他責

偽善、自己満、被害者意識と名付けた他力本願のすべて。

「あの日みたいに思いつめて欲しくないなって」

 (偽善ね。ここでは無関係な話だけど、あなたがわたしを気遣う優しさは中途半端なの。でもそれ以上を求めているわけではないから何も言わないわ、ただあなたは他と変わらない人間だったのね)

「ユリ、頑張って話しかけたって言ってたよ。でも彼女とはどうも噛み合わないって...」

(あなたたちは本人の目の前で本人不在のまま話をすることがよくあるみたいだけど、そ

もっとみる

メンタルの強さとは「我慢強さ」ではなくて

農産物の輸入の仕事をしています荒川防火水槽研究会と申します。

 #メンタル の強さが必要なのは、逃げられない状況で結果を出さなければならない時です。

 先日、我々が結果を出さなければならない状況で、本社の官僚主義によってどうにもならない状況に遭遇しました。部署のメンバーが(同じく被害者である)私にも当たり散らしていい迷惑を被りましたが、メンタルの強さがないと #他責 的になって周りに害悪を撒き

もっとみる

【自分を見失うな👊】

【幸せ共感人】【世界を変える男】ひらさん

00:00 | 00:30

自分を大切にしよう。
自分の目標、目的、夢に生きよう。
誰でもないかけがえのない
自分を堪能し使い切ろう。
あなたは素晴らしい。

自責と他責のあいだ

何かうまくいかないことがあった時、自責にするのか他責にするのかのバランスはすごく難しいものだと思う。自責をし過ぎてしまったら、ウツになってしまうし、他責を繰り返していれば、自分は全然成長しなく、結局は自分の首をしめることとなる。

今までにも、自責をし過ぎて、目の前のことをフラットに見ることができなかくなってしまって自爆みたいな状況になってしまって、回復にとても時間がかかったりすることもあった。

もっとみる

誰かが決めてくれたら楽なのに、ということ

「何食べたい?」「なんでもいいよ任せる、決めてくればいいよ」
「あなたはこの企画でどんな未来を作りたい?」「どんな未来なのかはイメージないけど企画を決めてもらえればいいです」

「●●さんが決めてくれないから、これができない」
「わからないので、決めてください」
「権限がないので、決められません」

なんだか、こういうことが昨今とても多い印象です。
誰かが決めてくれたらとてもラクですよね、思考停止

もっとみる

「圧倒的な当事者意識」って承認欲求が強い人をいいようにコキ使うためのキャッチじゃないだろうか。

雇われの身で100%に近い当事者意識を持ち、ものごとに取り組むことは不可能ではないだろうか。
それができている人は与えられたものに対してあまり深く考えていないか、雇い主や上司に気に入られたい(承認欲求が強い)かのどちらかではないだろうか。
当事者意識を持たないと主観的になるが、持ちすぎても主観的になってしまう。他責と自責の引っ張り合い構造になる。一番大事なのは客観的にものごとをとらえ、ただ愚直に、

もっとみる

何でもかんでも人のせいにする人たち No.255

あなたは普段から何が起きても自分の責任だと考える自責の行動が出来ていますか?

私たちの周りには普段の行動をするうえですべて他人のせいにする他責の方が非常に多いと思います。
と言いながら私も数年前までは完全に他責の人でした。言葉として自責他責という言葉を知っていて、自責でないといけないのはわかっていても、経営がうまくいかないのは不景気という環境のせいにしたり、経営者としての思いが伝わらないのも相手

もっとみる

あなたの事業に情熱はあるか。

べンチャーキャピタリストをやっていると、業界を知らない人から「華やかそうで楽しそうな業界ですね」と言われることがある。

それはそうだろうと思う。この業界では”日々何億円のファンド設立した”とか、”あのスタートアップが数十億円調達した”などの大型調達ニュースは枚挙にいとまがない。

しかしシリコンバレーで起業家を養成するYコンビネーターのポール・グレアムによると、Yコンの卒業生でさえも、”事業が失

もっとみる

私、告げ口を受けるのは、あまり好きじゃないです。
気持ちはわかりますよ。
しかし、どんなに仕事ができる人であっても、「あ、この人は、この問題をじぶんごととして考えていないな」と、他責思考を感じ取ってしまいます。評価を下げざるを得ません。

前が見えないモヤモヤの中で。

あれから
10ヶ月が過ぎました。

未だ、私は、
落ち続けています。
今が底なのか、
落ちている途中なのか、
分かりません。

アドラー心理学で
心の状態はブランコのようなもの
と学び、マイナスの時に頑張り
過ぎると心が病むから、
無理しなくていいと知り、
前に進めない
(進もうとしていない?)
ソコに甘えているのでは
自分は、と感じたり。

7つの習慣で、
インサイド・アウトが
できていな

もっとみる