嫌いな人が、本当に嫌い。嫌い。嫌い。本当マジで大嫌い。

どっちが先にやったとか
どっちが悪いとかじゃなく

お互い、純粋に嫌いなんだよ。

見たくもねえ、視界に入れたくもない、
声も聞きたくない、目障り。

居なくなって欲しい。
死んで欲しい。
消えて欲しい。
ってやつだよ。

そんな残酷な気持ちは駄目だから

相手を指導して変えてやろうとか
敵じゃなくて友達になろうとか。

優しく正しくあろうとしたって

どう頑張ったって結局は敵意なんだよ

もっとみる

超リアリストが数秘術にハマる

何を否定して何を信じるかは自由だけど、否定しているものの中にも自分の「好き」だったり「稼ぐためのツール」だったり「幸せの元」がある。つまり「可能性」があるってこと。

・・・・・・・・・・

データや科学的な根拠、実績のないもの、目に見えないものは全く信じていなかった超リアリストの私。

占いなんて暇潰しにもならなかった。むしろ否定派だったし。

駄菓子菓子。いや、だがしかし。

数年前に数秘術で

もっとみる

内観:嫌いなタイプの人から思い込みを見つける

浄化が進んで、最近では、私は嫌いな人っていないなあなんて思っていたんですけど、いました、いました。それはAちゃん。

彼女がしゃべってると、なんかその場にいるのが気持ち悪い。
皆さんも、一人や二人、いやそれよりもっとかもしれませんが、嫌いな人っていませんか?

他人は合わせ鏡
観念浄化では、「他人は合わせ鏡」という法則を使って、自分の持つ思い込みを見つけていく方法があります。
目の前にいる人は、自

もっとみる

「11 O'clock」

「11 O'clock」

あなたからの電話のベルで起きて
慌てふためいて 急いで準備する

時計の針はもう11時を回っている
早くしないと約束に遅れちゃう

Everyday, Anywhere, Always,
I love you, I need you, I want you.

だから嫌いにならないで
ワガママだけど ずっと隣にいたいの
こんな私を愛していてほしい

私だけがあなたの全て

もっとみる

虫が好きならよかったのに

今のマンションに引っ越してから

もう10年は経った

毎年の事なのだが、このシーズンは嫌いだ

何が嫌いかと言うと

【蝉】

住んでいる裏に神社があるので、夏の季節は、

【蝉】にマンションが支配される

3階に住んでいるのだが、マンションの入り口から

部屋に行くまでは階段しかない

その間に、【蝉】の死骸が多い時には

40匹以上あるのだ

夜帰る時には、【蝉】がバチバチと音を立てて飛んで

もっとみる

「人によるよね」という言い回しと、
「食べる時は食べるけど、食べない時は食べない」のような言い回しが嫌い。

鈍色で塗られた部屋で明日を仰ぐ。

現在の時刻は申し訳ありませんがわかりません。

僕が住んでいる灰色で塗りたくられたワンルームには時計が無い。
まぁ正確には壊れたんだけど。いつ壊れたっけ。

僕は部屋の隅に転がっているペットボトルに手を伸ばす。
あれ?これって誰のだっけな。僕のじゃないよね。

手の上でゆらゆらと転がして投げる。
僕の投げたペットボトルは放物線を描いて綺麗にゴミ箱に入った。
何か凄く嬉しいな。鬼くだらない事でも嬉し

もっとみる

押し付け合い 温度と距離

美人と可愛いなら、どちらが好きですか?

私はどちらも。 この答えは決して欲張りではないと思う。 どちらにも心を揺さぶられる。 台風の日の木々のように、私の心はいとも簡単に揺れ動く。 美人とはなにか。 可愛いとはなにか。 そんなことを考える暇すら惜しい。写真を見て、映像を見て、姿を見て。 その一瞬でどうしようもなく心が揺れたら、そんなの抗えない、抗いたくない。 美人は憧れるし、可愛いは正義だ。 随

もっとみる

嫌われる勇気

今、誰かに嫌われて嫌な思いをしている人、誰かのことが嫌いで仕方のない人、誰かに嫌われているんじゃないかと不安な人。

『嫌われていたらどうしよう』

この気持ちは万人共通で誰もが過去に経験し、悩み、ストレスを感じ、時には大きな問題、体調にまで支障をきたすことがあります。

そんな中で、去年の暮れにこんな本を読みました。

知っている人も多いと思いますが、『嫌われる勇気』という本です。

ここに書い

もっとみる

キライな存在は、どこか自分に似ていたりする

SNSをやっていると、脈略のない中傷されることは少なくないと思う。私自身も書かれたことがもちろんある。批判は学びにつながるし自分に反省点があれば謝ることもある。だけど、理由もなくただ汚い言葉を浴びせてくる連中もいる。それはただただ、ひどいなと思う。笑

日常的に否定されて落ち込むことは、誰にでも経験があることだ。

だけど、ここ最近は独立する人や、SNSを活用して起業する人が増えている時代の中で、

もっとみる