小3でヒステリー持ちえこひいき教師が担任になれば抜毛症になり、
中学ではいじめられすぎて解離を起こしつつ
『高校になればコイツラと別のもっと上に行ける』
の一念で子供の自主性など目に入りゃしねえ猪突猛進系教育ママにまったく逆らわず勉強に没頭して内申表ほぼオール5を成し遂げて学区1の高校にはいり、
高校ではいじめられなかったものの不注意優勢&衝動性モロ出しで部活の同

もっとみる

自傷する気持ち

うつ病と診断される数年前から、

自分の腕に傷をつけるようになっていた。

いわゆる、リストカット。

ちなみに今は、やっていない。

始まりは、ちょっとした好奇心。

入れ墨のような感覚で、手首を切った。

そのうち、手首を切ることが目的となっていった。

ふわっと流れ出る血を見ると気が済む、安心する。

ほとぼりさめたら、切りたくなる。

いやなことがあったから、とか、

何かの出来事があって

もっとみる

それも含めて魅力じゃない?

わたしは自分の事が好き。
何年か前まで大嫌いだったけど今は好き。
親から愛された記憶がなかったわたしは、ある時から人から愛されることを一旦諦めて自分で愛すことをしようと努力した。

人が褒めてくれた何気ない言葉をノートに書いて、どういう意図でどういう気持ちで言ってくれたのか、それは相手にとって都合がよかったから褒めてくれた言葉ではないか、たしかめて自分のプラスの持ち物(長所)として飲み込んだ。

もっとみる

ふわふわふあん回想録

25番目 「パキシルの離脱症状」

   服薬していたパキシル(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を
   やめると決めた私は、
   診察日にさっそく担当医に相談しました。
   難色を示されるかと思いきや、
   すぐに私の意志を受け入れてくれました。
   そこで注意を受けたのが、
    離脱症状のことでした。
   医師の説明によると、
   主に吐き気やめまい、発汗や震えなどが出やすい

もっとみる

聖母

私の母に対する象徴的なエピソードなのですが

私が幼稚園児だったある日、迷子になったんですね。
で、半日ぐらい迷子になって私も怖くなってきて・・。
やっと母親に出会えて、「おかあさーん」って駆け寄ったら

「パーン」って。

おもくそビンタされたんですね。
「どこ行ってたの、あんたなんかウチの子じゃありません」って。

とにかく怒ってばかりの母なんです。

・私のやることは不満
・私のやることに反

もっとみる

1989男子と女子の世界へ

1989年。

私の家族は団地からマンションに引っ越しました。
仲の良かった女の子ともお別れです。
私は引っ越し最後の日まで泣いていたそうです。

今でも幼馴染のカップルが思春期に恋仲に・・みたいな
ドラマとか見るとうらやましくなります。

さて、新しい町では1年間、幼稚園に入ることになります。
幼稚園では「男子」と「女子」に区別されます。
それは発育や性差といった教育上の配慮だとは思うのですが・

もっとみる