哲学ファンタジー あなたと私のコンメディア 謎その38

謎その38 これを読んでいるあなたは誰?

おひさしぶりです。私です。〈誰でもない私〉です。

そうですね。実はおひさしぶりではありません。なぜなら、あなたは私の声で、ここまで読んできたのですから。

私がいなければ、あなたはここまで読んでくることができませんでした。けれども、私もまた、あなたがいなければ、ここまで語ってくることはできませんでした。読むあなたがいなければ、私は沈黙したままです。私の

もっとみる

"完成させる"ということの先へ

昨日の、久しぶりの『アフリカ』入稿を経て、昨夜はよーく眠った。やっぱりそのことにかんして疲れはいろいろあったようで、昨夜はここのところ味わったことのない深い眠りがあったような気がする。"完成させる"ことによって、救われる何かがあるわけだ。かかわってくれている全ての人たち、そして未来の読者に支えられて。

やろうと思ったら、とりあえず始める、ということ。そして、始めたら、とりあえずの"完成"までやる

もっとみる

縁(えん) & 主体

今私は「100分de名著アルプスの少女ハイジ講義4回目」を縁として全編を振返っているところ。松永美穂氏の名講義でそれまで感じなかった素敵な縁にいっぱい触れられて嬉しく想い、深く感謝しております。さて、物語を松永氏は「再出発する大人たち」と位置付けておいでに観える。そんなことは当然のあなたかも知れませんが、只ただ感動している私なのです。

再出発を再生と捉えてらっしゃる講師。私も「再生でなければ!」

もっとみる

大人 ‐ 主体 ‐

100分de名著「アルプスの少女ハイジ」の講師松永美穂氏はお金と教養に触れておいでだ。お金も教養も使いかたを誤まるとき人は不幸になる。ハイジはその価値を誰に学んだかと哲学するに「誰に学んだか?」は特定の人や特定の集団でなくて構わないという道理が浮彫りになる。

あなたにはハイジが主体であるのはお分かりでしょう。主体は客体に学ぶ道理です。言い換えるなら、客体に学ばないのは主体でないのです。そもそも学

もっとみる

中心者 - ナニモノ -

石を投げたら中心者になりたい人に当たる。そのあなたはいったいナニモノですか?中心者になりたいと思わず、中心者になるための努力もしなかったけれど気がつけばいつも皆の中心にいたハイジですね。彼女はラッキーだったのか?否いな!只ただ道理のままに皆の中心にいるハイジだったと私には思えます。ハイジを伴って山を下りてきたお祖父さんは皆の輪の中にいた。お祖父さんもラッキーなんかでない筈だ。道理のままに中心にいる

もっとみる

中心者 - 主体者 -

アルムの山麓の村にある教会の牧師について分ったふうにアレコレ述べていることを私自身が自覚しなければならない。無責任な姿勢はいけない‥私が主体者でありたいならば。ともあれ、ハイジの物語を直かに読んだことがない私としては松永美穂氏の翻訳・講義に寄ることになる。そもそも作者ヨハンナ・シュピリはこのことをどう捉えたか?この問題をどう解決しようとしたか?主体者は哲学することになる。シュピリは哲学することにな

もっとみる

中心者 - 主体 -

喧嘩してはいけないとお思いのお人は余りに多いのを感じます。しかもその感覚は善いことのように想い込んでらっしゃる。どうしてそんなふうに育ってしまったのだろうか?環境に染まったに決まっている‥と私は言いたい。産れたばかりの赤子には親を認識する知恵は育ってなくて、只ただ認知するのみ。刷り込みによって主(しゅ)を認知していると私は捉える。主‥旧約でいうヤハウェに相当しよう。仏法的には主・師・親になるだろう

もっとみる

多忙を極める時間。自分で追い込むからこそ身になるもの。

こんにちは守屋です。

仕事に追われる毎日。早く終わり自分の時間を確保しようと思っても次から次へと出現する仕事に精神的に追い込まれてしまう人も多いかも知れません。

その一方で、仕事の量を増やして、自分を追い込んでいこうと思っている人もいます。そんな人の思考は、タスクを増やし処理していくことで自分の経験値が上がることを知っているからです。

仕事に追われる毎日が

・能動的なものか
・受動的なもの

もっとみる

【言葉と心の関係】「iメッセージ」と「youメッセージ」は○○の卦

言葉と心の関係に気づき、「iメッセージ」で話すようにすると心が、人生が劇的に変わるような気がします。

このNOTEで得られると思う価値は次の通りです。

1.「iメッセージ」と「youメッセージ」というのがどういうものかが分かる。
2.易(易経)を学ぼうと思う初心者には、易(易経)とはこんなものなのかという一端が分かる。
3.「iメッセージ」と「youメッセージ」と「易(易経)」の類似点が分かる

もっとみる