私が生きてこれた4つの理由

子供の頃、一人っ子と言うだけで何も知らない周囲の友人や心無い人は言いました。

「一人っ子、親に甘やかされて、勝手で、自由で、何でも独り占め出来ていいね」

内向的で、地獄のような現実を生きていた私はその言葉に対して子供の頃、何も言えませんでした。

確かに、世の中、一人っ子と言うだけで、甘やかされ親の愛情を独り占めしてきた人もいるかもしれません。でも、私は違いました。一人っ子と言うだけで、親の期

もっとみる
スキ、ありがとうございます^^
2

一人っ子の女の子の無意識の不自由

私の住んでいるところは台風がすっかりいなくなりました。皆様ご無事でしょうか。心配です。

らてですこんにちは。

ふと思い出した「一人っ子の女子の先輩」について今日は書いてみます。

高校生の時、運動部に所属していました。そこには「女子専用部室」と言うものがありました。そこでの会話です。

そこで私が先輩や同期に向かって、「昨日家出したんです」と話したんです。軽い気持ちで。「昨日食べた新発売のアイ

もっとみる
今日は絶対いい日になりますよ保証します
4

おそらにいっちゃった

夫婦でいろんなことを乗り越えて、ようやく生まれてきてくれた息子。2歳半を過ぎてもあんまり言葉が出てこなくて、大丈夫かな?と心配だった。

そんなとき、2人目を妊娠した。本当は2人目じゃない。息子が生まれくるまでに、何度か妊娠はしてる。ただ生まれてこれなかっただけ。

だから、私にとって妊娠は怖い。すぐに病院へ行った。とりあえず胎嚢は確認できた。でも、まだ油断はできない。そのとき医師と話し合った。

もっとみる

新幹線通勤を始めて1ヶ月

9月より静岡から新横浜まで新幹線通勤を始めて1ヶ月。感想は

まあまあ疲れる。

まぁそうでしょうな。

2時間の通勤時間だもんね。

けどやっぱり

静岡っていいなと思うわけです。

まず自然の匂いがあるんですね。

そして程よく都会。

田舎過ぎないのもポイント。

あとは家族と過ごせる楽しさもありますね。

先日、東京駅に行った時は

やっぱり都会の華やかさもいいなと思います。

私は幸いに

もっとみる

34歳、親の介護、一人っ子

この検索ワードで何度Google先生に聞いただろう。一人っ子であるということ、小さい頃から何となく意識していたけど、遠い話に思っていました。私の母はまだ元気ですが、ちょっとした物忘れのやまいと診断されました。2年ほど前から高血圧が始まり、なんか頭がもやもやするよ、と言っていてMRIなどを取りに行ったことがありました。その時、医者は薬を飲むか飲まないかはどちらでもいいと積極的な治療は勧めなかったそう

もっとみる

一人暮らし最大の誤算

一人暮らしをしてみで一番驚いた事。

それは自分がとっても寂しがり屋なこと

わたし自身、実家にいた頃は

一人旅とか、一人飯、一人映画、

一人〇〇と呼ばれるものは割といけるほう

だったので、一人暮らしも平気だと思って

ました。

でも、寂しすぎて、引っ越し前日から

涙腺崩壊でした、

もう毎日実家て寝起きすることはないのか

とか、

朝起きても、おはようって言う人がいなくて

今日は暑

もっとみる

そもそも一人暮らしをした理由②

そして、単純な自立願望です。

経済的自立と心理的自立の両方ですね、

経済的自立は

恥ずかしながらこれまで自宅には月々1万

ほどしか、家にお金を入れて

おりませんでした、

手取りのほとんどを自分のお小遣いとして

利用し、衣食住の、食と住は

完全に経済的には寄生して生活してたわけです。

お陰で貯金は出来ましたが、金銭感覚が

ズレていたような気がしました。

このままでは一人で生きて

もっとみる

「可哀想」と言う言葉はずっと残る。

先日、すごく昔の夢を見た。

祖母やその周辺のおばさまによく言われた「貴女は一人っ子で可哀そうだね」と言われる夢。夢と言うか、記憶だな。

私は一人っ子で、従姉妹(従兄弟)たちは3人、4人の兄弟姉妹がいた。幸い、家の近所に親戚が沢山住んでいたので小学生くらいまでは従姉妹(従兄弟)達と旅行に行ったり、遊びに行ったり、誕生日会をしたり、色々な経験をさせてもらった。だからなのか沢山の子どもと大人に囲まれ

もっとみる

【Check】だから、だから、だから

【Check】

長男だから
1番下の子だから
女の子だから
男の子だから
若い時の子だから
歳をとってからの子だから
やっと出来た子だから

だからワガママ
だから甘えてる
だからだからだから

他人は何か理由を付けて
言いたいだけ。

気にしない気にしない

☆彡---★---★---★---☆彡

そう、この〇〇だから
わがまま・甘えてる
という無責任な言葉。

全員に当てはまりますので

もっとみる

第8回。ひとりっ子親あるある!

ひとりっ子の方々から「うんうん、わかる!」と、とても共感していただいており嬉しい限りです。

この“ひとりっ子談義”は
ひとりっ子である“あむろ”と、ひとりっ子親の“みうら”が、
ひとりっ子とひとりっ子を持つ親御さんの実情を独自の視点で語り合っていきます。

ひとりっ子あるあるやひとりっ子を持つ親御さんならではの悩みや問題の解決のきっかけになればと思います。

そして、知られざるひとりっ子について

もっとみる
嬉しいです✨ありがとうございます✨
3