「神山プロジェクト」×RELATIONのお話

昨日は徳島県神山町で祁答院さんのお話を聞く機会がありました。

祁答院 弘智(けどういん ひろとも)
株式会社リレイション代表/認定NPO法人グリーンバレー理事/INACA代表

1971年徳島市生まれ。大学卒業後、不動産コンサルタント会社を経て、
2008年、NPO事業や地域活動の企画・プロデュース会社「リレイション」設立。 地域の担い手育成事業「神山塾」(徳島県神山町)や「Learning J

もっとみる

別府より佐渡のほうがいいゾ。

学校の研修で行った、佐渡島の話をしたい。二週間ほどある集落に泊まり込んでその間にその場所の地域再生についてじっくり考えるというかなり本格的なもので、大体お盆の期間を使って赴く。昨年までは別の場所でやっていたらしいが、今回から新しい場所になった。

 行き、ある程度真面目に働いて、なおかつ考えると、4単位貰える。この研修の中身についてはまた今度書く。

 まあ単位がもらえる時点で行くことを決めたのだ

もっとみる

暮らしと学問 16 暮らしをよりよく導くSDGsという視座

(はじめに)国連の発表した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(SDGs)が暮らしをよりよくする視座を提供すると聞けば大袈裟でしょうか? いえ、大袈裟ではありません。暮らしと学問は密接につながっています。

SDGsって何?

 仕事柄、地域再生の書籍をよく読んでいますが、最近読んだもので非常に啓発を受けたのが筧裕介『持続可能な地域のつくり方』(英治出版、2019年)です。「未来を育む『人

もっとみる

オススメ本

先に紹介した本と方向性は似てます。

補助金に頼り、行政主導な地域は多いと思う。
始めても長続きせず、いつの間にかなくなる事業。

この本は、そんな現状を乗り越え、
補助金になるべく頼らず自立することを目指す。

儲けをきちんと考えて、なあなあの事業ではなく
攻めの事業をやる。

そして何より現実を楽しむ。
全ては自らの手で😊

もっとみる

地域おこし協力隊再生入門

1、『凡人のための地域再生入門』

木下斉(きのしたひとし)さんの『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』という本をご存知でしょうか? 

地域再生にかかわる方なら、目にしたこともあるかもしれません。これはもう読んで頂きたい。自分なりに感じて頂きたい。タイトルの通り「凡人」が「地域再生」に奮闘するお話です。小説仕立てではありますが、作者のコラムも充実しており、まさに「地域再生」の

もっとみる

【中島アグリサービス】里山と里海をつなぐ!“7次産業”の加工所&直売所をつくりたい!

中島アグリサービス 松田さんは、若い頃から色々な仕事を経験し、
農業のに就いたのは43歳。

能登は高齢化が進んでおり、次々と農業を辞める方々から耕作を依頼され、今では町内の田んぼと畑を耕作しています。
農閑期には仕事づくりとして、地元 能登中島地区の伝統野菜である中島菜や能登白ネギの生産に取り組み、商品開発に挑戦しています。

いろんなチャレンジをしているのにも関わらず、農業の生産額は下がり気味

もっとみる

【賀籠六 宏太さん】現在クラウドファンディング挑戦中!高齢化率日本一!「南牧村」を知ってもらうプロジェクト『なんもくBOX』

先日、こちらの記事にてご紹介をした賀籠六 宏太(かごろくこうた)さん。

こちらのクラウドファンディングはすでに終了をしているのですが、現在別のクラウドファンディングサイトにて挑戦中です!
↓↓↓
【高齢化率日本一!「南牧村」を知ってもらうプロジェクト『なんもくBOX』】

日本で一番高齢化が進んでいるといわれる群馬県南牧村(なんもくむら)。

その村で人の温かさに触れ、恩返しをしようとこのプロジ

もっとみる

地域おこしの極意とは何か?

立場的によく聞かれる言葉です。多くは過疎高齢化に悩んでいる地域住民であり、もう一方は地域おこしのような分野に関心のある若者だったり。果たして、この需要と供給のマッチングを上手くやれば地域課題は解決するのでしょうか?

行政主導の地域おこしが上手くいかない理由

答えは【NO】です。そう簡単に解決するのであれば、日本中の地域が活性化しています。ならばどうして上手くいかないのか、多くの地域は課題からア

もっとみる

【田舎で起業】仕事の効率を上げるには事務所をなくす ノマドワークのススメ

こんにちは。吉岡大です。

僕は京都府北部の丹後という地域に住みながら、建築士事務所を経営しながら、空き家活用や古民家再生リノベーションを行なっています。

以前は、設計事務所として看板を掲げて事務所を構えていましたが、現在は、事務所兼住居という形で仕事をしていますが、僕の事務所スペースはこのテーブルの一角だけです。

事務所と呼べるか怪しい状態ですが、しかし、実際にはこちらの方が作業効率が上がり

もっとみる
ありがとうございます!良ければフォローもお願いします!
8

【田舎で起業】バカにできないTwitter

こんにちは。吉岡大です。

僕はフリーランスとして田舎で起業をして4年目です。blueto建築士事務所という設計事務所を経営しながら、空き家活用、古民家再生、地域資源を活かしたリノベーションを行なっています。

 先日こういったツイートをしました。

最近、友人にTwitterを頑張っていると言ったら「今更Twitterかよ笑」ってバカにされました。
でも、ツイート34万回見られているし、プロフィ

もっとみる