地衣類

地衣類の魅力

2泊3日で出かけたサンティアゴの取材成果はまた別noteにするとして、今日は地衣類の話をしたい。地衣類って何か知ってますかね。読んで字のごとく、大地を衣で覆っちゃう奴らのこと。チリ南部にいると、結構いろんな地衣類が、樹皮や岩にひっ付いているのを見かけるのだけれど、せっかくだから夏が終わって秋の山に分け入る皆さんに紹介しよう。

地衣類って?

 地衣類について知らない人と、あんまり知らない僕のため

もっとみる
¡Muchas Gracias!(ありがとう!)
8

霧深い森の思い出 ― サルオガセ

霧深い森に行くとよく見かける、樹からとろろ昆布のように垂れ下がる薄緑色のそれは、サルオガセという地衣類の一種。名を教えてもらって以来、山で見かけると親しみをもって眺めています。

地衣類とは
地衣類とは、菌類の仲間で、藻類と共生して地衣体というからだを作り、助け合って生きているそうです。菌類は藻類に住み家と水分を与え、藻類が光合成で作った栄養(炭水化物)を利用して生きているといいます。このように、

もっとみる
励みになります!ありがとうございます。よい一日を!
2
00:00 | 00:30

http://tsukuba-chikyu-radio.com/
菌類と人

地球上の菌類のおもさは人類の2500倍以上だそうです。

菌類とは、キノコやカビや変形菌などさまざまですが、

人はそれらを暮らしの中にうまく活用してきました。

日本の国菌は麹(こうじ)菌だそうですが、

和の食文化は麹(こうじ)菌を基本として成り立っています。

今日は、この菌類と人の関係について

地球レベルから食

もっとみる
ありがとうございます☆ 励みになります ( *´艸`*)
1