学習記録(2019/10/18)

●youtube Masaki Koga 15分

・3直線が1点で交わる不思議(内心の存在)[今週の定理・公式No.3]

●オーディオブック聴取 1時間53分

【チェンジ・リーダーの条件】

・Part2 マネジメントの課題
  1章 マネジメントの役割とは何か
  2章 われわれの事業は何か
  3章 事業を定義する

●論語一日一言 10分

・(10/18) 必ず近き憂有り(衛霊公第十

もっとみる

学習記録(2019/10/17)

●youtube 信州読書会 33分

【アダム・スミス『国富論』】

・その7  交換は、人間の本性である

●youtube ネオ高等遊民:哲学マスター 23分

・源氏物語、受容の歴史を解説!日本史も見えてくるスケザネ講義

●論語一日一言 10分

  ・(10/17) 必ず先ず其の器を利くす(衛霊公第十五10)

●1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365  10分 

・第42

もっとみる

英語学習にオススメの本【学び直し用】#1

それは高校生の時。
英語の塾に通っていたものの、時制が一向にわからなくて困っていた時のこと。私はこの本に出会った。

https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%84-%E3%81%A8%E3%81

もっとみる

学習記録(2019/10/16)

●論語一日一言 10分 

・(10/16) 身を殺して以て仁を成す(衛霊公第十五9)

●1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365  10分 

・第42週 第3日(10/16)視覚芸術 「叫び」

合計 20分
(週通算 9時間31分)
(月通算 59時間36分)
( 通算526時間59分)

【図解】[経済] 経済入門 第002回 日本の産業構造を見てみよう

「リベラル・アーツ カフェ」にようこそ。
このカフェは、YouTubeチャンネルも運営しています。
アニメーションと文章による動画が見られますので、ぜひそちらも
ご覧ください。

経済分野の2つ目の記事は、「経済入門」シリーズの第2回
「日本の産業構造を見てみよう 1.データ編」です。
第一次・二次・三次産業の割合の変化や、経営形態別や産業別の企業数や売上高、従業員数などいろいろな数字を4分の図解

もっとみる

学習記録(2019/10/15)

●100分de名著(NHK Eテレ) 西田幾多郎「善の研究」 25分

・(10/14放送)第2回 「善」とは何か

●論語一日一言 10分 

・(10/15) 人を失わず、言を失わず(衛霊公第十五8)

●1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365  10分 

・第42週 第2日(10/15)文学 「ゴドーを待ちながら」

合計 45分
(週通算    9時間11分)
(月通算  59

もっとみる

通信制の芸大って、どうやって勉強してるの?

私が在籍しているのは、京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部 芸術学科 アートライティングコースです。(長い・・・)

広く世界の芸術史や芸術理論の基礎知識を学びつつ、芸術についての研究や批評などの専門的なアプローチ方法を習得。他者に伝わる批評的(クリティカル)な文章の作成を実践的に学びます。

みずから芸術資源を発掘し、その意義を伝える力を手に入れる学術的で公平な知見に基づきつつ、目的に応じて批

もっとみる
わー!(*´-`)ありがとうございます!!!
1

学習記録(2019/10/14)

●放送大学講義 51分

【生涯学習を考える(’17)】

・第2回 フロントエンドの学校教育

●スタディサプリ 4時間15分

【スタンダードレベル数学III】(1時間6分)

・第7講 級数

【ハイレベル数学III】(1時間12分)

・第8講 漸化式と極限

【小4国語(基礎)】 (47分)

・第3講、第4講 「いのちをはぐくむ農と食」小泉武夫著

【高校政治経済<経済編>】(1時間1

もっとみる

(2019/10/14)今日は、関西大学梅田キャンパスKANDAI MeRISEで自習します。

学習記録(2019/10/13)

●オーディオブック聴取 5時間11分

【ビジネスパーソンのための易経入門】(2時間47分)

・第3章 占いとしての易
・第4章 易の64掛
・第5章 易的生活
・おわりに

【プロフェッショナルの原点】(2時間24分)

・はじめに
・本書の使い方
・訳者まえがき
・第1章 成果をあげる能力は修得できる
・第2章 汝の時間を知れ
・第3章 いかなる貢献ができるか
・第4章 強みを生かす

もっとみる