一般

やりたいことと資本主義

10代の頃、やりたいことに正直に生きてきた。やりたいことに正直過ぎて、社会の常識と折り合いがつけられず、一般的なレールから外れた。

レールから外れ、レールの上をそこそこ満足そうに生きるたちから軽蔑の眼差しを向けられても、なおやりたいことを大切にした。

いわゆる、バンドマンとしての道を歩んで来た。

けれど、やりたいことのためにやらなければならないことについて、20代の私はあまりよくやらなかった

もっとみる

普通と基本と、その MOYA MOYA とその先の菓子のレシピを上げる理由。



大人 になって も

馴染めないのは私だけかな?

突き詰めたくなる。

そこには

“”理解したい“”があるんだ。

それは

【強制の枠組みでの普通】を理解したいわけではなくって。

【その答えを導きだしたその“人”としての普通】を、聞いてみたいし

感じてみたい。

けれど

あまり、そんな人や、【普通】【基本】に出会ったことがない。

子供のころから
そのMOYA MOYAは

自分

もっとみる

5月なのに

今日はまだ5月26日。それなのに。

なんと北海道帯広で38.7度。東京都心でも30度超え。こりゃまたすごいねー

そんな中、今日は日本でポケモンGO、レイドバトル・デイが開催されました。色違いのラプラスが出るということで、僕の家の周りでもたくさんのポケモントレーナーたちが、レイドバトルに勤しんでいました。もちろん僕もw

詳しくはこちらで。

さて、この暑さ、明日でいったん落ち着く予報ですが、ま

もっとみる

東京オリンピック2020のチケット

来年7月に開幕する、東京オリンピック2020、そのチケット申し込みの締切があと5日を切りました。今日はその記事をピックアップ。

正直、そのスケジュールで予定が組めるかもわからないけど、もうこの先、こんな大きなイベントを自国で出くわすことがないと思い、申し込むだけ申し込んでみました。

僕が申し込んだのは、横浜スタジアム開催の野球の試合を数試合ほど。さて、当たるかな?当たらないかな?

ちなみにサ

もっとみる

note、はじめました。

noteのアカウントをつくってみた。

きっかけは深津さんのこのツイートから。

「noteで書くボタン」が実装されたとのことなので、メディア記事の自分の備忘録として使えないか、試してみようと思います。

日経さんの時事ネタ以外にも、Full-countさんにも実装されたら、野球一般ネタ(巨人以外)はnoteへシフトしても良いかも。

なお、メインのブログは当面はこちらです :-)

ちなみに、一

もっとみる

【完全即興作品】はヤバイ

(動画を拝借します。)

【ダンスの作品】と呼ばれるものは

先の記事で書いた通り

①あらかじめカッチリ作品と仕上げるモノ         と

一切事前に作り込むことなくすべて即興によりLive進行する

②完全即興で「生の作品」として仕上げるモノ       と

大きく分けて2つある。

一般のお客さんが目にするのは、ほとんどが①の

事前にカッチリ作品として作られたモノで

②の完全即興

もっとみる

【絶対崇拝ハラスメント】

--------------------------------------------------------------------------------------

※この記事についての考察となります※

--------------------------------------------------------------------------------------

(動画を

もっとみる

Fake Religious  3

「限定された場所」で

「権力が集中化」した時

 そこは ”宗教” になる。

 それは、ダンスの世界でも

 まったく同じ

(動画を拝借します。)

ダンスの世界は「村社会」である。

それぞれの、ダンスの「ジャンル」においての村単位があり

その中でも派閥・流派によってまた「村」が存在する。

「村」という単位においては

一般常識とはおよそかけ離れた独自ルールが平気で横行する。

ダンス

もっとみる

紫式部

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に
雲がくれにし 夜半の月かな

◆百人一首歌番号57番
 決まり字1字
 上の句    め
 下の句    く
『新古今和歌集』

(生没年不詳 諸説あり 平安時代)

◆『源氏物語』一目でわかるかんたんあらすじみどころ一覧◆
https://note.mu/yistudio/m/m2c79a1003aeb
お陰様でざっくり作品内容のわかるページができあがり

もっとみる

*超大作*  執筆あとがき

数学とは「未来への哲学」である。

過去に執拗なストーキングと凄まじい誹謗中傷に遭った自分は

その時にいわゆる「精神論の哲学書」を一切読まなかった。

なぜか?

「他者の気持ち派生の言動によって自分がクラッシュしたのに

 人間の精神を他人の言葉で説く哲学が自分に響くわけがない」

と思ったから。

本当に他者によって人生を狂わされた人間にしか絶対にわからない

人間不信の極限の境地である。

もっとみる