卵巣腫瘍

健康第一

四年前かな。
初めての入院、手術を経験した。
高熱が続き、歩けなくなって救急車で運ばれた。
歩けなくなった原因は、高熱のあまり、両膝に炎症を起こし水が貯まったらしい。
膝の水って抜いた事ある?
めっちゃ痛いの!!
そして、あまりにも高熱続きだったので急遽入院。
全て検査したのに、原因不明…。
「不明熱」と診断。

CT検査した時、熱とは関係ない所の病気が見つかり、入院中、婦人科へ呼ばれた。
また詳

もっとみる

卵巣嚢腫(卵巣腫瘍)について

まずはじめに。

こちらにたどり着き、ご覧いただいている方の中には卵巣嚢腫(卵巣腫瘍)と診断され不安に思っていたり、手術を控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も振り返ると3年前、まさにそうでした。

そこで、医療関係者の医学的視点ではなく、私も僅かながら誰かの役に立ち、参考程度にでもなればと実体験を通して診断から手術、そして術後までを通して感じたことを書こうと思いました。

ピノコを手術する

2019年6月に、左卵巣に腫瘍がみつかりました。

同年7月に詳しく検査したところ、10センチ程度の「奇形種」であることがわかりました。

放っておくと破裂やねじれの危険性があるので、摘出手術をすることになりました。

手術日は、9月27日。

卵巣を摘出します。

手術に向けて感じていること考えていることなどを、このnoteに綴っていきます。

女性のゆらぎと仕事のカンケイ(ライチ編)

こういう話題はほんっとうに、個人差が大きいんですよね。
マンゴーさんのような、ホルモンバランスの嵐もよくわからず…。
なので、私の話が誰かの参考になるとも思えないとはいえ、ひとつのケースとして。

40代後半、もともと生理痛もさほどなく、PMSも気分の上げ下げが多少あるなー程度。
からだと穏健に付き合ってきた方だと思っておりました。
ところが、そんな私でも女性の器官が存在を主張することがあるんです

もっとみる
5人目の完熟4では!?
9

わたしがハタチで手術した理由

はじめまして。

私は、ハタチで「漿液性卵巣嚢腫」という病気になりました。

この病気は、自覚症状がないまま、卵巣にできた水ぶくれがどんどん大きくなっていき、直径8センチを超えると、卵巣ごと捻れて卵巣壊死の可能性がでてくるものです。

これから、体験記を書いていきますが、

まず伝えたいのは

大丈夫じゃないよ。ってこと。

本人も、周りの人も。

たくさん怖い思いする。だから、怖い思いをちゃんと

もっとみる

婦人科に入院手術した話⑩ 術後2〜3日

毎週楽しみにしているパリコレ学(林先生の初耳学)が、アンテナの調子が悪くて見れなかった!シンゴジラはセーフ((⊂(∩`・ω・´∩)⊃))

12/16日曜(入院4日目/術後2日目) 暇を持て余す

このあたりから、夜はあまりしっかり眠れなくなりました(12/26の現在も)。
そして、患部自体の痛みより、背中や肩の方が痛くて、ご飯の時に起き上がるのに四苦八苦、死にものぐるいです。
720 ナースチェ

もっとみる

婦人科に入院手術した話⑨ 入院3日目/術後翌日

点滴ぶすっの写真

12/15 歩行訓練とお昼からご飯再開の日

630 採血 アクエリアス飲んでいいとのことだったのでごくごく、久々に喉が潤った感じ!!でも、飲む力が弱い、これだけでも疲れちゃいました。バイタル?の計器はまだついています。
6:50 腰よりも肩が痛い、これは肩こりなのか。寝返りなんて全く無理で、ずーーっとあおむけです。
朝ごはんが無いのでまたうとうと。
900 朝の回診、腹腔鏡手

もっとみる