完璧主義のタネ前編:幼少期

私は、自他共に認める完璧主義です。勉強、アルバイト、プライベート、人生、ステータス…全てが完璧でないと気が済まない。気が済まないというか、どれか1つ失敗すると、不安になってそのことについてずっと考えてしまう。なぜ、このような失敗をしてしまったのか…だめだ、、自分って、やっぱりだめなヤツだ〜!!何もできない何も持ってないだめなヤツだ!!ってなります。

非常に抽象的で分かりにくいので、具体的な話を。

もっとみる

客観視と完璧主義

何回もこの結論に至っては反省してしまうことが多いんやけど

昔、小学校の先生に「目標到達地点から逆算して考えろ」「自分を客観的に見つめることが大事」
これが生きていくうえで最も最重要事項だと私思い込んでんねん

そしたら、逆算して考えて、やるべきことができなかった日、客観的に見て妥当じゃないことをしてしまったと思えちゃう日には、自分のことが嫌いになって、「ああ、もうこれは目標に到達できひん。自分は

もっとみる

完璧主義の呪縛から抜け出せない日本女性

こんにちは、ラン丸(@sign45917948)です。

日本では男女の収入格差、管理職ポジションに就いている人数の差がまだまだ大きいですよね。

また、国会議員の男女比、女性閣僚の比率など政治的な意思決定への参加の評価が非常に低いです。

今回は、先進国の女性は富裕層でなくても家事を外注し、子育ても日本に比べて何故楽なのかを解説していきます。

「男は仕事、女は家庭」という固定的な性別役割分業が

もっとみる
00:00 | 00:30

今回は、なぜ「劣等感」を抱くのだろうか
ということをお伝えいたします。
3分7秒の音声です。短い時間で分かりやすい音声を心がけます。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

**文章はここからです***
おはようございます。山田ゆりです。
今回は、「優越性の追求」があるから劣等感が生まれる
ということについてお伝えいたします。

もっと綺麗だったらなぁ。
もっとお金があったらなぁ。
もっと勉強

もっとみる

完璧主義はかなり苦痛。自分のためにお金を使えない話

どうも。

今回は完璧主義についての話ですね。
私は自他共に認める完璧主義です。

私は4ヶ月ほど前から節約を始めました。
節約の理由はありますが、今回は直接関係していないので省略しますね。

「節約するぞ!!」と思った日からほとんどお金を使っていませんでした。
1人で出かけた時は何も買いません。

「欲しいかも!」と思っても「ダメ!節約するんだろ!」と思ってしまいます。
お菓子も食事も以前に比べ

もっとみる

完璧主義ってこまるな

えっちなことが苦手である。

汚いとかいけないことだとか思ってるんじゃない。恥ずかしいとも思ってない。
性欲はおおいにあるし、それが暴力でないならば、皆さんおおいにやってくれと思っている。
(こういうとき、「わたしにだって」とか「性欲くらい」とか言っちゃわないように気をつけてる。わたしの照れ隠しのために人を踏んじゃあいけない。
この世にはAセクの人がいるのだ。)

なぜ苦手かといえば、背中の毛とか

もっとみる

"完璧主義"はどうしたらいい?

できると思ってたことができない。
できるはずなのにできない。
取りかかることすら怖くなる。
ただ気持ちだけが焦ってしまう。

わたしはそんな気持ちを卒論作成の途中で飽きるほど何度も味わった。

そしてそれが、自分には関係ないと思っていた、「完璧主義」という言葉に関係があることを知った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

わたしの場合は英語での卒業論文の作成だったが、「アメリカでも同じくらいの量を書いたこと

もっとみる

【振り返り】初投稿から1ヶ月が経ちましたので・・・

皆さん、こんばんは。谷口です。

本日は、初投稿から約1ヶ月が経ちましたので、一度ちゃんと振り返りをしようと思います。

改めまして皆様、私の拙い文章にもかかわらず、見て頂きまして、誠にありがとうございます。「スキ」を押して頂いた方も本当にありがとうございました。

何か表現したい

一番はじめの投稿にも少し書いたのですが、私は前々から自分の中にあるものを何かしらの形で表現したいと、大学生の頃から

もっとみる

盆踊りが下手だった話

「私踊るの上手なの」と言って踊りだした人のダンスがとても下手だったとしたら、それは間違った自己認知だ。
本人はそれで楽しいかもしれなくても、それはちゃんとわかっていないだけ。
本当は下手なのに上手だなんて、思ってはいけない。
だいたい私の考えはこういう理論が根底にあって、それがゆえに生きづらく完璧主義だとよく言われる。
でもそう思い始めたのは、いつからだっただろうか。

小学生低学年くらいの頃、近

もっとみる

19歳、自分について考えてみる

こんなことを言うのは、自分に嫌になってきたからだ。今まで何度もこんなことは思っていた。
ただ書かなかっただけ。
でも、口で言うだけじゃ変わることはできなかった。
これは、書くことで変われるかなと思ったから書いている。

自分のことについて少し書く。
完璧主義、心配性この2つに限る。
今この2つを文字にして見ると、威圧感さえ感じる。

正直自分も、自分と行動を共にする友人もうざいと思っているのだろう

もっとみる