世襲

神戸方式の人事異動と前職で受けた被害に関連すること

前回執筆した #神戸激辛カレーいじめ事件 の裏には、

主犯格の女性教諭が前校長のお気に入りという理由で赴任されたという説がある。

それに加えて、各教員の要望に応えて上手く人事異動できた事例もある。

このような人事異動案を通称 #神戸方式 と呼ばれるものであり、 #雇い止め された前職でも #地方公共団体  の #外郭団体 でありながら、私もそういった被害を受けたことがあった。

ーーーーーー

もっとみる
励みになります!
4

「星野佳路と考える ファミリービジネスマネジメント」を読んで

言わずと知れた「星野リゾート」代表、星野佳路さん。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の記念すべき第1回目放送の人物で、リゾート、旅館、ホテルの再生請負人として今や大注目を集めていますよね。

この本は星野さんが考えるファミリービジネス(同族経営)の、特に継承について書かれた本です。

国内の全企業数の99.7%が中小企業と言われ、その5割以上が同族内で事業承継を行っているといいます。今回は

もっとみる
読んでいただいて、ありがとうございます!これからも楽しんで投稿します!
9

自衛は世襲で引き継がれる

以降、妄想です。

庶民が潰えても、兵が生き残れば国が成り立つ。先端技術が潰えても、一組のつがいの兵が生き残れば、国は滅びない。

ほどんどの国で、女性防衛官を増やしています。上記の事が目的でないにしろ、結果的に国を形成するのは、兵なのかもしれません。
一般人の防衛意識が薄れる中、防衛に携わる人々の意識は高まっていきます。「自分たちが守らねば、誰が守る」と。
その子供たちも、両親の影響を受けて育ち

もっとみる
ありがとうございます! 好きな人と出会えますように!

久しぶりに文章を書いてみる、

(この部分の文章が全てネットの渦に消えた・・・復元不可なので、今後モチベが上がれば補いたいと思う。初回からこれだと、何かの呪いなのかもしれないが・・・)

そろそろ、飽きたので終わろうと思う。続きもクダラナイ駄文が大好物だというライクがござれば、多少のモチベにはつながるかもしれないし、書いてやってもいいかな程度には自負心を傾けられるものの、特に需要はないと現時点で予言はできるので、予言が的中した暁

もっとみる
15

個人的に選んだ黒髪前髪ぱっつん打線

シシドカフカ

秋元梢

栗山千明

かしゆか

小松菜奈

山口小夜子

三戸なつめ

クレラップ

昭和

浜田ばみゅばみゅ

もっとみる

安倍ちゃん。

【血統】

戦後昭和平成の政界に産み落とされたシンゾウのストーリー。

写真は1957年に首相になった岸信介がシンゾウを抱いているところ。

1954年、中国とアメリカが朝鮮戦争を終えたばかりの頃、日本の経済は伸び始めた。毎日新聞の政治記者・安倍晋太郎の家に男の子が生まれた。

名前はシンゾウ。

彼が3歳の時、彼のおじいさん、第二次世界大戦の戦犯指定された岸信介が首相になった。4歳の時、彼の

もっとみる