勘がいいのも…

勘がいいと 無駄なものに気づいてしまう。
知らなくていいものを知ってしまう。

っと思ってたけど…

これは
『それは嫌なことだから それから離れろ』
ってお知らせなのかなとも思えてきた。

実際、いいことにも勘は働くけど
嫌なことにも働く(笑)
いい事は
『勘が良くてラッキー』となるのに
悪い事には
この勘に感謝してなかったなぁ。

なぜ嫌な事に勘が働くのかと考えたら
『手放し』の合図なのかも

もっとみる

変な子

従妹に「わたしちいさいおじさんが見えるんだ」という子がいた。年齢も離れているし、お姉さんぶらないといけなかったので「不思議でかわいい子だね。でもおそとでそういうことをいうと変な子だと思わちゃうよ」という感情で蓋をしていたように思う。

最近になって、自分もちいさいおじさんが見える類の人間なんだなと合点がいくことが多くなってきた。

「見えた」というとまわりの大人が嫌な顔をするので見えなかったことに

もっとみる

とりあえずユロエン売り❗

船勘

先日、内地から若い3人組がご来店くださって。

何やら言葉を拾っていくと…

内地の大学3年生たちが、ゼミの課題で
沖縄のコーヒー事情について、
取材に来ていたようで。

何かを創作したり、取材や調査をする際に、

「下調べは重要」

だったりするわけですが。

特に学問やジャーナリズムな世界では、

「必ず一次情報に触れなさい」

なんてことが言われるわけですよ。

文献であれば「原本」とか「初

もっとみる

未来が見えることができたとして?

大してかわらないと思います。(挨拶)

予知夢や霊感、占いなどで、仮に未来が、百発百中わかったとして、どうなりますかね?

例えば、明日は雨が降るから始まり、どこで犯罪が発生するとか、海外で飛行機が墜落するとかわかったとします。

天気がわかれば、傘を持っていけますけど、身近な事件や事故以外だと、対処のしようがないように思えます。

そんなことないと言われてそうですけど、例えば、何月何日に飛行機が

もっとみる

なんだかんだ言っても最後は勘!

過去に「プロジェクト管理とはこうあるべき!」のようなことを書いてきたのですが、ちょっと毛色の違うことを言います。どんなに完璧にプロジェクトを管理したとしても「最後は勘」です。

なぜかというと、どんなに完璧にやったつもりでも、人間のやることなので、どこかに抜け漏れがあります。その抜け漏れをどう探すか?で最終品質は変わってきます。

そこで最後に頼れるのが「勘」です。「勘なんて論理性がない」と言われ

もっとみる

直感のはなし

なんとなく嫌だ とか なんとなくって私の中であって、でもそのなんとなくを大事にしてる

なんとなくとは直感で感じたこと

性格はいい人なんだけど、なんとなく苦手な人とか
なんとなくこの場所は居心地が悪いとか
そうゆう自分の本音を聞いてあげる

合わない人とは離れていいと思うし
行きたくない場所には行かなくてもいいと思う

皆にもそうゆう第六感というか、勘みたいなのはたまにあると思う
一朝出かける前

もっとみる

身体知、暗黙知など、言葉や文字では説明できない「肌で感じる」感覚の事を目や耳にする機会があります。私は若い頃から自分のカンがけっこう当たるのでそれを頼りにしていている話、そして、状況的にカンを無視してしまい、娘の病院選びを失敗してしまった経験をお話ししました。
ツイッター
https://twitter.com/nappamommy
ブログ
https://nappainterior.hatena

もっとみる

【直観力を鍛えるためには?】

直感力とは、「カン」のことです。
 
 
 
南アフリカのダイヤモンドを
掘る人達の話です。
 
 
 
採掘される99.999%は、
土砂で使い物にならないとのことです。
 
 
 
残りの0.001%に
ダイヤモンドが含まれています。
 
 
 
そのような確率なので、
大変な仕事ですよね。
 
 
 
雇われている人達は、
報酬の為にやっていると思われがちですが、
実はそうではないのです。

もっとみる

占いを信じる人と信じない人

占いを信じる人と、信じない人には、それぞれ特徴があります。
信じる、信じないは個人の自由ですからどちらでもいいのですが、それぞれ特徴があるという事です。

占いというのは、無形のエネルギーの動きを読み取る事です。
無形のエネルギーが有形のエネルギーに変化することは、もはや物理学の常識です。宇宙物理学は、まさにそういうことを研究しているのです。

占いを信じない人の口癖があります。
「そんなことはあ

もっとみる