あれ?この職場で、私、いらなくない?

介護施設で利用者さんの異常を発見した時、どういう流れで対応するのでしょうか?

以前の職場では、看護職員に報告がきます。看護師が状態を見て対応を検討し対応、上司に報告をします。
受診が必要だと考えられるときは、上司に報告して許可を得てから家族に連絡して受診。といった流れになってました。

もっとみる

「施設介護は可哀想」と思う家族にこそ、施設入所を勧めたい:その2[PSWの福祉コラム]

※前日投稿の「その1」の続きの記事となります。その1が「ケース紹介」、その2が「ケーススタディ」です。まだお読みで無い場合はその1からぜひ読んでみてくださいね!

「要介護」取れず。祖母に足りなかったもの

祖母のケースで要介護が取れなかった理由。それは、「現状が正しく介護認定員に伝わらなかった」事にあります。

このケースの場合、介護認定員には「祖母の普段の様子」は「家族から口頭で」しか伝わって

もっとみる

「施設介護は可哀想」と思う家族にこそ、施設入所を勧めたい:その1[PSWの福祉コラム]

想定しているのは最悪の事態

初めに前置きをしておきます。このコラムは、『是非みんな施設入所しようよ!』と誘うものではありません。在宅介護は大変だけど、大切な家族と最後まで過ごせる良さがあります。

しかし、在宅介護に追われて介護者が余裕を無くし、被介護者に危害を加えてしまう…そう言った話もよく聞かれるではありませんか。

「施設=家を追い出される」と言う図式の高齢者は、私が支援している中でも結構

もっとみる

死生観について

わたしは一人っ子。
ボンクラの父はずいぶん昔に他界し、
母は末期の大腸癌を患い、
県外で一人で闘っている。
先の見えた人生に、
痛みを訴えることなく、
只々、決められた余生を静かに過ごしている。
そんな背中に十分に寄り添えることができず、
色々考えるそんな日を過ごしている。

今日の仕事の訪問先は、
70歳で脳梗塞を発症し右麻痺。
精力的に毎日リハビリをしているAさん男性。
前立腺肥大より尿閉を起

もっとみる

施設の当たり前を変えてきた素人〜飛鳥晴山苑佐長施設長インタビュー〜

■目次/ 飛鳥晴山苑 佐長施設長インタビュー(約3,000字/読了まで3~5分)
1. 物書きから介護施設長へ
2. 介護の素人だからこそできた変革
3. 責任は取るので、良いと思ったことをやってほしい
4. 長い目線で利用者に「寄り添い続ける」環境を作る
〜 編集後記 〜

★飛鳥晴山苑の体験申し込みはこちらから★

□物書きから介護施設長へ

・(編集部) 今日は簡単なインタビューをできればと

もっとみる

欲しい介護を選んでいる?

初めまして、これが最初の投稿です。株式会社みーつけあの代表洞です。

皆さんに最初お聞きしたい事がありますすが、介護ってどれくらい詳しいでしょうか?

起業する前

実際自分が3年前にこの業界に入る時何も分かりませんでした。特に介護って言っても介護保険だったり介護施設だったり介護なんたらって言ってすごい複雑な構造になっているのは最初からわかりました。

その中でも日本社会における一つの大問題となっ

もっとみる

介護に無関心だった女子高生が、「スケッター」として介護施設に通い続ける理由

現在、登録スケッターの中で最もアクティブに活動しているのが高校1年生の小宮さんだ。

「もともと介護に関心があったわけではない」という小宮さんが、なぜスケッター活動に没頭するようになったのか。その理由を聞いた。

--------------------------------------------------------------------------------------
【スケッター

もっとみる

一般企業にも中々ない学びの環境がある駒場苑

過去に投稿した「駒場苑の人事制度・働く環境」について、アップデート版(2019年10月更新)をご紹介します。

まず過去にご紹介した駒場苑の制度/環境面で特徴的なのは、7つです!偶然ですが、これも7つありました笑

1.未経験からの採用がすでに実績あり

→なので、どうしてもハードルが高く見られてしまうのですが、経験が少ない方も歓迎しています。

2.有期での社員採用

→後述していますが、入られ

もっとみる

🌸福祉住環境2級試験対策!施設編🌸

今回は第1問、第4問に必ず出題される高齢者施設についてまとめました。

福祉住環境コーディネーター2級の試験問題で苦手な方が多いと思います。

もちろん、私もその1人。

『本を見ても文章で書いてあるから覚えるのが大変…』

『まず、何を覚えればいいの!?』

という感じでした。

でも、過去問を見てみるとあることに気づきました

あれ!?問題になってるところがほぼ同じやん!!!

一見難しそうに

もっとみる

育児と介護のダブルケア から考える

国勢調査によると1980年代後半から未婚率が上昇傾向になっていて 2000年で未婚率は 男68.2% 女55.5% だそうです。結婚していない人のほうが多くなっています。子育てに対する負担の増大・経済的不安定の増大が結婚・出産に対する考え方を変化させていたり ひとつハードルを越えても 仕事と子育ての両立できる環境の整備不良が際立ち 男性の育児不参加も取り上げられています。子育ては贅沢なことになって

もっとみる