低血糖

活力生む朝ご飯のすすめ ひと工夫で豪華に

#COMEMO #NIKKEI

(以下一部転載)
忙しいとつい抜きがちな朝ご飯。昼や夕食に比べて軽視されやすいが、朝食は一日のリズムをつくって仕事の能率を高めたり、食べる時間を利用して知見を広げたりするのにも役立つ。朝食を制するものはビジネスを制する――。効率よく作る工夫や朝食の時間を充実させるワザを探った。…

朝食を作るメリットは多い。まずはしっかり栄養をとれることだ。ビジネスパーソンにとっ

もっとみる

昼食後の眠気を軽減させる食べ物

森永のラムネと
ブラックコーヒーがあれば
昼食後の眠気をある程度抑えられています。

低血糖症(だと思う)で食べ物を食べると
そのあと眠くなる習性で困ってました。

眠気を抑えるために
ブドウ糖が必要で
ブドウ糖90%入った
森永のラムネが
低血糖症にはいいらしいので
最近食べ始めました。

https://www.dm-town.com/life/how01.html?link_id=sd12

もっとみる

まだまだ続く離脱症状

実はメンタルクリニックが変わった1日から、まともにご飯を食べていない。
食欲が無く、あっても一口、二口食べると満足し、あとは手足の脱力感、頭がふわふわし、酷い耳鳴りに悩まされている。

昨日の夜に、症状がピークになり、夫に八つ当たりしまくった挙句、夜中に叩き起こして「離婚したい」と連呼した。
夫は色々言っていたが、言葉が頭に入って来ず、取り敢えずサンドイッチを作ってくれた。

先に眠った夫だったが

もっとみる

低血糖の検査でドタバタ

2ヶ月くらい前に
食事を しないで外出していたら
強烈なめまい 吐き気、嘔吐、怠さ、呼吸困難で
立ち上がれなくなりました

お腹が空くと 怠くなり 呼吸困難、貧血症状が
普通におきていましたが、
今回のそれは 症状が酷く、数時間回復しませんでした
流石に 食いしん坊では すまないと
検査する事になりましたが
症状が出ず いろいろたらい回しにされ
今日に至り 紹介された病院へ。

まず真っ先に 疑わ

もっとみる

糖尿病治療と低血糖

今回は糖尿病の治療をしていくうえで、避けては通れない低血糖について解説していきます。

どんな時に起こりやすいか

まずはどんな時に低血糖が起こりやすいかを見ていきましょう。

・治療薬を変更したとき
内服薬を開始した時、追加してとき、あるいはインスリンを開始したとき。
このような時には、想定よりも治療薬の効果があったり、薬の追加などをきっかけに、生活習慣を大きく変わったときに低血糖になってしまう

もっとみる

ぼくはぶどうジュースがのみたい

このところ夜中に寝ぼけて大声を出す夜驚症らしき症状が見られていた息子。2才のイヤイヤ期真っ盛りで泣けばなんとかなる・大きな声を出せばなんとかしてもらえると思う気持ちと親のそれは勘弁して欲しい気持ちがぶつかっている。

保育園では赤ちゃんの時からのお友達とはクラスが離れたり転園してしまったり、やっと慣れたと思ったら担任の先生が変わったりと変化が激しい…
縦割り保育のため今年は乳児クラスの一番上でちょ

もっとみる

運転と低血糖

糖尿病治療では、低血糖をできる限り起こさないことが重要です。特に、運転中の低血糖は重大事故につながりうるため絶対に避ける必要があります。

このため、

☑運転前に血糖測定をする(インスリン治療中の方)
☑空腹時、運動後の運転を避ける
☑ブドウ糖を常備する
☑長時間運転なら途中休憩し、再度血糖測定する

などの対策をしましょう。

そして、もしも運転中に低血糖をおこしてしまったら、すぐに対処しまし

もっとみる

低血糖になったら?

1. 基本編

とにかく、ブドウ糖を摂取しましょう。1回の目安はブドウ糖10-20gです。安静を保ち、症状の消失や血糖測定で改善したか確認します。

このため、ブドウ糖は常に携帯しましょう。ない場合は、砂糖を含むものでもよいですが、砂糖をブドウ糖に分解する時間があるので、ブドウ糖の方が早く血糖値が回復します。

ブドウ糖には粉末、タブレット、ゼリータイプなどがあります。薬局や通販で購入可能です。

もっとみる

糖尿病治療に関連した重症低血糖の調査委員会調査報告

1. はじめに 

※やや医療関係者向け

 糖尿病薬物治療が課題として、高齢糖尿病患者の増加と重症(または無自覚)低血糖があります。特に、重症低血糖は大血管障害や認知症発症のリスク因子の可能性が示唆されています(1-3)。
そこで、日本糖尿病学会はは 2013 年 5 月に、糖尿病治療に関連する重症低血糖の実態調査の実施を決定し、日本における低血糖の実態調査を行い、その結果が2017年5月の糖尿

もっとみる

低血糖って自覚できるの?

1. 低血糖の症状

一般的に、低血糖の症状は血糖値の低さの程度に応じて進行します。

①血糖値70mg/dl以下 カテコラミンが上昇し交感神経刺激症状
②血糖値50mg/dl程度 脳の代謝が低下し、中枢神経症状が現れます
③さらに低下     意識障害をおこし、生命に危険な状態になります

 低血糖の症状が出現するしくみですが、血糖値80mg/dl程度でインスリン分泌が抑制され、70mg/dlを

もっとみる